182件中、4ページ目 61〜80件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

フュートレック、処理速度10倍の音声認識 AIスピーカーに展開 (2017/11/17 電機・電子部品・情報・通信2)

フュートレックは従来に比べて処理速度が10倍速い人工知能(AI)スピーカー向け音声認識技術の提案を始めた。... フュートレックの従来の音声認識技術は、トヨタ自動車の対話型ロボット「キロボミニ」やNT...

コミュニケーション分野は多士済々  音声対話の技術が進化したことで、人と対話するコミュニケーションロボットが増えてきた。....

情報通信研究機構ユニバーサルコミュニケーション研究所データ駆動知能システム研究センターは、ウェブ上の知識をもとに受け答えできる音声対話システム「WEKDA」(ウェクダ)を開発した。... 2019年に...

音声対話ロボットの差別化が進んでいる。... 米アマゾン・ドット・コムが人工知能(AI)スピーカーを年内に国内発売する中、音声対話だけでない付加価値でロボットの存在感を出す。 ......

産業用では日本語・英語・中国の3カ国語に対応する音声対話サービスを初めて展示。... 【ロボット関連/対話技術、技術革新相次ぐ】 ロボット技術の展示では、音声対話技術を生かしたシステ...

日立製作所は28日、音声対話の内容を自発的に増やせる人工知能(AI)技術を開発したと発表した。AIが質問を受けて回答するには想定した対話シナリオを人が増やす必要がある。

対話ロボの主な市場は家庭用と見られる。 ... パルロは人工知能(AI)と内蔵カメラで相手を認識したり二足歩行や身ぶり手ぶりで対話に必要な表現をしたりできる。音声対話機能も備え、会話...

ズックが内蔵のカメラ画像で来客の年齢、性別を認識し、目の前にいる客に合った玩具を音声と画面で紹介した。... 利用シーンに応じた詳細なデータ分析や多言語対応、音声対話などを盛り込む考えだ。

グーグルでは、音声対話型の人工知能(AI)「アシスタント」担当の製品マネジャーとなる。

人工知能(AI)を使った音声対話が主な機能で、語彙(ごい)は約800。... 同主幹によると、机の上を落ちずに動き回りながら「10歳より少し下で、中性的な声」で対話する。... 語彙の少なさは、動きや...

(石橋弘彰) 【不思議な対話】 「音声対話技術は格段に進歩した。... 優れた技術があれば音声対話なしでもロボットと満足度の高い対話ができる」。...

双方、音声対話による面接で進め、カメラ動画で表情を確認する。

音声対話用AIも搭載しており、インターネットに接続すれば、家族の好みを推測して献立を音声で提案するほか、月日がたつごとに献立メニューが豊富になるなど、クラウド上でシステムが更新されていく。 &...

卓上で音声対話により高齢者をサポートするロボットと、街を見守る巡回型の二つ。... 高齢者支援のロボットは音声対話で雑談を続けることで、利用者の変化に気付く。... 巡回ロボットは、街の住民を覚え、あ...

音声を使った端末とのコミュニケーションが浸透し始める中、米アマゾン・ドット・コムなど米国勢の来襲を前に先手を打ち、音声対話の覇権を狙う。... LINEは対話アプリケーション(応用ソフト)「LINE」...

ドコモ、オープン化AI基盤を開発 18年度にもサービス提供 (2017/6/26 電機・電子部品・情報・通信)

NTTドコモは対話や先読みなど人工知能(AI)技術を搭載したプラットフォーム(基盤)を開発した。家電などさまざまな機器を同基盤に接続して、音声で制御したりすることができる。... 例えば家のテレビや照...

そんな中、NTTドコモとフォーティーズ(東京都港区)は家庭用音声対話機器「ペトコ」を8月にも発売する。... 対話は音声のみに絞った。... 音声は合成音声。

三菱東京UFJ銀行は6月12―16日まで、本店(東京都千代田区)でロボットを使って来店客に音声対話で商品やサービスを紹介する実証実験を行った。... 音声対話能力などに課題があったが、16年3月には成...

米アマゾン・ドット・コムの人工知能(AI)スピーカー「エコー」やグーグルの「グーグルホーム」など音声対話によるホームアシスタントが続々と登場してきた。長年音声対話技術を研究開発してきた日本企業は出遅れ...

NECソリューションイノベータ(東京都江東区、杉山清社長、03・5534・2222)は、対話ロボット「パペロアイ」を使い、高齢者などが話す能力を維持・向上するため訓練できるシステムを開発した。テキスト...

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる