電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

118件中、6ページ目 101〜118件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.015秒)

また他の昆虫にはある免疫系の遺伝子を多く失っていることや共生関係にある「ブフネラ」という大腸菌に近縁の細菌と補い合う代謝系を持つことも判明。

「3Dコンピュータグラフィクスのための直感的デザインインタフェースに関する先駆的研究」で功績のあった東京大学大学院情報工学系研究科の五十嵐健夫准教授(36)ら理工科系、生物系分野などの...

ラパマイシンはじめmTORを阻害する現行の抗腫瘍(しゅよう)薬は、がん細胞に対して強い抑制効果はなく、免疫系での副作用も課題だった。

幹細胞とがん細胞とで生物学的特徴が似ていることを利用し、幹細胞で免疫系をだまして、がん細胞に対する免疫を人為的に活性化する仕組み。 実験で結腸がんのマウスにヒトES細胞を投与したところ、がん細...

加齢やがんに伴う免疫系の機能の低下は従来、回復しないと考えられていたが、このTリンパ球集団を狙って排除すれば回復できる可能性が出てきた。... これ以外のTリンパ球は加齢した個体でも、若い個体のTリン...

イネいもち病菌の細胞壁を分析したところ、イネに侵入した時に、イネが認識不可能なある物質で表面を覆い、免疫系をだましていることを突き止めた。... 植物が病原菌の侵入を確認すると、免疫システムが発動。....

塩野義薬が北海道大学と共同研究している糖鎖解析技術を生かし、がんや免疫系などの病気診断を米国で行う。

同社では腸管免疫系を介した感染症や、アレルギー発症予防につながると見ている。 ... この結果、2種の乳酸菌が呼吸器官の免疫調節作用を強化し、インフルエンザ感染防御に役立つ可能性を確認した。

これが自己免疫疾患、または膠原(こうげん)病と呼ばれる疾患である。 今から20年ほど前の研修医時代に、膠原病の症例は、免疫系全体の細胞がまるで「箍(たが)」が外...

東海大学の穂積勝人准教授らの研究グループは、人間の免疫系で重要な役割を果たしているTリンパ球(T細胞)ができる仕組みを明らかにした。... T細胞の生成メカニズムが明らかになったことで...

メルクは新戦略で、糖尿病・肥満、動脈硬化・循環器系疾患、筋骨格系・呼吸器系・免疫系・内分泌系疾患、がん、ニューロサイエンス・眼疾患、ワクチン、感染症の領域別に1拠点体制にすることを決めた。

群馬大は神経系と内分泌系、秋田大は免疫系の研究を得意としている。... 神経系はもとより内分泌系や免疫系も情報伝達物質を放出し、その物質を受容した別の細胞の状態を変化させることで、システム全体が機能す...

免疫反応を抑制するのが一般的な従来の治療法と異なり、神経系に作用し、皮膚をかきたくなる反応を妨げる。... アトピーは皮膚の免疫系の異常により生じるため、免疫反応を抑制する抗ヒスタミン剤の服用やステロ...

こうした現状を打開すべく、日大生物資源科学部で獣医学を教えている桑原准教授が編み出したのが、動物の免疫系を利用した治療法だ。 ... 桑原准教授は、リンパ球の一種で免疫系をつかさどる細胞である...

そこで患者由来の細胞を使い、免疫系を高める療法を開発。

細胞の培養に必要な養分は微小かごの中を通り抜ける半面、分子量15万程度の免疫抗体を通さないなど免疫系からの攻撃や汚染の原因となる細菌などをシャットアウトできる。

学際的な研究者が結集しがん、心臓・血管系、中枢神経と免疫系、インフルエンザやマラリアなど感染症などについて基礎研究に重点を置いた研究に取り組む。

その機序は、アレルゲンが免疫系を刺激して産生するIgE抗体が中心となり、肥満細胞から放出されるヒスタミンやロイコトリエンなどの化学遊走物質がアレルギー症状の原因物質となって、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン