1,463件中、5ページ目 81〜100件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

国の機関である情報通信研究機構(NICT)が30年かけて開発した音声認識と機械翻訳、音声合成の技術を組み合わせています。 高性能の秘密は、人工知能(AI)の深層学習。本や新聞などで使...

NEC、AI使い証券不正取引検出 ディープラーニング融合 (2020/1/6 電機・電子部品・情報・通信)

AI売買審査支援サービスは、ディープラーニング(深層学習)で高精度な予測を実現する「RAPID機械学習技術」と、分析結果の根拠を可視化できる説明可能AI「異種混合学習技術」を活用。

今後は、機械学習によって検索履歴を基に利用者の好みや興味に応じてイベント情報などを表示できるレコメンド機能を設ける計画だ。

JX金属、英新興企業の株取得 先端素材で新事業創出 (2019/12/30 素材・医療・ヘルスケア)

機械学習と冶金学理論モデルを組み合わせた独自のシミュレーション技術を保有し、データがあれば極めて短期間で新合金の設計が可能。

大阪大学大学院医学系研究科の武田朱公寄付講座准教授と森下竜一寄付講座教授らは、視線の検出技術と人工知能(AI)の機械学習による認知症の早期診断システムの事業化のため、大学発ベンチャーのアイ・ブレインサ...

死去日・氏名(年齢)・肩書き 【2018年12月】 25日 鴻池祥肇氏(78)元防災担当相 30日 有吉喜文氏(70)魚喜会長 ...

電機や機械、ロボットのメーカーなどから計19人が参加。... 最優秀賞は、自分の持ち山で伐採から搬出、出荷までを自力で行う「自伐林家」の林を、一般の人に環境学習や林業体験の場として提供することで自伐林...

健康な人27人と手根管症候群患者28人が操作する手の動きを使って、機械学習を行った。 ... 機械学習の結果を開発したテストに反映させたところ、手の動きに現れる特徴から健康な人と手根...

11月2日に岐阜県美濃加茂市に開業した「ヤマザキマザック工作機械博物館」は、まさに工作機械を知ってもらうための施設だ。 ... 機械加工の歴史が理解できる構成となっている。 ...

現場の端末やセンサーと距離的に近い場所に、機械学習などの処理をこなす小型のサーバー・AIを設置し、またスマホや自律走行車などの端末や、各種センサーを装備した街灯AIがエッジとなり、処理を行った情報や知...

量子コンピューターを用いた機械学習プラットフォームの開発も並行して行っており、それぞれ最新版を順次投入する。

ピースピッキング・工場自動化向け機械学習ソフトウエアの米オサロは「2019国際ロボット展」で同社製品「OSARO・Vision」の新機能「オリエンテーションチェッカー」(把持物体の方向検出機能)を発表...

デジタル変革の道 ICT羅針盤(2)「AI」精度確認と再学習 (2019/12/19 電機・電子部品・情報・通信1)

機械学習を用いたAIモデルでは、判断するための規則・手順をデータから獲得する。... NTTデータは、運用中の自動再学習技術を提供している。富士通は、アノテーションの自動化を含む再学習自動化技術を発表...

10台程度の機械を導入するお客さまの工場で、研削機と測定器で構成する工程に当社の協働ロボットとIoT基盤を導入した。... 工作機械を使い慣れたユーザーが簡単にロボットを操作できるようにした。... ...

【人の知識入れる】 一方、ユニ・チャームの九州工場(福岡県苅田町)では、機械の異常を機械が判断できるようなシステムの構築に挑んでいる。日々の日報をAIに学習させ、トラブルが起きた際の...

今回は経済学部の学生が樹脂成型会社で製造と機械チャージ算出、成型品単価見積もりを体験するなど、実習の多面化が進んだ。 ... 大阪石材工業(東大阪市)で体験学習した城東工科高の生徒は...

日本とスイスは、世界の中でも「労働コストが高く、品質管理の自動化ニーズが高い」(CSEMロボティクス&機械学習事業部のフィリップ・シュミット部長)と見ている。... 「我々の強みは、ディープラーニング...

NICTでは、太陽研究者と機械学習研究者が連携し、世界に先駆けて太陽フレアAI予報システムを開発、今年4月に運用を開始した。... 深層学習を適用したことでフレアの発生確率が予報可能になり、予報精度は...

ゼノバやクランクなどのメカニズム、動力となるアクチュエーター、センサー、コントローラーといった機械の構成要素を小型化・モジュール化した。自由に組み合わせて生産現場を再現し、からくりを体感しながら学習で...

中部電、金属材の錆レベル自動判定 画像処理・機械学習活用 (2019/12/10 建設・生活・環境・エネルギー1)

【名古屋】中部電力は画像処理と機械学習を用いて金属材料の錆レベルを自動判定する技術を確立した。機械学習アルゴリズムと深層学習(ディープラーニング)ソフトウエアを用いて、色や輝度、形状などの特徴を基準に...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

未来の科学者との対話18
第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話18 第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい冷凍空調技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい冷凍空調技術の本

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる