電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

930件中、5ページ目 81〜100件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.022秒)

さらに既存の理研、産業技術総合研究所、量子科学技術研究開発機構の3拠点については産業界への支援や材料関連の研究開発などの機能を強化する。 .....

情報通信行政に長く携わり、主に振興行政に従事した。... 2025年の大阪・関西万博では、情報通信技術を駆使した同時通訳、天候予測などを運営の手段として生かしたい方針だ。 ...

情報通信研究機構は第5世代通信(5G)の次の世代の通信システム「ビヨンド5G」の実現に向けて企業や大学、自治体を巻き込んだ開発を加速させる。... 研究機関である情...

第34回「中小企業優秀新技術・新製品賞」(1)一般部門 (2022/4/15 中小企業優秀新技術・新製品賞)

医療・介護用のほか、日常の健康管理、ペットなど動物の生態情報計測にも用途を拡大できる。 ... 開発には帯広畜産大学などの国内研究機関と連携。... 前川聡社長が国立研究開発法人情報...

情報通信研究機構の松田隆志主任研究員らは、飛行ロボット(ドローン)の衝突回避飛行技術を開発した。周囲を飛ぶ機体同士で直接位置情報を交換して進路が交わらないようにルー...

いくつかの異なるタイプの素子の開発を進めており、当機構の内田健一グループリーダーらとの共同研究では、磁性材料を用いてその実証に成功した。 ... (水曜日に掲載)&#...

情報通信研究機構やパナソニックなどと進める総務省の「電波資源拡大のための研究開発」事業で実施した。

記憶は、脳を構成する神経細胞同士のつながり(シナプス)の変化によって、新しい神経回路が誕生し、脳の情報処理が変わることで形成されると考えられている。そのため、記憶研究にはシナプスの分子...

酸化ガリウムは、情報通信研究機構(NICT)が2011年に電力変換を担うパワーデバイス応用に向いた材料特性に目を付け、その研究開発に先鞭(せんべん)をつけた材...

このような背景の下、情報通信研究機構(NICT)では新たな周波数資源として、テラヘルツ周波数領域の開拓を目指している。... 我々は未開拓のテラヘルツ周波数領域を切り開き、未来の情報通...

近年、人工知能(AI)やIoT(モノのインターネット)などのデータ利活用や第5世代通信(5G)の運用が進み、大容量のデータ...

量子もつれは古典物理学では説明できない量子的相関のことで、それを離れた通信ノード間で共有することにより、分散・秘匿量子コンピューティングや超高精度時刻同期などの量子情報処理が実行可能となる。 ...

この問題解決のため、情報通信研究機構(NICT)は、エピタキシャル成長と呼ばれる結晶成長法を用いた窒化物超電導量子ビットを開発した。 ... この窒化物の超電導量子ビ...

情報通信研究機構(NICT)時空標準研究室では、無線通信機を活用し時刻と空間を同期する無線双方向時刻比較技術(Wi―Wi)の開発を行っている。... 現在、我々は通信の...

一方、増え続ける情報量と高速通信へのニーズに応えて新たな通信資源の開拓とその適正な運用も必要だ。 ... 情報通信研究機構(NICT)では世界に先駆けて未踏テラヘルツ...

シャープは、東京大学や東京工業大学、日本無線などと「ビヨンド5G(B5G)」と呼ばれる第5世代通信(5G)の次の社会基盤実現に向けた研究開発を始めた。... ...

情報通信研究機構(NICT)は、開発した航空機搭載型の合成開口レーダー(SAR)で、地表面観測の分解能15センチメートルを達成した。同機構によると世...

情報通信研究機構と凸版印刷は、裸眼で複数人が同時に体験できる拡張現実(AR)技術を開発した。

情報通信研究機構(NICT)からは主に三つの方法で正確な日本標準時(JST)を供給している。 ... 私たちは、情報通信網の進化に合わせ、より確実で正...

産業春秋/不正受験が映す社会 (2022/1/31 総合1)

会場でスマホを使えなくするには、金網のようなもので部屋全体を覆ってシールドし電波が届かないようにする、妨害電波を出して通信不能にする、受信信号と逆位相の電波を出し電波強度を低減させるなどの技術がある。...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン