電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

1,145件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.016秒)

奈良県立医科大学は、がん細胞増殖などに関わるマルチキナーゼの阻害剤である「カボザンチニブ」において、MET阻害剤に獲得耐性を示したMET遺伝子変異陽性進行非小細胞肺がん(NSCLC)を...

がん細胞が作るたんぱく質「PD―L1」などの濃度を確認することで同薬の有効性を予測できることが分かった。... 免疫細胞の表面に存在するたんぱく質「PD―1」に、がん細胞が作るPD―L1が結合すること...

ホタルルシフェリンは大腸菌の衛生検査やウイルス検出の試薬、がん細胞の生体イメージングなどに使われている。

第一三共、乳がん向け抗体治療薬を承認申請 (2024/3/20 生活インフラ・医療・くらし)

ホルモン受容体が陽性かつ、がん組織のたんぱく質「HER2」が陰性の転移性乳がんの2次、3次治療が対象。... ADCとは抗体と低分子化合物を結合させた医薬品で、がん細胞を狙って攻撃する。ダトポタマブ&...

北海道大学の田畑公次准教授と小松崎民樹教授らは、生物試料の分光計測に人工知能(AI)技術を取り入れて、細胞診などを数百倍から数千倍高速化する手法を開発した。... 細胞診やがん細胞の薬...

多様な疾病の要因が解明されるにつれ、わずかな遺伝子変異が細胞のがん化や抗がん剤耐性に影響していることが判明している。... 細胞表面に発現する上皮成長因子受容体(EGFR)における変異...

抗体医薬品開発に道 大阪大学の有森貴夫准教授らは、がん細胞だけに結合して正常細胞には反応しない抗体の取得に成功した。... HER2だけに結合する抗体の結晶構造解析や細胞実験から、が...

がん細胞株の欠点を認識した上で、がん研究を進める重要性を示した。 ... 多くのがん細胞株が解析され、大規模DBとして公開されている。 研究グループは、1182種類...

酸化されたデオキシリボ核酸(DNA)によるDNAの突然変異が消化管がんの原因となる。... ヒトの遺伝性大腸がん家系における発がんリスク軽減に役立つ可能性がある。 活...

悪性度が高く予後不良なトリプルネガティブ乳がん(TNBC)のがん細胞では、エネルギーを産生する解糖系の代謝経路の切り替えが起こることが分かった。... TNBCで抗がん剤への感受性に違...

経営ひと言/リンクメッド・吉井幸恵社長「千葉産の治療薬」 (2024/2/21 生活インフラ・医療・くらし2)

銅の放射性同位体を用いて、がんの診断と治療に使える医薬品を開発している。 「がん細胞を効果的に治療するほか、陽電子放射断層撮影(PET)診断で薬剤集積を可視化できる」...

第一三共のADC抗がん剤、肺がん向けで米申請受理 (2024/2/21 生活インフラ・医療・くらし1)

局所進行または転移性の非扁平上皮非小細胞肺がんに係る2次、3次治療が対象で、非小細胞肺がん患者の新たな治療選択肢として期待される。... ADCとは抗体と低分子化合物を結合させた医薬品で、がん細胞を狙...

他家T細胞で免疫治療 リバーセル、量産技術急ぐ (2024/2/16 中小・ベンチャー・中小政策)

高い汎用性、海外拠点視野 リバーセル(京都市上京区、梶川益紀社長)は、多能性幹細胞から再生したキラーT細胞でがんや感染症、アレルギーなど免疫関連疾患に対する新たな治療...

第66回十大新製品賞/日本力賞 日立製作所 (2024/2/15 機械・ロボット・航空機1)

【線形加速器システム OXRAY】 放射線を外部から照射してがん細胞だけを攻撃する放射線治療は、患部を切除しないでも治療できるため、身体への負担が少ない。

体内では毎日数百から数千のがん細胞ができるが、細胞傷害性T細胞ががん細胞を認識し、攻撃することで発症を抑えている。がん細胞の認識には「MHCクラスI」という分子が必要だが、多くのがんはこの分子の量を減...

オンコリス、富士フイルム系と食道がん薬で販売提携 (2024/2/9 生活インフラ・医療・くらし1)

オンコリスバイオファーマは富士フイルム富山化学(東京都中央区)と、食道がん治療薬として開発中の腫瘍溶解性ウイルス「テロメライシン(OBP―301)」に関する日本での販売...

甲状腺がんの治療法を選択する際に、小野薬品工業の「エンコラフェニブ」(一般名)と「ビニメチニブ」(同)の両薬剤の併用療法が適当かどうかを調べる方法として追加承認を得た。...

研究グループは脳を構成するグリア細胞とがん細胞のやりとりを長期間かつ詳細に解析できる手法を開発。... 肺がん細胞は本来mGluR1を発現しないが、脳に転移した肺がん細胞はこれを発現することを見いだし...

mRNAを細胞核から細胞質へ輸送する分子「バルクmRNA輸送体」の一部を構成する因子を発見。... バルクmRNA輸送体の複合体の構成因子はがん細胞で多く発現しており、がんの早期発見などに役立つ可能性...

アステラスの胃がん薬、期日までに米承認ならず (2024/1/10 生活インフラ・医療・くらし)

アステラス製薬は9日、転移性胃腺がんおよび食道胃接合部腺がんの治療薬として開発中の「ゾルベツキシマブ」について、米食品医薬品局(FDA)から審査終了目標日である12日の承認ができない旨...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン