電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

465件中、6ページ目 101〜120件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

木村周社長は「食品、化粧品、エネルギーなど藻類の活用用途は幅広い。... 同社が培養した藻類はカラフルだ。... 他の企業とも協働し、藻類の可能性を広げる。

インク溶剤をCO2から合成 サカタインクスなど技術開発 (2021/6/24 素材・医療・ヘルスケア)

藻類のスピルリナからエタノール、脂肪酸エチルエステル(軽油代替燃料)などの有機化合物を合成する基礎研究や技術開発にも取り組む。

木村社長は「藻類には多くの可能性がある。... 藻類は二酸化炭素(CO2)削減にも貢献できる。... ニーズに合った藻類を提供する「藻類プラットフォーマー」を目指す。 ...

改訂版案には、バイオ関連市場拡大に向けた取り組みとしてバイオ医薬品などの開発・生産体制の強化や、海の藻類などが吸収する二酸化炭素(CO2)「ブルーカーボン」関連技術の開発などを盛り込ん...

地衣類は藻類と共生する菌類で、樹木の幹や家屋の壁などあらゆる所に生息する。

ユーグレナとデンソーは、微細藻類「コッコミクサKJ」が、歯周病の原因菌「ジンジバリス菌」の増加を抑制することを確認した。... ユーグレナとデンソーは2019年に微細藻類を活用した事業開発で包括提携し...

ちとせバイオは太陽光を効率的に利用して藻類を量産する技術を持つ。... 藻類1キログラムの生産コストを300円以下に抑えて供給する。... 三井化学やホンダも化石代替原料として藻類の活用に取り組む。&...

本格研究では竹内教授らの3次元筋組織構築技術のほか、大阪大学による血管や脂肪の細胞を培養する技術、東京女子医科大学による藻類由来の培養液開発技術を結集。

ユーグレナは9日、11日までの3日間限定で微細藻類「ユーグレナ」と使用済み食用油を混合した「ユーグレナバイオディーゼル燃料」の販売を始めた。

伊藤忠商事がユーグレナなどと共同で、微細藻類ユーグレナをインドネシアで培養する取り組みを進めている。... 微細藻類ユーグレナは、光合成によって二酸化炭素(CO2)を吸収するほか、酸素...

微細藻類「ミドリムシ」の特有成分であるパラミロンを使ったバイオマスプラスチックの一つ「パラレジン」の技術開発・普及を推進し、循環型経済の実現に寄与する。

DICグループは藻類のスピルリナの年間約1000トンの培養に成功。

大阪大学大学院情報科学研究科の清水浩教授と戸谷吉博准教授、神戸大学大学院理学研究科の秋本誠志准教授らは、微細藻類「シアノバクテリア」が光を過剰に受ける「超強光ストレス」環境で生育可能になる遺伝子変異を...

ユーグレナは15日、微細藻類「ユーグレナ」由来で国際規格に適合したバイオジェット燃料が完成したと発表した。

らせん形状の藻類を金属でメッキした構造物を作製。... 藻類の一種「スピルリナ」を金や銀、ニッケルなどでメッキし、長さ100マイクロメートル(マイクロは100万分の1)、直径30マイク...

営業強化、消費者向け販売拡大 神鋼環境ソリューションは、2017年に微細藻類ユーグレナ(ミドリムシ)を原料とする食品事業に参入した。

ゲノム編集に“光” 食品の品種改良加速 (2021/1/7 科学技術・大学)

例えば、微細藻類はエネルギー分野であれば、航空用ジェット燃料に当たるような燃料づくりに貢献できるだろう。

藻類培養のバイオ燃料やCO2吸収型コンクリートは既存品と同水準価格を目指すほか変換効率の高い光触媒は製造コストの2割減を図る。

粒子サイズが35ナノメートル(ナノは10億分の1)の酸化亜鉛ナノ粒子を植物の根や藻類に投与し、細胞増殖量とクロロフィル含有量が向上し、成長促進効果があることを確かめた。 ...

中村科学器械、振り子式撹拌子開発 磁力で回転、すりつぶさず (2020/11/19 中小・ベンチャー・中小政策)

藻類など、頑丈な植物細胞は撹拌に耐えると見込んでいる。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン