電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

160件中、4ページ目 61〜80件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

東北カーボン・オフセットグランプリ、最優秀賞に北洲を選出 (2023/2/2 建設・生活・環境・エネルギー2)

J―クレジット東北地域推進協議会(事務局=東北経済産業局)は、優秀な二酸化炭素(CO2)排出削減支援活動を表彰する「東北地域カーボン・オフセットグランプリ」の最...

クレジットの販売で得た収入は山林保有者への還元や、森林整備などに使用する。... 年内の販売に向け、CO2排出量削減効果を取引する国の「J―クレジット制度」にプロジェクトの登録や認証、発行手続きを行っ...

再生可能エネルギーの導入や、二酸化炭素(CO2)の排出削減・吸収量の成果を取引する国の「J―クレジット制度」を活用した。 ... 22年9月には栃木県企業としては初め...

一正蒲鉾、「新潟県版J―クレジット」購入 CO2を314トン削減 (2022/12/1 建設・生活・環境・エネルギー1)

【新潟】一正蒲鉾は新潟県阿賀町が推進する「阿賀悠久の森プロジェクト」が発行したカーボンオフセットクレジット(新潟県版J―クレジット)を購入した。

岩谷産業、カーボンオフセットLPガスの供給開始 (2022/11/25 建設・生活・環境・エネルギー)

国や海外民間などが主導するカーボンクレジットを調達し、LPガスを燃焼する際に排出される二酸化炭素(CO2)と相殺することで顧客の脱炭素の取り組みを後押しする。 温室効...

トッパン・フォームズ、炭素相殺ラベル送り状の提供開始 (2022/11/17 電機・電子部品・情報・通信)

温室効果ガス(GHG)の排出削減量や吸収量をクレジットとして国が認証する「J―クレジット制度」に登録されている、日本製紙の「富士・北山社有林間伐促進プロジェクト」で創出したクレジットを...

RE100、再生エネの調達要件改定 運転開始から15年以内 (2022/10/28 建設・生活・環境・エネルギー)

他にも再生エネの利用を主張できる非化石証書やグリーン電力証書、J―クレジットも対象だ。

加えて、超過削減量をオフセットする炭素クレジットの活用についても検討が必要だ。... CORSIAで必要とされるクレジットの大きな供給源となりうるからだ。 さらに、日本国内で発行され...

経済産業省と日本取引所グループ(JPX)は22日、二酸化炭素(CO2)排出量の削減枠を取引するカーボン・クレジット市場の実証事業を開始する...

丸紅とファームノートデーリィプラットフォーム(ファームノートDP、北海道中標津町)が取り組む畜産分野での温室効果ガス(GHG)排出削減プロジェクトが国のクレジット認証制...

CO2の排出削減量や吸収量をクレジットとして国が認定する制度「J―クレジット」に変換し、カーボンオフセット商品化し、恵那市が販売する。... 4者は同日会見し、恵那電力社長を兼務する日本ガイシの村本正...

日本製紙は20日、静岡県富士市の桑崎(かざき)社有林(写真)での間伐による8年間での二酸化炭素(CO2)吸収量見込み約6800トンが...

鉄道で “CO2ゼロ” の旅 JR西と日本旅行が新商品、J―クレジット活用 (2022/9/7 建設・生活・環境・エネルギー2)

旅行代金に含まれるカーボンオフセット代金で旅行客の旅先エリアにおける自治体、企業、団体などが保有するCO2の排出削減量や吸収量をクレジットとして国が認定する制度「Jクレジット」を購入し、旅行時にJRの...

デジタルマーケティング事業のメンバーズは20年度、再生エネ利用の価値を持つ国の「J―クレジット」を活用し、入居先のビルで使った電力を再生エネに置き換えた。

森林経営によるCO2吸収のJ―クレジット売買は県内初。 ... 栃毛木材工業は2021年9月に森林管理によるCO2吸収のJ―クレジットを取得した。... クレジッ...

鹿島、環境配慮型コンクリでJ―クレジット取得 CO2換算181トン分 (2022/8/25 建設・生活・環境・エネルギー2)

鹿島は所有する建物の新築工事に環境配慮型コンクリートを使い、国が運営する温室効果ガス排出・吸収量の認証制度「J―クレジット」において、二酸化炭素(CO2)換算で181トンのクレジットを...

丸紅は、日本クルベジ協会からバイオ炭の農地施用によるJ―クレジットの独占販売代理権を取得した。... 今後、丸紅は日本クルべジ協会と共同で同クレジットを販売する。... 日本ではJ...

清水建、環境配慮コンクリ開発 バイオ炭でCO2固定 (2022/8/10 建設・生活・環境・エネルギー)

J―クレジット制度など、環境価値のクレジット化に向けた取り組みも進める。

CO2回収供給機の導入で生産者がCO2の排出量を削減した場合、岩谷産業が実施するクレジット制度「イワタニJ―クレジットプロジェクト」を活用し、CO2削減量に応じたサービスの提供も検討する。

エア・ウォーター子会社のエア・ウォーター農園は、発電所と農園での二酸化炭素(CO2)削減プロジェクトが、国のクレジット認証制度「J―クレジット」に登録された。バイオ...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン