283件中、4ページ目 61〜80件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

電気通信大学大学院情報理工学研究科の牧昌次郎助教らは、ミニブタに移植したがん細胞をブタが生きたまま可視化することに成功した。開発した長波長の近赤外光で発光する化学物質で可能になった。マウスなどの小型動...

電気通信大学脳科学ライフサポートセンターの小林孝嘉客員教授らは、たんぱく質などの光らない生体分子を、従来の光学顕微鏡の2倍以上の100ナノメートル(ナノは10億分の1)の空間解像度で観察できるレーザー...

女子美術大学は宇宙飛行士の山崎直子客員教授の協力を得て、電気通信大学の野嶋琢也准教授らと共同で、20―30年後にも実現が見込まれる「宇宙旅行」向け女性服(スペース・クローズ)を試作した。無重力下での動...

研究を推進する電通大の日岐桂吾大学院生は、「手は繊細な感覚の提示や操作を重視し、足裏はモノの形と柔らかさなどのラフな情報提示や補助的な操作をする。

大阪電気通信大学総合情報学部の上善恒雄教授らはIoT(モノのインターネット)によるバス安全運転支援システムを開発した。各種センサーで車両の走行状況と運転手の健康状態を計測し、これに道路情報を組み合わせ...

映画やテレビの視聴や音楽の鑑賞、ゲームのプレイなど、現代において浴室はエンターテイメントを楽しむ場にもなった。ビートを刻めばシャワーを浴びることさえ、エンタメ体験になり得る。 「ジョ...

電通大とはインターンシップ(就業体験)の受け入れなどで交流がある。

【ベイカレント・コンサルティング】阿部義之氏(あべ・よしゆき)89年(平元)電通大電気通信卒、同年野村総合研究所入社。

電通大TLOが製品化に向けて企業を探し、多摩信用金庫(東京都立川市)の仲介で菊池製作所を紹介された。

(斉藤陽一) 電通大の福田喬学長は、「少子高齢化などの課題解決に向け、非連続なイノベーションが求められている。... 「産業界出身など多様な経歴を持つURAが間に入ることで、異分野が...

電通大、2日に産学連携の公開シンポ (2016/11/30 科学技術・大学)

パナソニックの上野山雄フェローが産学連携の取り組みと大学への期待について講演するほか、名古屋大学と電通大がそれぞれ産学連携の実績などを紹介する。

電気通信大学大学院情報理工学研究科の梶本裕之准教授と植松遥也大学院生らは、信号入力から振動を提示するまでの遅延が20ミリ秒以下と短い、触覚提示スーツ「HALUX(ハルクス)」を開発...

電通大、来月11日にセミナー (2016/9/22 科学技術・大学)

電気通信大学研究推進機構産学官連携センターは10月11日13時30分から東京・調布ケ丘の電気通信大学で研究開発セミナー「クリーンテック・水素社会への挑戦」を開く。太陽電池など同大学の先端研究を紹介する...

登山は本当に健康に良いのか―。スポーツと健康の関係について研究している電気通信大学の長澤純一准教授は、一般に、激しい運動時は体内の酸化ストレスが増大して体に害を及ぼすが、「富士山くらいの高度の登山なら...

電通大は4月にグローバル・アライアンス・ラボ推進室を設置。... モスクワ物理工科大はノーベル賞受賞者を多数輩出する物理の名門校で、電通大が強みを持つレーザーや情報、ロボティクス分野で連携する。...

電気通信大学大学院情報理工学研究科の田中基康助教らは、階段を登れるヘビ型ロボットを開発した。がれきの隙間や配管から被災したビルやプラントに進入し、パイプなどから出た後も自由に動ける。狭所進入と広域探索...

電通大で最も古いのは、レーザーに関する研究センター。

電通大は研究大学強化促進事業に採択されており、光や情報、ロボティクス、通信が強い。... 電通大の“港”として、外部から人や企業をどんどん呼び込みたい」 【略歴】...

01年助手、03年電通大講師、05年助教授、同年米MITコンピューター科学人工知能研究所客員科学者、06年電通大教授、08年慶応義塾大教授、15年東大教授、慶大客員教授。

富士通研究所(川崎市中原区、佐々木繁社長、044・754・2613)と電気通信大学は、都市の警備計画の立案を人工知能(AI)を使って支援する技術を開発した。従来は数日かかっていた東京都23区規模の20...

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる