電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

97件中、5ページ目 81〜97件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

意志を継ぎ“不易流行(変わることのない経営理念に基づき時代の変化に応じた経営をする)”を経営理念に掲げ、「社員に大きな目標と働きやすい環境を提供するのが社長の仕事」と言い切る。 ...

職員には「戦略的な事務運営、“人財”育成、松尾芭蕉の言葉『不易流行』を伝えたい」と三つのキーワードを掲げる。

著者はインタビューにあたり、各経営者の夢と体験、師匠と薫陶、教養、そして不易流行の4点を必ず聞くよう心がけたという。それぞれにとっての不易流行は哲学であり、その哲学を形成してきた要素が夢と体験、薫陶、...

テーマは「不易流行〜岐路に立つ日本、環境激変への挑戦と守るべき本質〜」。

テーマは「不易流行〜岐路に立つ日本、環境激変への挑戦と守るべき本質〜」。

総合テーマに「不易流行〜岐路に立つ日本、環境激変への挑戦と守るべき本質〜」を掲げた。

「より強く確信」「より広く拡進」「より新しく革新」の3カクシンに「感謝」を込めた新方針で、「不易流行の革新経営」を国内外で実践する。

松尾芭蕉の「不易流行」に共感を覚える。

「不易流行」の理念に基づき、変える部分と変えない部分を見極めながら経営のかじを取る》 「企業理念の『三方良し』といった根幹は変えず、『世の適社・適者』であるために、世間のニーズに合わせて製品な...

理念を守り抜くために変革する」と、不易流行の決意を示す。

「不易流行」という言葉がある。

「温故知新」や「不易流行」等と似たような意味をもつこの語。

「不易流行」をモットーに「培ってきた包装の技術をベースに、新たなニーズに合った製品を提案する」と力強い。

座右の銘は「不易流行」、市場の変化を店頭で具現化できるか、新社長の手腕が問われる。

「味吟醸」と言われる酒造りを守りながら、消費者のニーズに応える酒造りを追求する「不易流行」の心意気に期待が高まる。

「不易流行―伝統は革新の連続なり」を総合テーマに、日本の再生や強化、世界から信頼される日本づくりについて議論を交わした。

「不易流行―伝統は革新の連続なり」を総合テーマとし、4分科会に分かれて政治経済、企業経営、地域社会のあり方などを議論する。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン