418件中、4ページ目 61〜80件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

グリッドスカイウェイ、ドローン自動飛行で電力設備点検 今秋から (2021/1/20 建設・生活・環境・エネルギー2)

現在は人がドローンを操縦して点検業務を実施しているが、自動飛行は初めて。... 実際の業務での活用にあたり、ドローンの遠隔制御に手間がかかり面倒といった作業者の不安を解消する。... 設備の状態を今ま...

対象は駅や運輸所、車両所、工場などに勤務する駅員や列車乗務員、車両点検作業員など約9500人。

また、自動で始業点検作業するオペレーション支援技術「LIS」により、段取りなど作業時間を減らせる。 ... 商品を一つずつ確認しながらのレジ打ち込みは作業性が悪く、習熟度でバラつきも...

電子機器類の使用が禁じられている区域でのドローンや探査車(ローバー)などの活用による点検作業やAIを活用した設備の異常予測などの展開を進める。 作業員による目視確認や...

野原HD、アイテスと連携 太陽光発電所の点検効率化 (2020/12/11 建設・生活・環境・エネルギー)

野原ホールディングス(HD、東京都新宿区、野原弘輔社長、03・3357・2231)は10日、太陽光発電所の点検作業の効率化でアイテス(滋賀県野洲市)と連携すると発表した...

同社の工作機械部門で、改善活動や工場の点検作業の確認用に活用し始めたアプリを社外にも提供する。

JR西、沿線設備を遠隔監視 保守メンテコスト削減 (2020/11/19 建設・生活・環境・エネルギー1)

これまで各鉄道設備の点検作業は年に数回実施し、1回当たり4―8人で約1時間要した。

政府は15日、国の事業や予算執行に無駄がないかを有識者らが点検する「秋のレビュー」を終えた。... 行政事業レビューは旧民主党政権下で各府省が行った自己点検作業が土台になった。各府省による自己点検の報...

さらに縦割り行政といった課題についても、点検を進める考えを示した。... 行政事業レビューは旧民主党政権下で各府省が行った自己点検作業が土台になった。各府省による自己点検の報告を、外部の有識者が秋のレ...

ニュース拡大鏡/東京ガス・TGES、エネ地産地消で高効率 CO2を20%削減 (2020/10/28 建設・生活・環境・エネルギー2)

TGESの大塚政勝清原スマートエネルギーセンター所長は「点検作業を積み重ね、安定供給に努める」と供給責任を第一に掲げる。

撮影画像からひび割れなどの変状検知を可能にすることで、点検作業従事者の負担軽減を図っている。 ... 対象や場所によって現れ方や要因が異なる変状にも対応することで、点検作業の効率性の...

関電、洋上風力点検に新技術 ドローン・AI活用 (2020/10/22 建設・生活・環境・エネルギー1)

洋上風力は専用船舶を用いた点検作業が通常行われるが、ドローンに置き換えて点検コスト削減を狙う。 ... 点検用ドローンは洋上の気象条件を考慮し、長時間飛行し安定撮影できる仕様を開発す...

JパワーとKDDI、風力発電をドローンで自動点検 時間10分の1 (2020/10/8 建設・生活・環境・エネルギー1)

ドローンによる自動点検の実用化に向けて検討を進めるという。 風力発電機のブレード点検は人手で実施されているが、高所作業であり、技能を有する人材が限られている。点検作業も夏場に集中する...

人手による点検の安全性や精度の課題を解消する。... 港湾クレーンを点検する際には、高所での目視になるため足場の設置や専用の点検作業車が必要だった。熟練した点検作業者も不足しており、作業者によって検査...

ブルーイノベーション(東京都文京区、熊田貴之社長、03・6801・8781)は、出光興産の北海道製油所(北海道苫小牧市)で球体の飛行ロボット(ドローン)...

イクシス、AIでガードレール点検 腐食検出システム開発 (2020/9/22 電機・電子部品・情報・通信2)

交通規制をせずに補修箇所を特定でき、点検作業の負荷を低減する。... 開発した「ガードレール支柱腐食点検システム」は、時速80キロ―100キロメートルで走る車両からガードレールの支柱をカメラで撮影。....

インフラ長寿命化、点検システム活用進む 国内市場は今年度15%増 (2020/9/16 電機・電子部品・情報・通信1)

インフラ総点検、データ管理についてまとめた「国土交通省インフラ長寿命化計画(行動計画)」が最終年度を迎える。... 19年度に橋梁やトンネルの点検要領が改訂され、20年度に国交省が新技...

7月は各製錬所が夏期保守点検作業を行ったほか、新型コロナウイルスに絡む採鉱抑制で、銅コンセントレートの供給不足が続いていた。

関電、火力発電所の煙突内部点検にドローン活用 費用半減 (2020/8/7 建設・生活・環境・エネルギー)

関西電力は6日、火力発電所の煙突内部点検で活用する飛行ロボット(ドローン)を開発したと発表した(写真)。... 従来は複数の作業員がゴンドラを使い、目視で10日ほどかけ...

経営ひと言/クボタ機工・前田勝弘社長「大きく変わる」 (2020/8/6 機械・ロボット・航空機2)

複合現実(MR)端末を用いた点検作業に取り組む。 ウエアラブル端末から点検作業順を指示できる。... 技術者支援のツールとしても、ポンプ場の点検業務が「大きく変わる実...

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

利益が出せる生産統制力
異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

利益が出せる生産統制力 異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 
新・日本型人づくり
興研の経営哲学と人事評価制度

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 新・日本型人づくり 興研の経営哲学と人事評価制度

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる