122件中、5ページ目 81〜100件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.002秒)

一方、ドナー(提供者)不足が深刻となっている臓器移植への応用も期待されており、複数の種類の細胞により複雑に構成された臓器や組織を作り出すため、さまざまな手法が検討されている。

同じ遺伝情報を持つ個体を複数作り出せる体細胞クローン技術では、ドナー(提供者)の体細胞から核を取り出し、核を取り除いた卵子に移植、子宮に戻すことで作り出す。従来はドナー体細胞を得るために子宮内にある細...

移植医療で提供者(ドナー)の負担を減らし、造血幹細胞を回収できる。

同医薬品は健康なドナーから採取したMSCを培養し、不特定多数の患者に投与できるのが特徴。

オランダ・ユトレヒト大学ヒュブレヒト研究所のハンス・クレバース教授らの研究チームは、患者個人やドナーから採取した肝臓の幹細胞を肝臓組織に成長させ、この培養組織を使って肝臓病を治療する研究に取り組んでい...

臨床試験は白血球抗原(HLA)型が6種類中3―5種類合致したドナーの造血幹細胞移植後に寛解導入不能もしくは再発した白血病患者が対象となる。

電子ドナーとしてフタロシアニン、アクセプターとしてナフタレンジイミドを用いた平面構造の高分子化合物を合成した。この高分子化合物を積層し、ドナーとアクセプターの柱状構造を作製して、溶液状態での電荷分離状...

「ドナー(提供者)の意志を可能な限り尊重し、肝機能を再生させるような装置を開発していきたい」と力を込める。

京大病院の倫理委員会で作製の許可が下りたのを受け、ドナー(提供者)が見つかり次第、始める体制はできている」 ―再生医療の実用化に向け、日本の企業経営者に求めたいことは。 &#...

有機薄膜太陽電池の光電変換層は、光が当たると電子を放出するドナー材料と、放出した電子を受け取るアクセプター材料で構成される。... ドナーにはP3HTという従来から使われている高分子材料を用いた。&#...

有機薄膜太陽電池は、光が当たると電子を放出するドナー材料と、放出された電子を受け取るアクセプター材料で構成されるが、現在は2種を単純に混合した「バルクヘテロ構造」が主流。 それに対し...

有機薄膜太陽電池では、電子を与えるドナー材料と電子を受け取るアクセプター材料が不可欠だが、アクセプター材料としてPCBMという有機化合物が一般に使われる。

京都大学iPS細胞研究所の梶原正俊特任研究員、山中伸弥教授、青井貴之教授らは、ヒトiPS細胞(万能細胞)が肝細胞に分化する能力はドナーに依存することをつきとめた。... 一方で細胞提供者であるドナーの...

日本を含む世界の肝臓移植ではドナー不足が深刻となっている。同装置を実用化できれば、肝臓の長期保存や長期輸送が可能となり、ドナー不足の解消が期待できる。

グラフェン基板の上で、ドナー材料とアクセプター材料を縮重合反応させると、ドナーとアクセプターが規則正しく交互に配列したシート上の高分子が合成でき、このシートが多数積み重なった構造になった。 &...

国内では、ドナーから採取した肝細胞を海外から輸入し毒性試験を行っている。

「1人の提供者(ドナー)から最大2万人分の均質な幹細胞を培養できる」(シルヴュー・イテスキュー最高経営責任者)ため、患者自身の細胞を用いる自己細胞培養と比べて4分の1の約180万円で治療薬を利用できる...

英国レディング大学(レディング市)のコノン博士ら研究チームは、病気やけがで視力が低下した患者の角膜を、ドナーに依存せずに視力を回復させる治療法を開発する研究プロジェクトを進めている。... 角膜移植治...

【深刻なドナー不足】 重篤な心疾患患者の治療法の一つに心臓移植がある。2010年の改正臓器移植法施行により心臓移植の件数は増加傾向にあるが、ドナー不足は今も深刻な問題であり、移植を受...

有機薄膜太陽電池の発電材料は、光を当てると電子を放出するドナー材料と、放出された電子を受け取るアクセプター材料の2種あり、今回開発した材料はドナー材料の一種。

おすすめコンテンツ

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

プラスチック製品設計者1年目の教科書

プラスチック製品設計者1年目の教科書

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる