914件中、5ページ目 81〜100件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.021秒)

京都大学iPS細胞研究所(CiRA)の長船健二教授らは、ヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)を使い、腎臓で尿を排せつする経路「集合管」の元となる組織を大量作製することに成功した。iPS細胞から集合管の元...

横浜市立大学大学院医学研究科の谷口英樹教授らは、再生医療での細胞移植において良性腫瘍の原因とされる未分化のヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)を高感度に検出するマーカー(目印)遺伝子を特定した。... ...

iPS細胞(人工多能性幹細胞)を中心とした再生医療の研究・開発を強化するため、実験スペースを拡張する。... 同社は免疫拒絶のリスクを低減する次世代iPS細胞「ユニバーサルドナーセル」などを開発中。細...

理研の最前線(70)遺伝子材料、幅広く貢献 (2020/7/20 科学技術・大学)

加えて、ゲノム編集技術を用いて、分化状態を可視化する蛍光たんぱく質マーカー遺伝子を導入したiPS細胞(人工多能性幹細胞)や、遺伝子ノックアウトなどのマウス系統を作製することにより、先端的なリソースを拡...

荻沼助教らは活発な細胞増殖と細胞分化が促進されている「尾芽」という領域に着目。... 細胞内の水素イオン濃度を操作すると、頭から下の体幹形成が早くなった。 次にヒトiPS細胞(人工多...

【iPS作製】 今世紀に入ってからの細胞培養分野における金字塔は、ご存じの方も多いと思うが、京都大学の山中伸弥教授が開発し、ノーベル賞を受賞した、iPS細胞(人工多能性幹細胞)の作製...

京都大学iPS細胞研究所の趙明明研究員と桜井英俊准教授らは、ヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)から筋肉を再生する能力を持つ骨格筋幹細胞を作ることに成功した。... 胎児期の骨格筋の発生過程を再現した幹...

千葉大学と理化学研究所は29日、ヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)から作ったがんを攻撃する免疫細胞を、顔や首にできる「頭頸部(けいぶ)がん」の患者に移植して治療する医師主導の臨床試験(治験)を夏にも始...

京都大学iPS細胞研究財団(京都市左京区)は、京大発ベンチャーのメガカリオン(京都市下京区)が2021年に行う治験で使うヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)由来の血小板の製造を受託した。傷口をふさぐ血小...

京都大学は24日、柳井正ファーストリテイリング会長兼社長(写真中央)から本庶佑特別教授(同左)と山中伸弥iPS細胞研究所所長(同右)へ50億円ずつ、10年間で総額100億円の寄付を受けると発表した。....

京都大学iPS細胞研究所(CiRA)と京大医学部付属病院、大阪市立大学は24日、新型コロナウイルス感染症の病態解明や医薬品開発で、共同研究契約を結んだと発表した。12日に感染拡大防止のため大阪府を含め...

大阪府は12日、京都大学iPS細胞研究所(CiRA)と京大医学部付属病院、大阪市立大学医学部とで、新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた共同研究と検査体制の充実を図る連携協定を結んだと発表した。......

厚生労働省は11日、iPS細胞(人工多能性幹細胞)由来の網膜シートを移植する臨床研究計画を承認した。... 他人由来のiPS細胞をもとに網膜シートを作製し、成人患者2人の網膜に移植する。... 京都大...

【未分化iPS】 ヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)は無限に増える能力と、さまざまな細胞に分化できる能力を持つことから、再生医療への応用が期待されているが、「造腫瘍性」という課題があ...

糖尿病患者のiPS細胞(人工多能性幹細胞)から血管の収縮に関わる細胞を作製。動脈硬化などの血管に障害がない糖尿病患者のiPS細胞で作った細胞では、中性脂肪を加水分解することが知られている酵素「小胞体エ...

富士フイルムは4日、iPS細胞(人工多能性幹細胞)で腎疾患の治療法の実用化を目指す再生医療ベンチャーのリジェネフロ(京都市左京区)に、1億円出資したことを発表した。... リジェネフロは、腎臓の基とな...

京都大学iPS細胞研究所の井上治久教授らの研究チームは4日、遺伝性のアルツハイマー病を対象に、パーキンソン病治療薬などとして使われる「ブロモクリプチン」の治験を始めると発表した。iPS細胞(人工多能性...

ヘリオスは3日、免疫拒絶反応を起こしにくい次世代iPS細胞(人工多能性幹細胞)「ユニバーサルドナーセル(UDC)」について、遺伝子発現などの評価を終え研究に使える細胞を完成させたと発表した。今後、安全...

京都大学iPS細胞研究所(CiRA)が進めてきたiPS細胞(人工多能性幹細胞)の製造や提供、品質評価といった事業を引き継ぐ。... 神戸アイセンターの計画は、遺伝子変異が原因で網膜の視細胞が失われてい...

東大、iPS心筋細胞をAIで管理 (2020/6/3 科学技術・大学)

東京大学大学院薬学系研究科の池谷裕二教授らは、人工知能(AI)を使って、ヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)由来の心筋細胞が心臓のようにきちんと脈打つかを自動判別する手法を開発した。心筋細胞の形態や生理...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建設機械の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建設機械の本

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる