電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

162件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

さらにテトラサイクリン系抗菌薬はがん細胞がつくり出す免疫抑制物質「ガレクチン―1」によるTリンパ球抑制作用を阻害することで、免疫を活発にする作用を示すことも突き止めた。 がん治療では...

近畿大学と京都大学、シスメックスの共同研究チームは、がん免疫療法薬「オプジーボ」(一般名ニボルマブ)について、患者に対して同薬が有効性を示すかを予測する手法を開発し...

小野薬品、がん免疫療法の抗体医薬で韓国社とライセンス (2024/3/13 生活インフラ・医療・くらし2)

小野薬品工業は韓国のNEX―I(ソウル)とがん免疫療法抵抗性因子「ONCOKINE―1」に対する抗体医薬「NXI―101」でライセンス契約を結んだ。... NXI―101はONCOKI...

北海道大学の小林弘一教授とスン・シン大学院生らは、画期的ながん免疫療法として、がんに対する免疫応答を大幅に増幅させるシステムを開発した。がんを攻撃する免疫系が機能するのに必須の分子...

がんの新たな治療法の開発や個別化医療の推進を後押しする。 ... がん患者への個別化治療、がん免疫療法の提供に向けや臨床現場の精密医療に役立つ。

アステラス製薬は8日、米バイオ医薬品企業のポセイダ・セラピューティクスとがん領域の細胞医療で戦略的提携契約を結んだと発表した。... アステラス製薬は研究開発戦略の中でも注力する領域のひとつとして「が...

免疫療法と併用で効果向上 ウイルスはヒトなどの宿主に感染することで、宿主細胞を破壊しながら体内で複製増殖する。... このことから、がん免疫療法との併用で治療効果...

独エボニック、米で医薬用脂質製造 (2023/4/13 素材・建設・環境・エネルギー2)

感染症対策やがん免疫療法、たんぱく質代替などにおけるリボ核酸(RNA)関連技術の応用に向け、さまざまな特殊脂質の製造に対応する。

半世紀前、がんの化学療法は日本では一般的でなく、入院で外科的治療が主流だった。... こうしたチャレンジが化学療法というがん治療の道を切り開き、経口抗がん剤による外来での治療も可能にした。... 近年...

小野薬、米国で自社展開加速 現地開発品25年発売 (2023/3/24 素材・医療・ヘルスケア)

現在、開発は第2相の2製品、第1相の10製品ががん領域を中心に進行中で、今後の治験結果が有望な製品を戦略品に据える。... 現在の主力のがん免疫療法薬「オプジーボ」が日本で特許切れとなる31年までに2...

12月には米モデルナと米メルクが、がん治療薬との同時投与で「がんワクチンのがんへの効果が初めて実証された」との臨床試験結果を発表。独ビオンテックもがん免疫療法の臨床試験を台湾で始める。 ...

経済透視図(72)CAR―T細胞療法 (2022/11/2 金融・商品市況)

このヒトに本来備わるがん細胞を排除する免疫機構を応用したアプローチはがん免疫療法と呼ばれ、近年技術の発展が目覚ましい。 がん免疫療法は、がんに対する免疫の働きを強化することで効果が発...

京都大学の本庶佑特別教授やムナ・アル・ハブシ研究員らは、免疫力の低下によりがん免疫療法「PD―1阻害抗体免疫療法」が無効な高齢マウスに対してスペルミジン(SPD)を投与し、治療効果が回...

筆者が専門としている再生医療やがん免疫療法などの先進医療、およびそれらの礎となっている発生学、再生医学、免疫学などにおいては、これらパラメーターの影響は計測ができないが故にほとんど考慮されていない。....

米ストロが持つ抗体―薬物複合技術とアステラスのがん領域における研究開発能力を組み合わせ、三つの異なる標的に対する次世代iADCの治療薬の創製を目指す。 ... 既存のがん免疫療法が有...

小野薬品工業は台湾で、がん免疫療法薬「オプジーボ(一般名ニボルマブ)」について、米エクセリシス開発の抗がん剤「カボザンチニブ(一般名)」との併用療法での未治療...

【さいたま】佐竹マルチミクス(埼玉県戸田市、西岡光利社長)は、バイオベンチャーのヘリオスの細胞加工製造用施設(神戸市中央区)に、がん免疫療法に向けたiPS細胞(...

ロート製薬は大阪大学大学院医学系研究科の下村伊一郎教授と、間葉系幹細胞(MSC)が、免疫の活性を維持してがんを治療する「免疫チェックポイント阻害剤」の副作用で発生した1型糖尿...

尿路上皮がん薬、欧州委の販売承認 アステラス製薬 (2022/4/20 素材・医療・ヘルスケア)

白金製剤を含む化学療法に加え、がん免疫療法に使うPD―1阻害剤やPD―L1阻害剤による治療歴がある、局所進行性または転移性の尿路上皮がんの治療薬としての販売承認となる。

東京大学の岡崎拓教授らの研究グループは、がん免疫療法の薬剤標的となりうるたんぱく質「LAG―3」が他の因子と複合体を形成することで自己免疫とがん免疫を制御できることを明らかにした。... がんや自己免...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン