電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

552件中、5ページ目 81〜100件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01秒)

リケジョneo(159)戸上電機製作所・南川千晴さん (2021/9/27 ひと カイシャ 交差点)

「先輩に学ぶ」成功への早道 (総合1から続く)九州工業大学工学部機械知能工学科で、減速機の設計などを学びました。... 大学3年時のインターンシッ...

「大学のテストだったら赤点だ。... 九州工業大学の田向権教授は「プレ大会から得点が2―3倍に伸びた」と説明する。... 東京大学の松嶋達也大学院生は「深層学習で並べる動作までできると面白い」と指摘す...

WRSで見えた!次代の産業の形 (2021/9/14 深層断面)

大橋健競技委員(九州工業大学教授)は「3位以下は混戦模様だった。... 決勝終盤に差しかかるころ、九州工大チームのロボットが停止するトラブルが発生したが、その後すぐさま再スタートした。...

大学チームも進歩している。... サービス競技カテゴリー パートナーロボットチャレンジ 1位 「Hibikino-Musashi@Home」 ...

午後の決勝戦では、2018年のプレ大会で優勝した強豪・九州工業大学と北九州市立大学の学生チームと初のオンサイト競技会出場となる東京大学の学生チームが優勝の座を争った。 ... 岡田浩...

だが競技は盛り上がった」と九州工業大学の大橋健教授は目を細める。... 競技委員長の岡田浩之玉川大学教授は「技術の進歩を定量的に追跡できるようになる。

金沢大学の辻徳生准教授は「明日までに仕上げる」とギリギリまで最終調整を進める構えだ。 ... 2018年のプレ大会で優勝した強豪・九州工業大学と北九州市立大学の学生チームに対峙...

18年のプレ大会で優勝した九州工業大学と北九州市立大学の学生チームでは、メインプログラマーが九州からリモートで参加した。地元に残ったメンバーは九州工大で高性能計算機を走らせ、物の見た目をAIに学習させ...

九州工業大学の学生が中心となって開発した超小型衛星「FUTABA(ふたば)」が完成した。... 九州工大としては22基目の衛星。... (北九州)

機械設計9月号/知能化機械の時代の制御安全とシステム安全 (2021/8/9 機械・ロボット・航空機1)

日刊工業新聞社が10日に発売する「機械設計」9月号は「知能化機械の時代に考える制御安全とシステム安全」を特集する。 ... 長岡技術科学大学の福田隆文教授は機械安全の基礎から、本質的...

【北九州】九州工業大学はユニコーン(企業価値10億ドル超の未上場企業)企業創出のため、技術や人材を供給するための「北九州SDGsイノベーション&アントレプレナーシッププラットフ...

九州工業大学の岡部孝弘教授らは、カメラと液晶ディスプレーで部品の表面粗さを計測する技術を開発した。

九州工業大学の斉藤剛史教授と明治大学の森勢将雅専任准教授らはSSS合同会社(仙台市宮城野区)と共同で、読唇術用のデータセットを開発した。

安川電機と九州大学は23日、共同研究や人材育成の分野で包括連携すると発表した。... 安川電機が大学と包括連携するのは九州工業大学に次いで2例目。 ... 九大の石橋達朗総長は「双方...

【名古屋】九州工業大学大学院工学研究院の横野照尚教授、豊田工業大学大学院工学研究科の山方啓准教授らの研究グループは、太陽光を用いて水と酸素から過酸化水素を生成できる光触媒の開発に成功した。... 過酸...

一方の熊谷氏は小笠原氏と同じ九州工業大学出身で研究開発部門を束ねる。

テクノスジャパン、九州工大と共同研究 (2021/4/21 電機・電子部品・情報・通信2)

九州工業大学と共同で、今後2年間かけて食品や物流業務の効率化研究を進める。 ... 常駐者は置かず、九州工大情報工学部の教員や学生、市内企業と連携して新しいビジネスモデル構築を目指す...

安川電、頭脳拠点が完成 大学・VB呼び込む (2021/4/8 機械・ロボット・航空機1)

ロボットやサーボモーターなどの研究開発機能を集約し、九州工業大学の研究室やベンチャー企業も呼び込みオープンイノベーションで事業化を加速する。... (北九州支局長・大神浩二) ...

2020年7月に北九州市、九州工業大学と産学官連携協定を結びオープンイノベーション人材育成に取り組んでおり、同市発のスタートアップによる製品やサービスの情報発信を担う。 ... &#...

リサイクル技術は、福岡県リサイクル総合研究事業化センターの支援を受け、九州工業大学と共同開発した。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン