電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

123件中、5ページ目 81〜100件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01秒)

【京都】国際電気通信基礎技術研究所(ATR)や島津エス・ディー(京都市中京区)などは2011年度から京都大学医学部付属病院で、血圧計や体温計などで計測したバイタルデータ...

国際電気通信基礎技術研究所(ATR)は15日、観光ガイドボランティアが自宅からロボットを遠隔操作して観光ガイドができる「遠隔観光ガイド実験システム」を試作したと発表した。2011年1月...

【千葉】13社3大学で構成するユビキタスパーク実証実験実行委員会(大橋正良委員長=国際電気通信基礎技術研究所メディア情報科学研究所長)は2日、千葉県柏市の商業施設「ららぽーと柏...

情報通信研究機構と国際電気通信基礎技術研究所(ATR)は指先を動かし、医療用検査で使う機能的磁気共鳴断層撮影装置(fMRI)などで得た脳活動のデータから、指先の動きに関...

「えせが生まれるのは宿命だが、何を言っても良いわけではない」と話すのは国際電気通信基礎技術研究所(ATR)脳情報通信総合研究所所長の川人光男さん。

大阪大学の石黒浩教授らと国際電気通信基礎技術研究所(ATR)などは1日、人に見える必要最小限の見かけと動きを備えた小型ロボット「テレノイドR1」を試作したと発表した。

原口一博総務相は、京都府精華町にある情報通信研究機構けいはんな研究所と国際電気通信基礎技術研究所(ATR)を視察した。先端技術の研究開発成果について説明を受けた後、「事業仕分けなどで予...

人の歩行程度の移動速度や携帯電話などとの通信機能を持ち、身長108センチメートルと等身大の人型ロボットで、道案内や買い物の補助などのサービスが可能。... 同ロボットは国際電気通信基礎技術研究所...

脳研究の成果を川人光男国際電気通信基礎技術研究所脳情報研究所長や岡野栄之慶応義塾大学教授らが講演する。

同じ失敗を繰り返さないよう過去の行動と関連づけて学習する能力は、脳内物質セロトニンが足りないと低下することが大阪大学の田中沙織特任准教授らと国際電気通信基礎技術研究所(ATR)、広島大...

国際電気通信基礎技術研究所(ATR)は14日、高齢者の遠隔対話支援に関する実験(写真)を行った。... ATRは「人とロボットとのインタラクション(相互作用&#...

国際電気通信基礎技術研究所(ATR)は10日、介助ロボットを用いた高齢者・障害者の生活支援に関する実験を始めた。2012年度末までに、ATRの知能ロボティクス研究所を中心にNTT、NE...

音声認識事業では高度な技術が強み。... だが国際電気通信基礎技術研究所(ATR)との業務提携で、この分散処理技術を実用化した。... 現時点では文字入力での検索だが、将来は「機械に話...

国際電気通信基礎技術研究所(ATR)は半導体チップ上に集積化したリングレーザージャイロ(RLG)を開発し、リング内を周回する光の強度変化から回転の角速度に依存する信号を...

国際電気通信基礎技術研究所(ATR、京都府精華町)との共同開発。

国際電気通信基礎技術研究所(ATR、京都府精華町)と連携して販売する。

具体的には、家庭内の情報家電や住宅設備などの消費電力をホームネットワークを通じて総合管理・抑制する高度電力制御技術と、誰でも簡単に複数の端末をホームネットワークに接続し、ブロードバンド(高速大...

カプコンは国際電気通信基礎技術研究所(京都府精華町、ATR)と提携し、発話アニメーション制作支援サービスをゲームに初めて導入する。ATRの音声認識技術をキャラクター発話制作に応用した「...

国際電気通信基礎技術研究所(ATR)が開発した電子万華鏡を、携帯電話向けに商品化した。

頭で考えたことをロボットが実行する脳インターフェース技術。実現は難しそうだが「iPS細胞(万能細胞)研究と比べれば楽なもの」と国際電気通信基礎技術研究所フェローの川人光男さんは笑顔で断...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン