電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

224件中、5ページ目 81〜100件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.014秒)

【記者の目/「地球快適化」研究体制整う】 三菱化学は有機薄膜太陽電池や有機EL照明など事業化が間近な製品のほか、20―50年先を見据えた研究機関の「地球快適化インスティテュ...

三菱化学と大成建設が開発し、5月に実証試験を始める「有機薄膜太陽電池外壁ユニット」だ。 ... これに対し、開発したユニットは有機半導体材料を樹脂フィルムに塗布した三菱化学の有機薄膜...

このうち、情報電子分野は有機薄膜太陽電池や有機EL照明の事業化にめどを付けた。

三菱化学と大成建設はオフィスビルの外壁で太陽光発電ができる有機薄膜太陽電池外壁ユニットを開発した。... 同ユニットには、有機半導体材料を樹脂フィルムに塗布した三菱化学の有機薄膜太陽電池を使用。......

有機薄膜太陽電池や有機EL、在宅医療システムといったKAITEKI製品の強化を急ぐ。

14年の電解液事業は間違いなく13年より良くなり、15年に損益分岐点の壁を越える」 ―次の成長を支える有機薄膜太陽電池の事業化は進んでいますか。

ヘルスケアに加え(安価なシェールガスを使ったアクリル樹脂原料、産業用ポリビニルアルコールフィルムを生産できる)三菱レイヨン、日本合成化学工業という成長可能な子会社を用意していなければ、...

三菱化学が2015年度の量産を目指す有機薄膜太陽電池を使った実証試験が本格化してきた。... 竹中工務店は室内へ差し込む日射を調整する羽板の受光面に有機薄膜太陽電池を取り付けたルーバーの実証試験に入っ...

東北大学原子分子材料科学高等研究機構の田村宏之助教はドイツ・ゲーテ大学と共同で、有機薄膜太陽電池の電荷損失を防ぐ要因を理論的に解明した。有機半導体の結晶性が高いと光エネルギーで励起した電荷が高速で移動...

竹中工務店は技術研究所(千葉県印西市)で、三菱化学が開発中の有機薄膜太陽電池一体型ルーバーについて、遮光と発電効率を両立する角度制御や耐久性の実証実験を始めた。

【有機太陽電池】 これら化学材料の構造と機能との相関を系統的に評価し、その評価手法を他国に先んじて国際標準化したうえで化学産業界の共通基盤的な評価技術とすることが欠かせない。... ...

厚さ1ミリメートル以下と薄い上、軽量で光を透過するシースルー型の有機薄膜太陽電池を活用。... 実証で使うシースルー型有機薄膜太陽電池は、光を電気に変えるエネルギー変換効率が約5%。... 有...

測定波長範囲は300ナノ―1100ナノメートル(ナノは10億分の1)で、シリコン系、色素増感、有機薄膜の各太陽電池が利用する光の波長範囲もカバーした。

透明電極フィルムの製造技術の確立や、有機薄膜太陽電池を低コストで連続生産する「ロール・ツー・ロール」手法の最適化を検討する。

実際、小林は有機薄膜太陽電池やリチウムイオン二次電池(LIB)部材などKAITEKI経営をを支える新製品の開発を進めた。... 有機太陽電池・部材も同350億円減の150億円に下げた。...

炭素繊維、バイオ樹脂、独自の水蒸気吸着材を使った冷凍機、有機ELと有機薄膜太陽電池。... このうち、有機薄膜太陽電池は厚さが1ミリメートル以下と薄くて軽く、折り曲げ可能。... 有機ELは9月にもパ...

小林が今後の成長の柱に据える有機薄膜太陽電池やバイオ樹脂。

三菱ケミカルホールディングス(HD)は向こう側が透けて見えるシースルー型の有機薄膜太陽電池の試作品を開発した。... 有機薄膜太陽電池は厚さが1ミリメートル以下と薄くて軽いのが特徴。....

また有機エレクトロ・ルミネッセンス(EL)や有機薄膜太陽電池の寿命向上に重要なハイバリアーフィルムの需要拡大も見込めるという。

富士フイルムが開発した有機薄膜と、パナソニックの半導体デバイス技術を組み合わせた。 有機薄膜は厚さ0・5マイクロメートル(マイクロは100万分の1)とシリコン製の2割...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン