電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

66件中、4ページ目 61〜66件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

当社は、大証へ提出した改善報告書で「粉飾といった故意に基づく悪質な行為は認められなかった」とし、監査法人との連携、適時開示の管理体制等の周知徹底が不十分であったと釈明した。

東京証券取引所は1日、重要情報の適時開示について、適切な情報開示を全上場企業に要請した。民事再生法適用を申請した東証1部上場のアーバンコーポレイションが、第三者割当増資計画を発表した際の情報開示が不十...

場当たり的な法改正の現状は問題が多く、企業の透明性は欠如しており決算情報は開示する相手によって異なる。欧州復興開発銀行(EBRD)によると、企業買収手続きを進めている企業で取締役会の決...

東京証券取引所は18日、7月7日に新しいTDネット(適時開示情報伝達システム)が稼働し、財務諸表の記述に使われるコンピューターの標準言語「XBRL」による情報開示を始めると発表した。....

08年度末までには、金融庁の電子開示システム「EDINET」や東証の適時開示情報システム「TDnet」の企業の公開財務情報をファイル形式に変換して提供する「公開財務情報取得代行サービス」も始める。&#...

東京証券取引所は7月に、適時開示情報伝達システム「TDネットシステム」の容量や処理スピードを引き上げ、開示資料への画像添付を可能にする。... TDネットは東証への事前説明、報道機関への開示、開示資料...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン