電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

214件中、4ページ目 61〜80件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.015秒)

統合失調症は約100人に1人が発症する精神障害で、診断は医者の所見に依存し、客観的な検査による診断法はいまだ確立してない。そこで私は、大阪大学大学院連合小児発達学研究科の橋本亮太准教授と共同で、統合失...

富山大学付属病院神経精神科の笹林大樹助教らは、統合失調症の患者の脳では、しわとしわの間の隆起部分「脳回」が過剰に形成されていることを明らかにした。... 統合失調症の早期診断法の開発や発症メカニズムの...

東京大学大学院医学系研究科の笠井清登教授らは、統合失調症患者に起こる神経伝達系の異常を発見した。... 統合失調症とは、思考や行動、感情を目的に沿って統合する能力が長期間にわたって低下する疾患。

新薬も、統合失調症薬『シクレスト』や、アレルギー性疾患治療剤『ビラノア』が思ったほど伸びなかった。

大日本住友製薬は中国の国家食品薬品監督管理局(CFDA)から統合失調症を適応症とした非定型抗精神病薬「ブロナンセリン(日本国内製品名=ロナセン)」の中国への輸入...

理化学研究所脳科学総合研究センターの糸原重美チームリーダーらは、開発した統合失調症モデルマウスの成長後の個体に遺伝子治療を行い、認知機能を回復させることに成功した。... 今回の研究は、脳の機能を後天...

昨年発売の統合失調症治療薬「シクレスト」などが寄与するとみている。

アステラス製薬のつくば研究センター(茨城県つくば市)で統合失調症治療薬の研究を手がける杉山梓さん(29)は、笑顔でこう話す。

見たことと想像の区別が付かない幻覚を伴う統合失調症や、戸締まりなどの確認動作を必要以上に繰り返す強迫性障害といった精神疾患の治療に応用できる可能性がある。

統合失調症では神経細胞の分化段階の異常を発見。... 同症候群を持つ統合失調症患者と健常者からiPS細胞を作り、神経細胞に分化する過程を調べた。 ... 分化効率の変化が統合失調症の...

いわば業務の標準化で、統合失調症患者の平均入院日数が70日から48日に減少などの成果をあげた。 ... 統合失調症は若年時に発症し、治療が数十年にわたる事例も多い。

Meiji Seika ファルマ(東京都中央区、03・3273・6030)は統合失調症患者向けスマートフォンアプリ「こころケア」の提供を始めた。

知能情報システム、脳神経細胞結合の高速推定ソフト (2016/7/20 中小企業・地域経済1)

認知症や統合失調症など脳疾患の研究推進に役立つ。

認知症や統合失調症などの患者を落ち着かせ、不安やうつを軽減する効果があり、米国では医療機器としても認められている。

≪膨大なデータから発見/iPSとHAL組み合わせ≫ 【AIで症状判定】 国際電気通信基礎技術研究所(ATR)脳情報通信総合研究所の川人光男...

また自閉症や統合失調症などの精神神経疾患のモデルとして、生きている実験動物の脳の中で病態を再現することも可能になり、疾患の原因の解明が期待される。

統合失調症の治療で経口剤を利用する場合、患者は退院6カ月後に服薬不良となる割合が4割以上に上るとの報告がある。

友人だったデイヴィッド・ホロビンが執筆した『天才と分裂病の進化論』は、環境に適した家系繁栄の前提として遺伝子の突然変異があり、その意味で天才と統合失調症の出現は同じだという。... ウーロン茶や花粉症...

ARHGAP33分子を活性化する薬を開発できれば、統合失調症の治療薬になる可能性があるという。 ... 次に、2500人の健常者と2000人の患者の遺伝子配列データから、ARHGAP...

大阪大学大学院連合小児発達学研究科の橋本亮太准教授らの研究グループは、統合失調症患者のみにみられる脳内の特徴を発見した。... 統合失調症の病態の理解や治療法開発に役立つと期待される。 ...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン