電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

123件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.018秒)

調達した資金は楽天メディカルが手がける光を用いたがん治療法「アルミノックス治療(光免疫療法)」の第3相臨床試験に活用し、米国など複数の国や地域での承認取得を目指す。

同大が取り組む新規核医学画像診断法と標的アイソトープ治療法の開発を支援する。同社の画像診断技術を活用し、治療が難しいがんに対する新たな治療選択肢として開発を進める。標的アイソトープ治療はがん細胞に特異...

経済透視図(96)mRNA医薬品 (2023/11/8 金融)

また、感染症以外で最も開発が活発化している領域は、固形がんに対するmRNA治療薬だ。これらの多くはmRNAにがん組織の一部を作らせることで、標的腫瘍に対する生体内の免疫反応を誘導し治療効果を発揮させよ...

がんの新たな治療法の開発や個別化医療の推進を後押しする。 ... テューモア・ポートレート・テストは、推奨される治療法や起こり得る変異、治療に対するバイオマーカー(生体指標&...

東京医科大学の中村卓郎特任教授らは、がん研究会(東京都江東区、浅野敏雄理事長)、京都大学と共同で、がんの新たな血管新生機構を解明した。... 輸送促進因子機能を抑える新しいがん治療法開...

難治性口腔がんなどに対する新たな治療法の確立につながると期待される。 ... 口腔がんの治療の有用な治療法の一つに放射線治療がある。... 腫瘍溶解ウイルスを既存のがん治療...

東京大学の石井和之教授らは、患部に集めた複合体に光を当て、薬剤を放出してがん細胞を攻撃する「光がん治療法」の要素技術を開発した。... 一般的な光がん治療法では体の内部に届きやすい赤色の光を当て作られ...

慶応義塾大学の佐藤俊朗教授と石渡景子特任助教らは、炎症性腸疾患や大腸がんの治療法開発に向け、炎症からの再生時にヒト大腸幹細胞がどのように働くか初めて解明した。... 再生に必要な正...

▽リンクメッド(千葉市稲毛区)=千葉県発放射性治療薬によるがん治療法の事業化▽A&Mグループ(同美浜区)=IoT技術を活用したサウンドプラットフ...

1994年に初めて開発に成功した重粒子線がん治療装置「HIMAC」にまず導入した。... 膵臓(すいぞう)がんなど難治性がんに対する治療成績の向上につながると期待される。 &#...

中国では経済発展や高齢化を背景に粒子線がん治療施設の建設が増えている。... 粒子線がん治療は放射線によるがん治療法の一つ。... 放射線がん治療の世界市場は約6600億円で、年間成長率は6%...

診断される患者の7割以上が進行がんであり、有効な治療法がなく予後が悪いため、新たな治療法が望まれている。 ... 225Acは、近年、前立腺がんの画期的な治療薬として注目されている核...

【いわき】福島SiC応用技研(福島県楢葉町、石本学社長)は、中性子を用いたがん治療法であるBNCT(ホウ素中性子捕捉療法)システムの2026年実用化...

最適化・併用法で適応拡大 量子科学技術研究開発機構QST病院では、量子メスにおいて、より高度化した重粒子線がん治療を提供するため、主に二つのテーマで重粒...

もちろん、現在よりも効率的かつ安全な重粒子線治療法を一日も早く実用化することがHIMACの重要な研究テーマであることは揺るがない。自身の変化だけでなく周囲の微小環境の影響によりさまざまな治療に対して抵...

がん細胞だけを死滅させる副作用のない光がん治療法の開発につながると期待される。 ... 遺伝子工学技術によりAR3をがん細胞に導入し、これに光照射すれば、がん細胞だけを選択的に死滅で...

安全性・効果・期間で優位性 重粒子線がん治療は、高い線量集中性と強い生物効果をあわせ持つ安全で有効性の高いがん治療法である。... 従って、X線がん治療自体が広く...

革新的小型化の実現目指す この連載で紹介しているように、炭素イオンを用いた重粒子線がん治療は、がん細胞の殺傷効果および治療後の生活の質が高いがん治療法である。その...

そのため、患者の身体的・社会的負担が少なく、治療後の生活の質が高いがん治療法が求められている。 ... 重粒子線がん治療は、今では初期の肺がんを、切らずに1日で治療する「日帰りがん治...

光がん治療に再注目 Meijiファルマ、海外での承認取得検討 (2021/8/19 素材・医療・ヘルスケア1)

この療法を使えるのは国内のみだが、PDTを導入している医師らによる学会発表を通じ、患者の身体的な負担が少ない治療法として海外から問い合わせが増加。... 2020年には楽天メディカルががん治療法「光免...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン