電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

268件中、5ページ目 81〜100件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

日本国際博覧会協会は、2025年の大阪・関西万博で行う催事の方向性を固めた。... 共同座長を務める華道家の池坊専好氏は、催事方針を「万博参加国と国際交流や理解を図れる、社会課題の...

海外の参加国などとの調整役を担い、日本国際博覧会協会(万博協会)を補佐する。... 日本貿易保険(NEXI)は海外パビリオン建設の代金未払いなどのリスクを減らす「万博貿...

「大量輸送の要」(日本国際博覧会協会の淡中泰雄運営事業局交通部長)と位置付ける鉄道は、夢洲に延伸する大阪メトロ中央線のみ。

大阪ガス、万博会場でeメタン製造実証 (2023/8/1 素材・建設・環境・エネルギー1)

このほど日本国際博覧会協会から、目指す未来体験の一つ「グリーン万博」を実践する技術として認められた。

これまで、2025年日本国際博覧会協会に出向した際に、会場などへのアクセスについての仕事を担当したことや、港湾局時代に洋上風力発電などエネルギー分野に携わったことが印象に残った仕事と振り返る。 ...

2025年日本国際博覧会協会は20日、大阪・関西万博の会場における実証事業「未来社会ショーケース事業出展」のうち、脱炭素や資源循環を実証する「グリーン万博」の事業構想と協賛者を初め...

関西経済連合会の松本正義会長は18日の定例会見で、2025年大阪・関西万博の海外パビリオンの建設が遅れている問題に関して見解を述べた。... 松本会長は日本国際博覧会協会の副会長も...

日本国際博覧会協会の石毛博行事務総長は13日、大阪市内で会見し、大阪・関西万博のパビリオンを独自設計する海外参加国・地域の現状認識を示した。

小川理子関西渉外・万博担当参与は「日本国際博覧会協会が目標としている98・1%を上回るリサイクル材使用率を達成したい」考えを示した。

2025年日本国際博覧会大阪パビリオン推進委員会は11日、大阪府・市が主体で運営する大阪ヘルスケアパビリオンの公式ロゴマークを大阪市内で発表した。

政府は国際博覧会推進本部(本部長=岸田文雄首相)で、2025年大阪・関西万博の会期中に販売する大人の入場券の料金を7500円とすることを正式に決めた。日本国際博覧会協会(...

日本国際博覧会協会は28日、1回目となる大阪・関西万博催事検討会議を大阪市内で開催した。会議後の会見で、催事検討委員会の共同座長である華道家の池坊専好氏は「各分野から活発な意見をう...

日本国際博覧会協会は14日、2025年開催の大阪・関西万博の入場券の基本料金(消費税込み)を1日券で大人7500円に設定したと発表した。... 大阪市内で同日、協会...

日本国際博覧会協会は12日、開催まで2年を切った大阪・関西万博の全国的な関心を高める狙いで設置した「機運醸成委員会」の第1回総会を大阪市内で開いた。委員会は経済界や自治体の代表者ら...

新興国など86カ国参加 2025年開催の大阪・関西万博の準備に向け、日本国際博覧会協会は6日、22年10月に続く2度目の国際企画会議(IPM)を大...

日本国際博覧会協会は2025年大阪・関西万博で地球規模の課題を話し合う「テーマウィーク」のテーマに「地球の未来と生物多様性ウィーク」など八つを選んだ。週替わりでテーマと問いを設定し...

日本国際博覧会協会は2025年大阪・関西万博で来場客の誘導などを行う協会スタッフ用ユニホームのデザイン募集を始めた。

日本国際博覧会協会は30日、2025年大阪・関西万博で大阪大学教授の石黒浩氏が手がけるシグネチャーパビリオン(テーマ館)を長谷工コーポレーションが、音楽家の中島さち子氏のパビリオンを大...

近畿地方整備局などは30日、2025年大阪・関西万博の混雑緩和に向けた自家用車利用者の誘導に関する「万博駐車場交通連携システム検討会」の初会合を大阪市内で開いた(写真...

日本国際博覧会協会は2025年大阪・関西万博の来場者の輸送手段で新たに海上ルートを示した。... 同協会や大阪府・市、交通事業者などで構成する対策協議会がまとめた来場者輸送に関するアクションプラン第2...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン