1,082件中、4ページ目 61〜80件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

そう考える米国民がトランプ政権下で増え続け、コロナ禍の中で急増して多数に転じたのだろう。... 【FRBも歩調】 米連邦準備制度理事会(FRB)も20年8月に金融政策の枠組みを見直し...

ただ、両国合計で世界の石油需要の約35%を占める米中の景気改善が続いていることから、原油相場の下値余地は限定されそうだ。 ... また、金融市場では、米連邦準備制度理事会(FRB)の...

米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が金融緩和の維持姿勢を崩さず、長期金利の上昇が抑えられているほか、「米企業の1―3月期の好決算を受けて、逃避先としてのドル需要が低下したとの見方もある」(野...

米国では、新型コロナワクチンの接種が順調に進行しており、景気回復期待が一段と高まれば米長期金利が上振れして、金相場は軟調な展開となり得る。 ... また、欧州中央銀行(ECB)の3月...

【ワシントン=時事】米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は11日放送された米CBSテレビのインタビューで、停滞していた経済成長と雇用の回復が「かなり速いペースで拡大し始めようとしている」と語り...

米長期金利の上昇が重しとなっている。 ... 米連邦準備制度理事会(FRB)が、短期金利については低く抑えることが予想されるため、急ピッチの金利上昇への警戒感は後退している。半面、F...

FRB議長、インフレ加速を否定 (2021/3/25 国際・商社)

【ワシントン=時事】米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は23日、米国内のインフレ率上昇が今後見込まれるものの、「大幅で継続的な上昇は想定していない」との見方を示した。... 議長は、オンライ...

米長期金利の上昇が、金利を生まない金にとっては引き続き圧迫材料となっており、市場関係者は、今週も米長期金利をにらんだ展開が続くと予想している。 米長期金利の指標である米10年債利回り...

状況変化のきっかけは現金給付だが、米連邦準備制度理事会(FRB)の金融政策が背景にあるのも見逃せない。

THIS WEEK (2021/3/22 総合2)

22日(月)大安 ■政治・経済 ▽1月の景気動向指数改定値(内閣府) ▽20年度の財政投融資実績、2月末の財政融資資金・産業投資現在高(財務省) ▽企業会計審議会監査部...

米株式市場で主要3指数がそろって上昇した流れを引き継いで全面高の展開となったが、19日まで開かれる日銀の金融政策決定会合で長期金利の変動幅をプラスマイナス0・25%程度に変更するとの一部報道で、午後は...

米連邦公開市場委員会(FOMC)が17日、少なくとも2023年末までゼロ金利政策を維持する見通しを公表。... 米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は同日の会見で、失業率が2月に6・2%と依然...

NY金、小動き 1700ドル台を回復 (2021/3/11 商品市況)

NY市場では、米長期金利の上昇が一服したことで買い戻され、1700ドル台を回復したが、ここから買い進む力は乏しいようだ。 ... 米連邦準備制度理事会(FRB)関係者からは、長期金利...

市場では、期待インフレ率が米連邦準備制度理事会(FRB)の物価目標である2%を超えたところで頭打ちとなる一方、米長期金利が急上昇して実質金利を押し上げた。... また、米長期金利の上昇でドル安基調が一...

23日の米長期金利の上昇が一服したことで、いったん持ち直している。 パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長が23日の米議会公聴会でハト派な姿勢を示した結果、米長期金利は低下、指標...

市場ではリスク選好の高まりで米国債が売られ、米長期金利が約1年ぶりの水準まで上昇。... ただ米連邦準備制度理事会(FRB)は雇用回復が鈍いことから金融緩和の長期化を示唆しており、投機筋の強気姿勢が相...

同3月に日経平均は1万6552円まで下落しましたが、米大統領選やワクチン開発期待で同11月以降潮目が変わりました。 ... 【A】米連邦準備制度理事会(FRB)は量的緩和を維持してお...

足元では景気回復を織り込んで米長期金利が上昇しているが、米連邦準備制度理事会(FRB)は金融引き締めに慎重な姿勢を示しており、投機筋の強気姿勢も相場を押し上げている。 ... 米国の...

米長期金利の上昇に加え、新型コロナウイルスのワクチン配布による経済活動正常化への期待も、安全資産である金の投資妙味をそいでいる。 米長期金利の指標となる10年物米国債利回りは、16日...

12日には企業決算がほぼ出尽くしたことに加え、米債券市場で長期金利指標の10年債利回りが1・2%を超えたものの相場が崩れなかったこともプラスとなったとみられる。... 米連邦準備制度理事会(FRB)が...

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる