63件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

海警法は海警局が重点島や環礁、排他的経済水域、大陸棚の人工島しょ、施設の安全を保護すると定め、管轄海域で外国船舶が退去を拒んだ場合に強制退去や強制えい航ができるほか、武器使用を含む必要措置を講じて危険...

ドローンに旗付け宣伝広告 日鉄ソリュが実証 (2021/1/12 電機・電子部品・情報・通信1)

実証前には人工的に風を発生させる施設で風洞実験を行い、各種ドローンがえい航できる旗の大きさと風力の関係をシミュレーションした。旗端にさまざまな工夫を凝らすことで単純にえい航するよりも視認性を上げる独自...

フローティングドックで1函は6カ月かけ製作、仮置き場にえい航して順次作業を進めていく。

水中カメラシステムを船でえい航し、海底を探査する実証実験を実施。... 水中用の一眼レフカメラ6台と専用のフレームから構成される「えい航式」の水中カメラシステムを作製。小型船でえい航しながら海底を撮影...

ブラジル沖合の浮体式海洋石油・ガス生産貯蔵積出設備(FPSO)撤去作業中に船体外部に亀裂が見つかり、修繕と造船所へのえい航費用が必要になったため。

三井E&S造船、音響測定艦「あき」進水 (2020/1/16 機械・ロボット・航空機1)

海中えい航型ソナーのSURTASS装置を備え、ヘリコプター発着甲板もある。

川重のガスタービン複合型に承認 浮体式LNG発電設備 (2019/10/17 機械・ロボット・航空機1)

海上や河川をえい航し、設置場所に係留しながら浮体上で発電し、陸上送電網に電力を供給する。

大型船をけん引・えい航する際など力が必要な時は燃料に重油を使用。

IHI、海流発電を長期実証 鹿児島・口之島沖で1年間 (2019/7/19 建設・生活・環境・エネルギー)

横浜事業所(横浜市磯子区)にあるかいりゅうを8月上旬に鹿児島市へ運び、さらにえい航して口之島から10キロメートル沖の海域の深度30メートル程度にアンカー1本で係留する。

えい航方式やクレーン方式など数種類を検証中。

同プラントは海上や河川をえい航し、設置場所に係留しながら浮体上で発電し、陸上の送電網に電力を供給する統合型システム。

鹿島、134m沈埋函を沈設 東京港臨港道路工事で (2018/11/29 建設・エネルギー・生活1)

立て坑工事は沈埋函と接合する箇所をプレキャスト化し、船舶でえい航・設置する一括架設方式を採用。

船から水深1600メートルにえい航体を下げ、えい航体から送受信用のワイヤを垂らす方法だった。

このシステムは海底近傍をえい航するもので、これまで水深の距離だけ離れて眺めていた海底の露頭に近付いて観測データを取得できる。

アカデミク・ロモノソフは排水量2万1000トンで、えい航されて極東チュコト自治管区の北極海に面した町ペベクに2019年夏ごろ到着する予定。

また、パワードルフィンはえい航したコンテナを回転させて魚に餌やりする機能を持ち、養殖漁業のいけすなどにも応用が可能。

中国のインターネット上には23日、遼寧省大連に停泊していた国産空母を小型船がえい航しているとされる映像が伝えられた。  

まさかの運航不能となり、他の船にえい航してもらい港まで帰還したのも思い出だ。

船にえい航させ、夜にハウステンボスを出て朝に同県大村湾の無人島に到着することを検討している。

QZSS技術を利用することで、従来は目視や他船乗員とのコミュニケーションに頼っていた港湾内の航路選択のナビゲーションや、大型船が小型船にえい航されることなく接岸できる可能性もある。

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる