132件中、5ページ目 81〜100件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

ロシュ・ダイアグノティクス(東京都港区、小笠原信社長、03・5443・7041)は、バイオ医薬品の性能を上げる2―6シアル酸転移酵素を発売した。... バイオシミラー(バイオ医薬品の後発薬)メーカーな...

独ベーリンガーインゲルハイム(インゲルハイム)は中国で3500万ユーロ(約44億円)以上を投じてバイオ医薬品の製造設備を整え、自社製品の製造と他社品の受託製造を始める。ハイテクパーク運営事業者の長江バ...

アルテアの経営資源を活用してバイオ医薬品の事業基盤を強化する。... バイオ医薬品は遺伝子組み換えなどのバイオ技術を駆使してたんぱく質やペプチド、核酸などによって作られた医薬品。... バイオ医薬品に...

昭和電工はバイオ医薬品の製造工程で培養液から必要な成分を取り出すために使う精製ゲル市場に参入する。... 昭和電工はバイオ医薬品の精製対象となるたんぱく質の分析などを行うカラム(ゲルを充填した管状容器...

農業にこそバイオ、医薬、ITなど幅広い分野の知識を結集するべきです。

味の素は15日、がんやリウマチの治療に使われるバイオ医薬品向けの動物細胞用培地事業を拡大するため、韓国のジェネクシンと合弁会社を設立することで合意した。... 合弁相手のジェネクシンはバイオ医薬品開発...

協和発酵キリンは高崎工場(群馬県高崎市)にバイオ医薬の原薬を製造棟を増設する。... 同社は臨床研究中の抗体医薬品といたバイオ医薬品を多く持つ。... バイオ医薬品は一般的な医薬品と生産技術が異なり、...

日本のバイオベンチャーがこれだけの有力企業と創薬研究で提携するのは珍しく、同技術に対する関心の高さを示したと言える。 ... 次世代のバイオ医薬として期待が強まっているペプチド医薬品...

経済産業省は民間企業が共同で使えるバイオ医薬品製造ラインの整備に乗り出す。... 製造ラインの詳細は今後決めるが、2000リットル規模の培養槽を持ち、国の「医薬品及び医薬部外品の製造管理及び品質管理の...

「基礎と臨床の双方の研究者が一堂に集まるオープンな議論の場をつくりたい」と意気込むのは、東京大学発のバイオ医薬ベンチャー、リボミック(東京都港区)社長の中村義一さん。

エンジニアリング専業3社が医薬分野での技術開発やサービス強化を加速する。... 食品や化学をはじめ異業種のメーカーによる医薬分野参入や拡大の動きに対応する。 さらに千代田化工はバイオ...

第一三共は群馬県千代田町の館林バイオ医薬センターにあるバイオ医薬品の治験用と試験用(パイロットライン)の生産設備を増強する。... バイオ医薬品の開発案件が増えることを受け、治験用などの製造能力を約3...

一方、日本本社は「新たな事業を育成、強化していく」(同)とし、資源エネルギー開発のほか、発電、水処理プラントといった社会インフラやバイオ医薬製造など、今後の投資拡大が見込める分野を開拓する。 ...

一方、液化天然ガス(LNG)分野やバイオ医薬などの事業は、日本のリソースが中心となって強化、拡大していく。

カネカは29日、ベルギー子会社のユーロジェンテック(リエージュ州)のバイオ医薬製造装置が米国食品医薬品局の品質管理基準「cGMP」の承認を取得したと発表した。従来の医薬中間体事業に加えバイオ医薬品バル...

韓国や中国は国策として医薬産業の育成を図っており、同社ではバイオ医薬の製造に不可欠な細胞培養用培地の需要が急増すると期待している。 ... ここに来て、韓国サムスン電子のグループ会社...

富士経済(東京都中央区、阿部界社長、03・3664・5811)がまとめたバイオビジネス調査によると、エネルギーや農業(アグリ)など6分野でのバイオ技術による国内市場は2015年に10年比49・7%増の...

2012年春に富士フイルムとバイオ医薬品の後発薬(バイオシミラー)の事業子会社を設置。... 高いバイオ医薬品技術を持つ協和発酵キリンにとって、いつかはやるべき事業だったといえる。 ...

協和発酵キリンは抗体医薬などバイオ医薬品の研究開発・生産の高い技術を持つ。... また、バイオ医薬品の革新的な生産技術の確立も進める。... バイオ医薬品は遺伝子組み換えや細胞培養技術を使った医薬品。

日本からの主な誘致産業は先進的な製造業、バイオ医薬、アニメやインターネットゲームなど付加価値の高い産業を狙っている。

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる