281件中、5ページ目 81〜100件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.002秒)

(藤木信穂) ▽主な所在地=神奈川県厚木市森の里若宮3の1▽電話=046・240・3312▽主要研究テーマ=量子コンピューター、フォトニック結...

現在研究中のマイクロセンサは、グラフェンという材料を特殊なDNA分子で機能化した反応場を利用しており、試料溶液をチップに1滴垂らすだけで、さまざまな病気の指標となるたんぱく質を検出できる。

そもそも日本でナノテクは、カーボンナノチューブ(CNT)やグラフェンなど一部の材料研究を指すことが多い。

「水素はどこで何をしているのか」という疑問が芽生え、次は数層グラフェンで試すことにした。ナノテクノロジーを使わずにグラフェン積層を数える方法を明らかにし、特許出願、論文発表に至ったところで岩手大への赴...

東北大、スポンジ状のグラフェン開発 (2016/8/2 科学技術・大学)

東北大学多元物質科学研究所の西原洋知准教授と京谷隆教授らは、スポンジ状のグラフェンを開発した。... グラフェンは、炭素原子1個分の厚さのシート状の物質。... 次にアルミナを水酸化ナトリウムで溶かし...

研究チームは、磁性酸化物とグラフェンの接合によるスピン注入技術を開発した。... その結果、グラフェン内部のスピンが磁性酸化物のスピンと同じ向きにそろうことを突き止めた。 グラフェン...

▽渡邊賢司物質・材料研究機構主席研究員、谷口尚物質・材料研究機構グループリーダー(グラフェン―六方晶窒化ホウ素の電子的および光学的特性)▽沙川貴大東京大学大学院准教授(確率的な熱力学とゆらぎの定理)▽...

ナノメートルサイズ(ナノは10億分の1)の穴を持つ金属有機構造体を合成し、酸化グラフェンを支持体として分離膜を作製した。

基板から電圧をかけると、グラフェン膜表面にCO2分子が引き寄せられて吸着する。 グラフェン膜の電気抵抗を観察した結果、一定の値で抵抗が増減する量子化信号を検出した。その信号はCO2分...

産業革新機構は3日、炭素材料のグラフェン開発を手がけるインキュベーション・アライアンス(神戸市兵庫区)に、7億円を上限として出資すると発表した。グラフェンはアルミニウムや銅の10倍以上の熱伝導度を持つ...

グラフェンというシート状の分子構造の物質にリチウムを加えた新材料を作製し、電極に使用。

【産業化国際競争】 グラフェンは世界中で研究開発が進む。... その候補が「剥離グラフェン」「焼結グラフェン」「原子層グラフェン」の3種だ。 剥離グラフェンは樹脂な...

グラフェンの新たな活用法が、鳥インフルエンザの脅威から人類を守る手段になるかもしれない。... またグラフェンは水中でも構造が安定するため、表面に溶液を浸すことも可能だ。... 小野助教らのグループは...

研究グループは、グラフェンとマウス脳切片で高い解像力での観察に成功した。

一方で、グラフェンを酸化した「酸化グラフェン」の知名度は一般にはまだ高くない。... 最近、酸化グラフェンを世界最大のスケールで大量に合成する手法を開発した。... 酸化グラフェンの研究を始めてまだ数...

仁科准教授らは酸化グラフェンが酸化するメカニズムを解明し、グラフェンに対する酸素の量を20―60%と変化させることに成功した。... 一般的な酸化グラフェンの酸素量は50%程度で、電気はほとんど流さな...

東京大学大学院工学系研究科の島崎佑也大学院生、山本倫久講師、樽茶清悟教授らの研究グループは、電気的に制御できる二層グラフェンにおいて、異なるバレー(電子を区別することのできる結晶の性質)の電子の逆向き...

産業技術総合研究所は27日、中国の四川大学、ドイツのマックスプランク物質構造・ダイナミクス研究所と共同で、グラフェンの層を短冊のようにした「グラフェンナノリボン」に、紫外光をテラヘルツ(テラは1兆)の...

短時間に、高収率で高濃度・高品質なグラフェンを供給できる。... グラフェンの製造には一般に、化学気相成長(CVD)法を用いて炭素原子をつなげていく手法が普及している。... 一方、東大が開発した製法...

新たな用途ではグラフェンの形成や人工光合成・光触媒、太陽電池の材料が検討されている。

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる