電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

1,173件中、5ページ目 81〜100件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.014秒)

2023年に周年記念を迎える企業 (2023/1/10 編集特集)

米国発祥であるものの、弁当の販売やPOSシステムの導入など日本市場に合わせた独自の高収益ビジネスモデルを築いた。... 2023年に周年記念を迎える企業(順不同) 1...

化粧品各社、生産体制を拡充 ウイズコロナで新たな需要 (2022/12/30 素材・医療・ヘルスケア)

花王 磁力活用新生産システム、無人化に近い操業可能 花王は化粧品事業で多様化ニーズに応える、磁力を活用した「フローティングリニア技術」による新生産システム...

前身の山本鉄工所は1961年、自動車部品を量産する鉄工所として産声を上げ、その後は試作部品など多品種少量生産へと転換を遂げてきた。... 多品種少量生産に特化した生産システムを確立し、米航空宇宙局&#...

ロボットを活用するラインの構築で難しかったのが、現場ごとのロボット導入に関するヒアリングと、ロボットシステムと生産管理を連携させるという2テーマ。... 結果的に、複数のロボットを組み合わせた生産シス...

また最近は環境に配慮したモノづくりの観点から、有機溶剤を使用する作業ブースの小型化も求められており、生産システム全体をコンパクト化する必要性にも迫られている。 ... ロボット事業部...

JEMS、ロボ活用システム外販 生産国内回帰に照準 (2022/12/6 電機・電子部品・情報・通信1)

ジャパン・イーエム・ソリューションズ(JEMS、兵庫県加東市、高橋英明社長)は、新規事業としてロボットを活用した生産システムや生産管理システムの社外向け販...

平田雄一郎社長は、平田機工の前身となる会社を創業して生産システムを手がけるシステムインテグレーターの礎を築いた祖父に幼い頃からそう言われてきた。... 30代で渡米して現地法人で自動車メーカーから生産...

化粧品、多種小ロットに威力 花王は化粧品事業で多様化ニーズに応えるため、磁力を活用した「フローティングリニア技術」による新生産システムを開発、2023年内に稼働する方針だ。... &...

神戸大学の津田明彦准教授らは、紫外光を用い96%という高い変換効率で気体状態のクロロホルムからホスゲンを原料とする医薬品中間体やポリマーを製造する連続合成生産シス...

中国を中心に生産拠点を世界中に分散させ、効率的な生産システムをつくり、コストを引き下げた。

日特陶は今回の提携を通じて、IMCのスケールメリットを生かした調達業務の円滑化や商品群の強化、生産システム・ノウハウの共有による合理化、開発スピードの向上を図る。

さらに、労働力不足の人口減少社会を背景に、人型ロボットの需要が急速に高まることを予測して、自動車生産台数以上のロボット生産を行うとまで明言した。 ... 頭脳であ...

殿堂入りしたのは、制約理論の創始者エリヤフ・ゴールドラット博士、米アマゾン・ドットコムの創始者ジェフ・ベゾス氏、トヨタ生産システムの生みの親である故・大野耐一氏らだ。

建設技能者の慢性的な人手不足と現場の生産性向上が課題となる中、早期の実用化につなげる。... システム管理者1人が作業内容を入力・指示することにより、自律運転するバックホウ(油圧ショベル...

自動車向け効率生産 ササヤマ(鳥取市、笹山勝社長)は1972年の設立以来、長年にわたって家電用金型を手がけてきた。... 多関節ロボットによる金型部品生産システムを導...

天田財団、今年度前期の助成テーマ90件(2) (2022/10/5 機械・ロボット・航空機1)

【研究開発助成/一般研究開発助成(塑性加工)】▽長坂明彦/長野工業高等専門学校工学科・機械ロボティクス系「自動車用超高強度鋼板の遅れ破壊と温間プレス加工法の確立」▽...

三菱電機、3年ぶり社内技能大会 115人がモノづくり能力競う (2022/9/30 電機・電子部品・情報・通信)

競技主査の須藤広一生産システム推進部金型課長は「開催できていない間でも、しっかりと技能伝承できている」と参加者のレベルの高さを評価した。

商用化設計を含め17年には事業性評価を行ったが、商業生産には至っていない。... 同社はキャッサバ残渣専用の酵素を開発し、新たな生産システムにより事業モデルの確立を目指す。 糸状菌を...

抗体医薬品の旺盛な製造受託ニーズを受け、デンマーク拠点に大型タンクを追加増設するほか、米テキサス拠点に2例目となる自社開発の連続生産システムを導入する。... 加えて同社の特徴となるのが、バッチ式に比...

ロボットシステムインテグレーターの筑波エンジニアリング(茨城県阿見町、大槻歩社長)は、2023年1月をめどに組立工場を新設し、大型の自動化装置の生産を本格的に始める...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン