6,835件中、5ページ目 81〜100件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.025秒)

株式相場/4日続伸 (2019/10/17 金融)

米株高や円安が好感され、電機、機械などの輸出関連株が人気を集めた。16日の日経平均株価は前日比265円71銭高の2万2472円92銭と4営業日続伸し、年初来高値を更新。... ソフトバンクGが小幅安。

非課税となる110万円以下に給付上限額を設定することも可能だ。円安などを要因に、受取額の上限を超えても翌年以降に繰り越しでき、為替リスクによる受取額の変動影響を低くしている。 ...

足元の実勢価格は、ベースサイズ(SD295、直径16ミリ―25ミリメートル)の在庫品は前月から1000円安のトン当たり7万7000―7万8000円。メーカー直送(同)も前月から1000円安の6万900...

JFE商事(東京都千代田区)がトン当たり2万2050円で落札した。同価格は関西鉄源が1日に行った前回の落札価格から同980円の下落。9日に実施された関東鉄源協同組合の平均落札額からは同243円安。

一方、直近の関東湾岸地区の鉄スクラップ(H2相当、FAS=船側渡し)価格は、前週比500円安のトン当たり2万1500―2万2000円。... また、韓国・現代製鉄が先週、日本側に対して提示した輸入価格...

世界経済の減速リスクが後退し、連休明けの15日の金融市場は台風19号の影響を嫌気しつつも円安・株高となる公算が大きい。... 中国は米国産農産物の輸入拡大や知財権の保護、通貨安誘導の抑止などを受け入れ...

関東鉄源協同組合(東京都品川区、山下雄平理事長)が9日に実施した10月契約分の鉄スクラップ輸出入札は、H2相当・FAS(船側渡し、船積み期限は11月30日)の平均落札価格が前月比2556円安のトン当た...

相場は関東が9月末に前月末に比べ、トン当たり3000円(H2相当)の下落で2年4カ月ぶりの安値。... 国内は、東京製鉄が8月下旬から小刻みに7回(計3500円)、鉄スクラップ価格の引き下げを実施し、...

株式相場/円安 (2019/10/9 金融)

円安進行や中国などアジア株高が材料視され、輸出関連株など幅広い銘柄で買いが先行する展開。8日の日経平均株価は前日比212円53銭高の2万1587円78銭、東証株価指数(TOPIX)は13・75ポイント...

また韓国の鉄鋼メーカー大手が先週、日本側に対して提示した輸入価格(H2相当、FOB=本船渡し価格)は、前回から1000円安の同2万4000円となり、日本国内相場との値差が解消した。ベトナム向け商談価格...

株式相場/3日ぶり反発 (2019/10/2 金融)

1日の日経平均株価は前日比129円40銭高の2万1885円24銭、東証株価指数(TOPIX)は15・20ポイント高の1603・00と、ともに3営業日ぶりに反発した。米中貿易摩擦の緊張緩和を受けた海外株...

全品種輸入平均単価は前月比200円高で、品種別で見ると合金化溶融亜鉛メッキ鋼板が同2600円高、熱延鋼板が800円安。中国の溶融亜鉛メッキ鋼板が韓国・台湾と比べ価格安となっていることや、熱延鋼板が値下...

アラエ商会(東京都江戸川区)がトン当たり2万3030円で落札した。同価格は関西鉄源が9月17日に行った前回の落札価格から同240円の下落。同11日に実施された関東鉄源協同組合の平均落札額からは同181...

株式相場/小反発 (2019/9/27 金融)

米中貿易協議の進展期待を背景に買い先行して始まったが、円安進行の一服や上海株安を嫌気した戻り売りに押され、伸び悩んだ。26日の日経平均株価は前日比28円9銭高の2万2048円24銭、東証株価指数は3・...

パーソル総合研究所(東京都港区、渋谷和久社長、03・6385・6888)がまとめた外国人雇用に関する企業の意識・実態調査によると、正社員の場合、日本人と同じ職種でも外国人の平均月収は4万6000円安く...

■急激な円高局面で決断/マイナス金利深掘り 日銀による大規模な金融緩和策が曲がり角を迎えつつある。... 為替相場で急激な円高・ドル安が進行すれば輸出関連企業の収益に悪影響を及ぼし物...

東京の鉄スクラップ、弱含み (2019/9/20 商品市況)

海外・東京地区相場ともに直近1カ月で約3000円値下がり。... 東京製鉄宇都宮工場(宇都宮市)は14日、鉄スクラップ買値(H2相当)を500円引き下げトン当たり2万3500円に改定。... また、韓...

日鉄物産(東京都港区)がトン当たり2万3270円で落札した。同価格は関西鉄源が9月3日に行った前回落札価格から同1840円の下落。同11日に実施された関東鉄源協同組合の平均落札額からは同1579円安と...

円安誘導を防ぐ「為替条項」の記載は見送られる見通し。

輸入企業の場合、円高時に約定すればその後の円安による輸入価格上昇のリスクを抑制できる。

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる