195件中、5ページ目 81〜100件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

政府は30日、原子力政策の基本方針を策定する原子力委員会のあり方を見直す「有識者会議」の第1回会合を開き、機能のあり方や新組織などへ移行する論点を2013年末までに整理するスケジュール案を示した。政府...

経団連の米倉弘昌会長は6日、東京電力福島第一原子力発電所を視察した。廃炉作業の進ちょく状況を確認し、今後のエネルギー・原子力政策に反映させるのが狙い。

日本電機工業会の新会長に就任した稲村純三会長(明電舎社長)は、政府の原子力政策について「安全性を全面に出して再稼働を推進してほしい」との考えを強調した。

原子力プラント輸出を切り札に、両国との信頼関係が深まることを日本の産業界は歓迎する。... 国際原子力機関は、30年までに世界で100万キロワット級の原発が90―370基増えると予測。... 国の原子...

経済産業省・資源エネルギー庁は23日、エネルギー基本計画を見直す総合資源エネルギー調査会総合部会の第2回会合を開き火力の新増設やリプレース、燃料調達、原子力政策の最近動向などエネ生産と調達の論点を示し...

原発は「トイレのないマンション」に例えられ、廃棄物の処理は今後の原子力政策の根幹。... 最終処分地の選定から処分・管理に至る一連の事業は国や電力会社が設立した「原子力発電環境整備機構=NUMO」が行...

こうした中、「原子力政策が混迷しようとも、廃炉技術の重要さは変わらない。... 原子力にかかわらず、基礎研究は政策次第で打ち切りの憂き目にあいがちだ。 ... 政策がどう転んでも基礎...

東日本大震災以来、混迷を続けてきた原子力政策が、安倍晋三内閣のもとで見直しに向けて動きだした。... 国民生活を守るためにも、政府は早期に原子力政策の見直し作業に入り、再稼働と新設を決断すべきだ。&#...

新産業や雇用を生み出すために人材力、技術力、文化力を結集し、科学技術・イノベーションの創出を進めていく」 ―原子力政策についての考えは。 ... 『もんじゅ』は安全...

衆議院選挙で焦点の一つになっているのが原子力政策だ。... 原子力政策で最大の課題は使用済み核燃料の扱いだ。... 最終処分場が決まらない現状のままでは、原子力政策はいずれ行き詰まってしまう。 ...

政府は4日、内閣府原子力委員会を見直す有識者会議(大西隆座長=東京大学大学院教授)の5回目会合を開き、五つの選択肢を提示した。... さらに原子力庁は「実行力の付与した実力組織」になる半面、「原子力あ...

世界的な原子力政策の転換もあり、火力発電の主燃料のLNGの需要は旺盛。

50年以上、原子力政策の中核を担ってきた内閣府原子力委員会の抜本的な見直し、新エネの導入促進を目指す「グリーン政策大綱」、電力市場の競争促進を促す「電力システム改革」、中長期のエネ方針を決める「エネル...

「米国の対日政策に大きな変化はないだろう。一方で、日本の民主党が対米政策に一貫性と妥当性を欠いている」と長谷川閑史経済同友会代表幹事は指摘。「最も信頼できるパートナーとして相互連携を深めるべきだ」(長...

政府は31日、内閣府原子力委員会の廃止を含めて抜本的な見直しをする有識者会議を設置し、初会合を開いた。... このため、今後も原子力政策をしっかりとやる組織が必要になる。... 原子力委員会は1956...

その根本的な科学者としての使命感が薄いようではまだ追いつけない」 ―日本では東日本大震災以降、原子力政策を含め、エネルギーのあり方が問われています。 ... ただ、...

経済産業省 (10月15日)▽経済産業政策局参事官兼産業人材政策担当参事官室長(原子力損害賠償支援機構執行役員)奈須野太▽資源エネルギー庁電力・ガス事業部原子力政策課原子力政策企画調整官(資源...

原子力を将来のエネルギー・ミックスに含めるかどうかで、国論が揺れる中で、政府は「2030年代に原発稼働ゼロを可能とするよう、あらゆる政策資源を投入する」とする「革新的エネルギー・環境戦略」を発表した。...

エネ基本計画はエネ政策基本法に基づいて政府が決める。... 【混乱続く】 同戦略では今後の原子力政策についてエネ・環境会議を中心に確立するとしており、内閣府原子力委員会は2日、原子力利用の基本...

【蚊帳の外】 社会の関心と政府の議論は原子力政策に集中し、地球温暖化対策とその見直しは蚊帳の外に置かれている。... 欧米や新興国などと結んでいる原子力協定の趣旨は揺らぎ、さらに「4...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる