122件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.016秒)

“コロナ時代”や脱炭素社会のユーチューバーと言えそうな2人はどんな人物なのか。... 感染症対策でテレワークやオンライン会議が増え、デジタル関連のエネルギー消費に伴う二酸化炭素(CO2)排出増加が懸念...

2021年度概算要求に反映させ、脱炭素社会への移行につながる事業に予算を振り分ける。

三菱重工エンジニアリング(横浜市西区、寺沢賢二社長、045・200・9600)は、二酸化炭素(CO2)の回収プラント事業を拡大する。... 「脱炭素社会」を見据えたビジネスモデルの構築を目指す。...

経済産業省は、脱炭素社会の実現に向けて「再エネ経済創造プラン」の策定に乗り出す。非効率な石炭火力発電所の段階的な休廃止を表明する一方で再生可能エネルギーを核とした経済の構築を図るた...

尾身会長は「新型コロナはウイルスの問題だが日本社会が試された問題でもある。... マニフェストはDX、脱炭素社会、働き方改革と人材育成などをテーマに掲げた。

脱炭素社会を実現するため、環境関連のインフラ投資に4年間で2兆ドル(約214兆円)を投じるほか、2035年までに電力部門の二酸化炭素(CO2)排出ゼロを目指す。

デジタル・バイオ両輪 環境省は「脱炭素」「循環経済」「分散型社会」への“三つの移行”によって、コロナ後の日本の経済と社会の再設計を狙う。... 企業とは脱炭素社会の構築を進めていくこ...

脱炭素社会の実現をめぐって欧州を中心に二酸化炭素(CO2)排出量が多い発電方法に批判が高まる中で従来の戦略を見直し、温暖化対策を進めない国に対して支援しない原則を打ち出す。 骨子は温...

ニュース拡大鏡/環境相、発言に勢い戻る “脱炭素”かじ取り自信 (2020/7/9 建設・生活・環境・エネルギー2)

そして7月8日には再び中西会長に会い、経団連幹部と脱炭素社会の実現に向け意見交換をした。 ... 【政策に風穴】 日本気候リーダーズ・パートナーシップが脱炭素社会へ...

リコーは脱炭素社会実現の取り組みを加速している。... 「19年度は、二酸化炭素(CO2)排出量を前年比3万6000トン減の33万8000トンに抑え、特に欧州と中国で再生可能エネルギー導入を推進した。...

梶山弘志経済産業相は閣議後会見で、「脱炭素社会の実現を目指すために実効性のある新たな仕組みを導入する」と述べた。

持続可能な開発目標(SDGs)達成への貢献を宣言した企業にとっては、新しい経済・社会構築に参加できるチャンスだ。... パリ協定達成を目指す企業の国際活動『SBT』は、各国政府と連携したグリーンリカバ...

「炭素価格付け」導入を JCLPがコロナ後の対策要望 (2020/6/26 建設・生活・環境・エネルギー)

イオンや積水ハウスなど140社以上が参加する日本気候リーダーズ・パートナーシップ(JCLP)は25日、新型コロナウイルス感染収束後、二酸化炭素(CO2)を排出しない脱炭素社会への移行を促進する経済対策...

日本エヌ・ユー・エス(JANUS、東京都新宿区、近本一彦社長、03・5925・6710)は、インドネシアなど3カ国の都市の脱炭素化を支援する取り組みが環境省の事業に採択された。... 脱炭素技術の適用...

日本は、昨年国連に提出したパリ協定長期戦略で、今世紀後半できるだけ早期に世界の「脱炭素社会」の実現をめざすという長期目標を掲げた。... 政府の事業支援の方針も、相手国が脱炭素社会に向かうその道筋と合...

新型コロナウイルスの大流行で傷ついた社会を、二酸化炭素(CO2)を排出しない脱炭素型につくりかえる「グリーン・リカバリー(緑の回復)」を求める日本企業が増えている。... 参加した...

積水ハウスはESG(環境・社会・企業統治)への取り組みをまとめた「サステナビリティレポート2020」を発行した。... S(社会)ではAIを活用した生産品質管理や人材育成が登場する。... 気候変動が...

ESG(環境・社会・企業統治)投資の呼び込みのほか、異業種や産学官の連携を図る。... 賛同企業は、脱炭素社会の実現に貢献するイノベーションに果敢に挑戦するなどとした「チャレンジ・ゼロ宣言」をし、具体...

政府の2020年版エネルギー白書は、エネルギーシステムの強靱(きょうじん)化と、パリ協定の運用開始に伴う脱炭素化に焦点をあてた。産業界にとって重要なのは、低コストのエネルギーを安定して供給できる体制と...

日鉄エンジ、環境省の業務採択 (2020/6/4 素材・医療・ヘルスケア)

日鉄エンジニアリングは北九州市、NTTデータ経営研究所と共同提案した「イスカンダル地域における脱炭素化促進事業(フェーズ2)」が、環境省の2020年度「脱炭素社会実現のための都市間連携事業委託業務」に...

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる