105件中、5ページ目 81〜100件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

眼科医が患者の眼球を手で圧迫しながら眼底検査などをできるようにメガネフレーム式を採用。

キヤノンは無散瞳型デジタル眼底カメラ「CR―2」を12月1日に国内で発売する。... 眼底検査は眼科疾患のほか、高血圧や動脈硬化の進行、糖尿病などの発見の手がかりになるとされている。

京大の生命科学、先端医工学などの研究者とキヤノンの100人以上の技術者らが、眼底を観察して生活習慣病を早期発見する「光干渉断層イメージング」(OCT)、がんを造影剤などを使わずに新生血管で診断する「光...

他の網膜疾患と異なり眼底検査では全く正常で、黄斑部の機能を調べる特殊な装置が必要なため、弱視や心因性の視力障害などと誤診されることが多いという。

眼鏡レンズメーカーのアスリージャパン(福井県鯖江市)とマグティク(同)が、紫外線を100%カットするうえ、眼底部まで到達しやすい近赤外線を95%、可視光線の中でもまぶしく感じられ目に悪いとされる青色光...

眼科医が片方の目を使って眼底検査などを行う時の診察器具で、患者の目に光を当て眼球の奥の部分を観察する。

名称は「手術中蛍光眼底造影装置」。糖尿病網膜症などの手術中に、蛍光眼底造影ができるのが特徴。... 手術時に眼球内に挿入した同プローブから特定波長の拡散したレーザー光を連続照射することで、手術中の蛍光...

現在の医療機器事業は数百億円の売り上げで、眼底カメラとX線デジタル撮影装置が主な製品だ。

眼科医が眼底検査に使う医療機器で、患者の眼に光を当て反射した映像をレンズで集めて眼の奥の部分を観察する。

キヤノンはX線デジタル撮影装置や眼底カメラ、光干渉断層計(OCT)装置などを扱っており、医療機器のラインアップを拡充し事業拡大を狙う。

トプコンは低い光量で蛍光撮影ができる無散憧眼底カメラ「TRC―NW8F」を発売した。カラー眼底撮影や、蛍光色素を血管内に注入して眼底を検査する蛍光撮影、特殊フィルターを眼底カメラに挿入して撮影するレッ...

眼底とは眼球の奥の部分のことを言います。... (4)網膜の動静脈=これらの血管は、脳内の血管を反映しており、その点では眼底検査は目を窓として、脳内を観察していることになります。

トプコンは3次元眼底像撮影装置「3D OCT―2000=写真」を10月に発売する。従来機のコンセプトの眼底カメラと光干渉断層計の融合を踏襲。眼底像撮影と断層像撮影を同時に行える。

キヤノンは眼科向け眼底カメラ専用のデジタルユニットを搭載した散瞳・無散瞳一体型デジタル眼底カメラ「CX―1=写真」を10月1日に発売する。... 眼底カメラは従来、カメラ表示部のほか、パネルが付くタイ...

キヤノンはすでに眼底カメラとX線撮影装置を販売するが、売上高は数百億円でキヤノンにすれば1事業と数えられる規模ではない。... 現在、光超音波マンモグラフィーや眼底検査用の光干渉断層計(OCT)システ...

眼底検査に依存しているこれまでの緑内障診断に代わり、SNPsを“目印”に緑内障の発症を事前に予測する新たな診断法の確立につながる成果で、米科学アカデミー紀要電子版に掲載された。 ... 緑内障...

健康状態を検査する人間ドックでは、眼圧検査や眼底検査を行うが、正常眼圧緑内障は眼圧検査で発見することができず、眼底検査でも初期の緑内障の微妙な変化をとらえることは困難である。

キヤノンMJは医療関連機器では、X線デジタル撮影装置や眼底カメラなどを扱っている。

技術をベースにした商品とサービスで、海外における売り上げを伸ばす」 ―3次元眼底像撮影装置などアイケア事業の状況は。 ... 従来は眼科医院向けが多かったが、生活習慣病検診の2次検診で...

【豊橋】ニデック(愛知県蒲郡市、小澤素生社長、0533・67・6611)は、自動で撮影できる眼底用カメラ「オート無散瞳眼底カメラAFC―230」を発売した。... 被験者が注意しても眼球は微妙に動くた...

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる