電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

550件中、5ページ目 81〜100件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

連続生産3年以内に確立 仁科マテリアル(岡山市北区、仁科勇太社長)は、カーボンナノチューブ(CNT)などナノカーボン材料の一つであ...

大林組など、2回目のケーブル材耐久性実験 宇宙エレベーター構想 (2020/6/18 建設・生活・環境・エネルギー2)

実験は宇宙空間にある国際宇宙ステーション(ISS)「きぼう」の日本実験棟の船外実験プラットフォームを利用し、ケーブル材料となるカーボンナノチューブ(CNT)材の耐久性を...

阪大など、CNT準粒子の相互作用解明 (2020/6/8 科学技術・大学)

大阪大学レーザー科学研究所のバグシカン・フィルチト・レニ・ゴッコン特任研究員と斗内政吉教授らは、カーボンナノチューブ(CNT)に電磁波のテラヘルツ波を照射し、エネルギーを吸収した粒子&...

ジェイマックスはカーボンナノチューブ(CNT)を含む潤滑油や包丁の販売会社。

筒状炭素分子「カーボンナノチューブ(CNT)」やシート状の炭素材料「グラフェン」などのナノカーボンに炭素以外の元素を埋め込むと物性を大きく変えられるため研究が進んでいる。

例えば、CNTを配合したゴムや樹脂の複合材料では、CNTは互いに絡み合った複雑なネットワーク構造となっており、それら構造をいかに計測し制御していくかが重要である。... (木曜日に掲載)...

TPRはカーボンナノチューブ(CNT)を活用した新事業を本格化する。... 電子の伝導性を高める機能を持つ導電助剤に、独自のCNTを活用する。... CNTを活用し...

カーボンナノチューブ(CNT)もサンプルを提供しており、商品開発を進めている」 ―2020年の市場見通しは。

きれいに並んだ大きなCNFに小さなCNTが巻き付き、CNFの間をつなぐように分散していることが分かった。... 次世代の熱伝導性フレキシブル材料として、CNFやCNTの複合材料の開発が進められている。...

ロシア運輸省は、国道の舗装工事で、アスファルトの強化剤として、オクサイアル(ルクセンブルク)の単層カーボンナノチューブ(SWCNT)を使用した。 モス...

塗布型半導体で無線通信 東レが低コスト作製 (2020/1/21 素材・医療・ヘルスケア)

東レは20日、高性能半導体カーボンナノチューブ(CNT)複合体を用いた塗布型無線識別(RFID)を作製し、塗布型半導体として、世界初の極超短波(UHF)...

杉田電線、電線の芯にCNT採用 銅使用量を削減 (2020/1/14 電機・電子部品・情報・通信1)

CNTに銅メッキを施し、その上をエナメルで被覆する。... 2層CNTを用いた電線のサンプル出荷ができる状態を整えた。... すでにCNTを製造できる設備を導入している。

早川ゴム、UV照射で剝離・硬化の粘着剤2種開発 (2019/12/16 素材・医療・ヘルスケア)

また、UV照射により硬化するアクリル系の強粘着剤は異種材料や熱伝導材料(TIM)、カーボンナノチューブ(CNT)、窒化ホウ素(BN)など、くっつきにくい...

多層カーボンナノチューブ(CNT)の電極に酸素官能基を導入することで、発電効率を大幅に向上できた。... 脇准教授らは、酸処理でカルボキシル基やフェノール基などの酸素官能基を修飾した多...

カーボンナノチューブ(CNT)などナノ材料の表面の状態を評価でき、材料開発への貢献が期待される。 ... CNT材料の機能に影響するCNTの束状の構造(バンド...

輝け!スタートアップ(7)スペースリンク (2019/7/18 中小・ベンチャー・中小政策)

その後、カーボンナノチューブ(CNT)が役に立ちそうだと分かり、電池開発に力を注ぐため前職を早期退職してスペースリンクを設立した。 ... 同社はキャパシタの電極にC...

CNT事業で3年後、10億円の売り上げを目指す。 ... 単層や多層のCNTを均一に分散した分散液を製造する。主にCNT分散液の試作品開発や品質評価を行う。

大成化研、油不使用のCNT潤滑剤 食品工場ロボ向け (2019/7/9 機械・ロボット・航空機2)

同潤滑剤はナノサイズ(ナノは10億分の1)のCNT粒子をアルコール溶液中に分散させた。... 大成化研は2016年にCNT粒子入り潤滑油を発売した。... CNT潤滑油は自転車のチェー...

さらにデンソーウェーブの原昌宏氏らが2次元コード(QRコード)の開発で14年にポピュラープライズを、カーボンナノチューブ(CNT)を発見した飯島澄男氏らが非ヨーロッパ諸...

主力の研究ではカーボンナノチューブ(CNT)もあり、こちらも派生研究に力をいれ、大学としてのブランド力を高めていく」 ―人工知能(AI)、IoT...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン