電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

2,616件中、4ページ目 61〜80件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

70年代後半になると鉄鋼や自動車、半導体などをめぐって日米貿易摩擦がエスカレートした。

財務分析(56)丸紅 ROE15%維持・向上 (2022/4/28 マネジメント)

米中貿易摩擦による穀物輸出量の減少もあり、19年度は過去最大の赤字に陥った苦い経験がある。

発足後も需要は底堅く推移してきたが、19年には米中貿易摩擦などが響いて減少。

オンライン機械部品調達、昨年利用29%増 (2022/3/17 機械・ロボット・航空機2)

同サービスが拡大する要因として、米中貿易摩擦に起因するサプライチェーン(供給網)の見直しや、新型コロナウイルス感染症の拡大により人を介さないオンライン対応が進んだことなどを挙げている。

水環境ビジネス トップに聞く(下)オルガノ社長・内倉昌樹氏 (2022/3/3 建設・生活・環境・エネルギー)

協力会社など外部に任せる部分と、自社の経営資源を集中させる部分を厳密に考える」 【記者の目/経営資源の選択と集中カギ】 2年前、米中貿易摩擦で半...

国内の生産比率引き上げは、米中貿易摩擦による関税の影響を最小限に抑えたいとの狙いがある。

18年の米中貿易摩擦を機に調達の中国一極集中の見直しなどに着手したが、コロナ禍で人の往来ができず停滞した。

米中貿易摩擦と新型コロナウイルス感染症の影響で2019―20年は需要が一時的に落ち込んだが、自動車の電動化に伴うバッテリーや半導体関連などの製造における自動化需要を取り込み、21年からは好調さを取り戻...

展望2022/JUKI会長CEO・清原晃氏 5G・AI用産機伸ばす (2022/1/20 機械・ロボット・航空機1)

米中貿易摩擦や半導体を中心とした部材不足は続き、新型コロナの感染再拡大も不安要素だが、産機で言えば5GやAIなど成長分野は確実に伸びる。

安川電、今期最高業績へ 自動化活況で営業益2倍 (2022/1/13 機械・ロボット・航空機1)

ここ数年は米中貿易摩擦や新型コロナウイルス感染症の影響を強く受けたが、業績は確かな回復を示している。

「米中貿易摩擦や、人権・経済安全保障を理由とする投資規制、化石燃料への圧力の高まり、権威主義やポピュリズムがもたらす不合理な経済政策など、国際情勢が民間のビジネスを左右する例は枚挙にいとまがない。

MF-TOKYO2021 Online/インタビュー(2) (2021/11/9 機械・ロボット・航空機2)

「この2年、米中貿易摩擦や新型コロナウイルスの影響で厳しい状況が続いたが、2020年後半から回復し始めた。

日本で生産して販売する体制を整え、サプライチェーン(部品供給網)の寸断や米中貿易摩擦といったリスクを軽減する。

ただ米中貿易摩擦でそれらメーカーからの受注が低迷。

米中貿易摩擦や新型コロナウイルス感染症によって設備投資を抑えた反動が強く出ている」 ―半導体ウエハーを搬送するクリーンロボットの状況は。

「20年3月期は米中貿易摩擦で顧客の設備投資意欲が冷え込み、上昇傾向だった売上高が205億円にガクッと落ちた。

日進工具が米に本格進出 微細加工用エンドミル強化 (2021/9/28 機械・ロボット・航空機1)

米国では中国との貿易摩擦を背景に、製造業回帰の動きが強まっている。

米中貿易摩擦や新型コロナウイルス感染症による経済低迷の反動により、国内外の多様な業種で設備投資拡大の動きが広がる。

ウィズコロナ・アフターコロナ、さらに米中貿易摩擦など、日本経済を取り巻く環境は厳しい。

合弁契約を結んだ80年代は日米貿易摩擦も深刻で、米社と組むのは意義があった。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン