91件中、5ページ目 81〜91件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

大阪大学大学院医学系研究科の川瀬一郎教授、阪大微生物病研究所の目加田英輔教授らは、作製した慢性閉塞(へいそく)性肺疾患(COPD)モデルマウスを用いた実験で、肺気腫の形成や骨密度の低下などを確認した。...

現在の製品は超音波骨密度測定装置、血液分析などの生化学自動分析装置、米国のベンチャー企業と提携したDNAマイクロアレイ合成装置などがある」 ―経営戦略は。

大阪大学大学院工学研究科の中野貴由教授とリガク(東京都昭島市、志村晶社長、042・545・8111)は、マウスやラットなどの骨質(アパタイトの配向性)と骨密度を同時に測定できるX線回折装置「R―AXI...

広島大での有効性検証実験では、骨粗しょう症のマウス(10検体)に、6―12週間カルシウム黒豆を投与した。結果、メスの平均で1立方メートル当たり560ミリグラムだった全骨密度が680ミリグラムまで回復し...

研究ではX線構造解析により、骨がアパタイト結晶の向きによって腕や顎(あご)骨など部位に応じた機能を発揮していることを見いだしている。 ... 骨密度が十分であったとしても、アパタイト結晶に異方...

まず、医学部内の新施設で市民ボランティアに運動コーチングと骨密度などのデータ測定を行う。

DW―1350は、骨芽細胞活性化作用を持つ経口投与可能な低分子化合物で、骨形成を促進することで骨密度を増加させ、骨折のリスクを軽減する。また既存薬に用いられているビスフォスフォネート剤や破骨細胞機能抑...

タマノイ酢のスタッフが体脂肪計や骨密度計などの機器を使い来場者の健康チェックなどを実施する。

骨密度や皮膚症状など、ダイオキシン類が人体に与える影響を疫学調査によって解明する。

フィンランドのニューテスト(オウル市)は、オウル大学の研究成果を基に骨粗しょう症予防を目的とした骨運動モニター機器「ニューテスト・ボーン・エクササイズ・モニター(NBEM)」を開発した。... ジャン...

長期投与試験では、低エストロゲン状態による更年期様症状を起こしにくく、骨密度の累積的な減少や体重の変動を認めない結果が得られている。

おすすめコンテンツ

メカニズム展開で開発生産性を上げろ
品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

メカニズム展開で開発生産性を上げろ 品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

2021年度版 技術士第二次試験 
「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2021年度版 技術士第二次試験 「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

例題練習で身につく 
技術士第二次試験論文の書き方 第6版

例題練習で身につく 技術士第二次試験論文の書き方 第6版

幾何公差<見る見るワカル>演習100

幾何公差<見る見るワカル>演習100

わが青春の碑 
人生は旅、人は旅人

わが青春の碑 人生は旅、人は旅人

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる