533件中、5ページ目 81〜100件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

個人データを取り扱う各処理において、求められる記録を適正に取得・保持するためには、組織で取り扱っている個人データを棚卸しするだけでなく、それぞれの個人データの処理の流れを洗い出し、取得、保管、利用、委...

日本ハムの4―9月期、営業益28%減 (2018/11/1 建設・エネルギー・生活1)

台風21号や北海道地震の影響も大きく、関西の物流拠点や北海道の胆振地方の鶏肉生産拠点で棚卸し資産の評価損などが発生した。

ポストGDPR(2)管理部門で予定を把握 (2018/10/25 電機・電子部品・情報・通信2)

年に一度の棚卸しで実態を把握するだけでは十分でなく、新たな取り扱いを承認するプロセスの中で管理部門がチェックする仕組みを組み込んだり、あるいは現場からの報告をルール化するなどの対応が必要になるだろう。

ブレインパッドなど、EC業務の自動化支援 RPA活用 (2018/9/24 機械・ロボット・航空機)

自動化の対象になる業務の棚卸しや、自社運用できる体制づくりまで一貫して網羅した。

日本法人を開設したが、すでに数百社の顧客を得ることができた」 ―海外はオフショア拠点をRPAに変えられますが、日本では個人の仕事が明確ではなく業務の棚卸しが必要です。 ...

わが社のモットー/アヴァンザ (2018/9/13 中小・ベンチャー・中小政策)

持ち出し・返却を一元管理したり、棚卸しを効率化したりできる。

棚卸し作業の効率化や省人化につながる。

アカウント30万件管理 SCSKが専用サーバー発売 (2018/9/7 電機・電子部品・情報・通信2)

ファイルをグループ化して管理するほか、一括登録機能、自動削除機能による棚卸しなども可能だ。

日立システムズ、製造現場デジタル化事業 21年度に100億円へ (2018/9/5 電機・電子部品・情報・通信2)

顧客に代わって設備や予備品の棚卸しをする「現場作業代行」、業務の可視化や標準化を行う「台帳作成」によって製造現場の“デジタライゼーション”を進める。... 一般的な製造業のIT化は設備や周辺機器にセン...

(1)ムダな仕事を洗い出し、自分の仕事の効果・効率を上司としっかり吟味して優先順位をつけてムダと思われる仕事があれば削減する(2)年に1回は全部門で業務標準の棚卸しをやる(3)新しい仕事に挑戦する時間...

棚卸し資産も含めた譲渡価額は115億円になる見通し。

誰がどの仕事をどれぐらい担当しているのか把握していないため、日本ではRPA導入の前に業務の棚卸しが重要になってくる。

棚卸し検品端末や商品・食材の発注端末、レストランのステーション端末などPOS業務以外の用途でも活用できる。

将来は店舗で集めた画像データの管理も視野に、調剤の安全性を高めるとともに、棚卸しの時間短縮など調剤薬局の業務効率化につながる提案をする方針。

三洋化成、RPAを年度内導入 社内業務を自動化 (2018/7/19 素材・ヘルスケア・環境)

RPA導入は「社内業務の棚卸し」と並行して進める。

日本IBM、JPXのRPA本格導入を支援 (2018/6/26 電機・電子部品・情報・通信1)

全社で300を超える業務の棚卸しを行い、その中から自動化対象業務を選定した。

「業務棚卸しシート」、「仕事術100選冊子」を提供し「退社時間宣言ツール」を紹介する。 【業務を可視化】 業務棚卸しシートは表計算ソフトがベースで、見直したい業務や...

さらに無線識別(RFID)技術を使い商品に取り付けた電子タグを読み取れ、人手で何時間もかかる商品の棚卸し業務を10分程度でこなす。

銀行、保険やクレジットカード、携帯電話契約などの窓口業務、工場設備点検や品質管理のチェック業務、出荷検品や棚卸しなどの物流業務、問診票や電子カルテなど幅広い分野で活用を見込む。

このBIMMSは、日ごとの生産数量と在庫をリアルタイムに管理するウェブ版生産管理システムであり、「日々決算と棚卸しをする仕組み」(林社長)のシステムになっている。 ...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる