電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

111件中、5ページ目 81〜100件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.075秒)

鉄道建設・運輸施設整備支援機構の剰余金を活用した経営安定化特別債券の発行が決まった。 ... 四国の鉄道ネットワークの維持、発展が当社の使命と再認識した。... 10月の鉄道収入は前年比5カ月...

五洋建設は山岳トンネル工事における各種計測データを一元管理し、変位予測や支保工の目安を示す計測管理支援システム「ペンタNAISS」を開発、実用化した。... 鉄道建設・運輸施設整備支援機構発注の北海道...

国内向けには、特急券不要で都心と成田空港を最短58分で結ぶ“アクセス特急”を訴求し、一層の利用者を増加する」 《スカイアクセスの活性化策を進める裏には、線路を共用するグループ会社、北...

1次補正には、がれきの処理やライフライン・道路・港湾・学校などの復旧策、金融支援策や雇用対策を盛り込む。... 基礎年金の国庫負担割合を2分の1に維持するため取り崩す予定だった鉄道建設・運輸施設整備支...

決算検査報告の結果からは国土交通省が所管する鉄道建設・運輸施設整備支援機構の利益剰余金1兆2000億円の国庫返納などで1兆4368億円の歳入を確保。

繊維産業では航空機や次世代自動車への応用が期待されている炭素繊維や介護用ロボット、コンバートEVといった新分野に挑戦している企業も支援していきたい」 ―北陸新幹線も開通間近です。&#...

基礎年金の国庫負担を2分の1に維持するのに必要な2兆5000億円の財源については、11年度限りの措置として、国土交通省所管の鉄道建設・運輸施設整備支援機構の剰余金1兆2000億円に加え、財政投融資特別...

政府は21日、国土交通省所管の「鉄道建設・運輸施設整備支援機構」が抱える剰余金1兆5000億円のうち1兆2000億円を国庫へ返納させることを決めた。... 【JR4社に6000億円/貸し付け...

職業訓練を受けながら求職活動をしている失業者の生活費を支援する「求職者支援制度」についても、11年10月の創設に向けて一般会計から労働保険特別会計へ173億円繰り入れることで決着した。 ...

鉄道建設・運輸施設整備支援機構、日洋海運、東海運、本瓦造船との共同受賞。

財源の捻出(ねんしゅつ)について事業仕分け第2弾前半では、鉄道建設・運輸施設整備支援機構に対し、1兆3500億円の利益剰余金の国庫返納を求めるなどの成果もあった。

【常務執行役員本社土木本部執務】高山博文(たかやま・ひろふみ)氏 【横顔】長年の鉄道建設で培われた豊富な知識と、何ごともないがしろにしない一途さ、厳しさを併せ持つ。... 【略...

環境省所管の環境再生保全機構の仕分けでは、全国46地域で実施しているぜんそくなどの公害健康被害予防事業が対象となった。... 多くの評価者は機構が同事業の一環で開催している環境対応車の展示会(...

西松建設は9日、携帯電話のインターネット機能を使った生コンクリートの配合や出荷時間、現場での打設作業進ちょくまでプロセスを一貫管理する「コンクリート打設管理システム」を開発したと発表した。鉄道建設・運...

JR東海と鉄道建設・運輸施設整備支援機構は13日、東京―大阪間の中央リニア新幹線計画の維持運営費などのデータを発表した。

あおぞら銀行はアレンジャー(主幹事)となって、鉄道建設・運輸施設整備支援機構への総額193億円のシンジケートローン(協調融資)をまとめた。

1995―96年に日本鉄道建設公団(現鉄道建設・運輸施設整備支援機構)に出向した際、JR東西線の開業準備を担当。... 「鉄道は造り直しができない分、最善な鉄道ネットワークにしたい」と...

JR東海と鉄道建設・運輸施設整備支援機構は21日、東京―大阪間で計画している中央リニア新幹線建設計画のうち東京―名古屋間の維持運営費、設備更新費、輸送需要量の試算を発表した。

JR東海と鉄道建設・運輸施設整備支援機構は18日、東京―大阪間で計画している中央リニア新幹線建設調査に関する工事費概要を発表した。

日本の鉄道技術者のトップとして、世界へ新幹線やリニアモーターカーを売り込む舞台での見識に期待が集まる。 【略歴】68年(昭43)京大工卒、同年日本鉄道建設公団(現鉄道建...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン