1,322件中、5ページ目 81〜100件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

道路の下を走る下水管や農業用水路、工場の排水インフラなど、狭くて汚い配管を泥だらけになってロボが点検する。

月島機械は、中国・上海市の石洞口下水処理場で建設を進めていた汚泥処理2期工事が完了し、試運転を始めた。... 急速な経済発展や都市化を背景に、中国では下水処理場が急増。処理汚水量が増える中、下水汚泥処...

3月の環境装置受注、90%増 官公需が大幅伸長 産機工 (2020/5/27 建設・生活・環境・エネルギー)

官公需の受注額は下水汚水処理や都市ゴミ処理の各装置が増加し、同6・5倍の1079億円となり、例年の3月並みの水準に戻った。

MRT(地下鉄・電車)、最深下水トンネルシステムなど工期順守が必要な工事などに優先従事する。... 電気、水道、下水処理の公共料金支払いも30日間猶予する。

東京都は13日、新型コロナウイルス感染症の広がりを把握するための下水採取を始めた。芝浦水再生センター(東京都港区)など都内15カ所の下水処理場で下水を毎週1回程度採取して冷凍保存。... 都では一定量...

港の奥部に合流式下水処理施設があり、大雨の際、処理前の下水が流れ、春から夏にかけて悪臭が発生していたのだった。

2003年、SARSが流行した際、香港の高層団地で感染者が集団発生し、下水管の不備が原因だったことが明らかになり、排せつ物を介しての感染の方が危険なのではないかと専門家が指摘している。 ...

また下水用のマンホール向けの鉄筋は全国シェアの約5割を占める。

タクマ、石川のゴミ焼却発電施設受注 23年完成 (2020/4/21 機械・ロボット・航空機1)

ゴミと混焼する下水汚泥の乾燥用には、タクマの蒸気間接加熱型汚泥乾燥機を採用する。下水汚泥の量・質ごとに対応でき、焼却により発生する蒸気を乾燥に利用可能な同乾燥機は1日当たり30トンの汚泥を処理できる。...

また、下水の問題も深刻である。... いきおい下水インフラの整備は遅れがちになる。... こうなると、日本のように潤沢な水で排せつ物を最大限に希釈し、巨大な下水インフラで微生物の分解作用を使って処理す...

環境装置受注、2月32%増 2カ月ぶりも一進一退 (2020/4/14 建設・生活・環境・エネルギー2)

官公需は下水処理装置などの増加で同31・7%増の236億円となり、2カ月連続プラスと堅調だった。

メタウォーター、水処理機器の米ウィゲン買収 (2020/4/9 素材・医療・ヘルスケア)

水を浄化する膜濾過技術やイオン交換技術を持つウィゲンを取り込み、下水処理水を飲料水レベルまで浄化する水再生事業を強化する。... 米国では気候変動による渇水や人口増加などによって水不足が起き、下水処理...

JR東、東ガスと新会社 品川開発で地域熱供給 (2020/4/9 建設・生活・環境・エネルギー1)

熱供給のノウハウを持つ東ガスとの協業で、食品残さを使ったバイオガスシステムや地中熱、下水熱を給湯や地域冷暖房に活用する。

水ing、バイオガス発電開始 北海道の下水処理場で (2020/4/3 建設・生活・環境・エネルギー)

水ing(東京都港区、中川哲志社長、03・6830・9000)は、北海道恵庭市の下水処理場でバイオガスによる発電事業を始めた。... 子会社の水ingエンジニアリングが発電設備(写真)を建設し、下水処...

月島機械など、千葉・市原市から下水汚泥処理施設を受注 (2020/4/2 機械・ロボット・航空機2)

月島機械とテスコ(東京都千代田区)、上野工業所(千葉県市原市)は、市原市から「松ケ島終末処理場下水汚泥固形燃料化事業」を受注した。... 今回、受注した事業は、老朽化した松ケ島終末処理場の汚泥焼却炉に...

同社は公共事業を中心に上下水道工事や一般土木、下水管更生など幅広く手がけ、国のインフラを下支えし、社会に貢献してきた。

下水入坑ドローン点検 ブルーイノベ、都施設で実施 (2020/3/24 機械・ロボット・航空機1)

ブルーイノベーション(東京都文京区、熊田貴之社長、03・6801・8781)は23日、エヌ・エス・シー・エンジニアリング(東京都台東区)と共同で、球体型飛行ロボット(ドローン)を用いた大規模下水道施設...

「水の浄化の仕組みは下水処理場と同じ。... 下水処理場の熟練の作業者が、水の汚れ具合や気温、フィルターの状態などから最適な水の流し方を判断して水を処理するのを、WOTA BOXは人工知能(AI)技術...

住友大阪セメントなど、船橋市と協定締結 (2020/3/18 建設・生活・環境・エネルギー2)

今は同市で発生した下水汚泥を栃木工場(栃木県佐野市)において、一般焼却灰を八戸セメントにおいて受け入れてセメント製造に使用している。

大成建設は電極兼用注入管を使い地盤を加熱し、汚染地下水に含む揮発性有機化合物(VOC)を短時間で浄化する技術を開発した。

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建設機械の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建設機械の本

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

プラスチック製品設計者1年目の教科書

プラスチック製品設計者1年目の教科書

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる