990件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

開発技術は、さまざまな組織に分化可能な間葉系幹細胞の膜を用いて、がんや免疫疾患の治療効果を高めると期待される。 がん細胞との親和性が高い間葉系幹細胞の特性を生かし、患部の腫瘍を小さく...

京都大学大学院生命科学研究科の井垣達吏教授と井藤喬夫研究員は、細胞が分裂を止める「細胞老化」の阻害によるがん発生の仕組みを解明した。... 同遺伝子は通常時、がん遺伝子の活性化で発現が促され細胞老化を...

前駆T細胞が効果左右 京都大学高等研究院の本庶佑特別教授と同大大学院医学研究科の茶本健司准教授、仲島由佳研究員らの研究グループは、がん免疫治療が老化による免疫機能...

【熊本】熊本大学は産学連携で血液1ミリリットル中に数個から10個程度しか含まれない微量のがん細胞を安価で簡便に分離・捕捉できるデバイス(写真)を開発した。... デバイスに血液を流すと、フィルターが血...

5月には米食品医薬品局(FDA)が優先審査に指定し、日米欧で腎細胞がんと子宮体がんの承認審査申請中となった。... エーザイのレンビマは単剤使用で甲状腺がんや肝細胞がんの治療薬として日本や欧米など70...

免疫拒絶防ぎ、がん攻撃 京都大学iPS細胞研究所の王博研究員と金子新教授らの研究グループは、iPS細胞(人工多能性幹細胞)にゲノム編集を行うことで、移植先の免疫細胞から攻撃を受けず、...

重要なのは、1個の細胞を無作為に解析するのではなく、細胞集団を同時に1細胞レベルで解析し、その中から疾患などに関与する1細胞を選んで機能を解析することだ。 ... それを用いた超早期...

神戸大学と医療機器の開発を目指す神戸市内の中小企業が連帯して設立した神戸バイオメディクス(神戸市中央区)とともに、大腸がんの腹腔(ふくくう)鏡手術用の術具「KBMガットクランパー」を共同開発した。&#...

昨今のがん全遺伝情報(ゲノム)医療は、従来の発生部位や病理的な所見に加え、がん細胞が有するゲノムデータという大量なデジタル情報で診断する。... 今はまさに、がんゲノム医療を起点とした「デジタル医療」...

しかし、細胞形態の所見に依存した細胞診で初期のがんを判別するのは難しい。 ... がん細胞と正常細胞で柔らかさが異なるのは、がん細胞が活発だからだ。がん細胞は無限に増殖し、常に体の他...

キッセイ薬品、ぼうこうがん薬の臨床開始 (2021/4/9 素材・医療・ヘルスケア)

キッセイ薬品工業は米CGオンコロジー(カリフォルニア州)から中国を除くアジア20カ国での独占的開発・販売権を取得済みの「腫瘍溶解性ウイルス療法」によるぼうこうがん薬「開発番号CG0070」について日本...

北海道大学大学院医学研究院の田中伸哉教授らは、作製した特殊なハイドロゲルががん細胞をリプログラミング(初期化)させて、がんの元になる「がん幹細胞」に誘導することを発見した。ゲルの上にがん細胞をまくと、...

皮膚がんの一種、メラノーマの骨への転移が骨芽細胞の並びを乱し、骨の微細な構造を破綻させることが分かった。... 研究グループはマウスの大腿(だいたい)骨を用いて骨組織をがん細胞とともに培養し、人為的に...

がん遺伝子やがん抑制遺伝子などの重要な遺伝子に数十年かけて複数の傷が入ることで、がんが発生すると考えられている。... このように、分子標的薬はがん細胞が持っている特定の遺伝子(ゲノム)の変異に作用す...

輝け!スタートアップ(67)Team TearExo (2021/3/18 中小・ベンチャー・中小政策)

女性のがん罹患(りかん)率のうち、最も多い乳がん。... 涙の成分のうち、がん細胞から放出され、細胞間の情報伝達などを担う細胞外小胞「エクソソーム」を、独自開発した高感度のチップを用いて分析。... ...

CYBO、6000万円調達 細胞解析基盤開発を加速 (2021/3/18 中小・ベンチャー・中小政策)

調達資金で技術者を増員し、細胞解析プラットフォームの開発を加速させる。まずはオンコリスバイオファーマ(同港区)と取り組む血中循環がん細胞検査の実用化を進める。 ... 高速細胞分離技...

治療歴のある局所進行性または転移性の尿路上皮がんの治療薬として申請した。... 日本では毎年2万4000人以上が尿路上皮がんと診断される。... ADCはがん細胞を効果的に攻撃できることから、製薬各社...

がん領域の医薬品開発を強化する狙い。... マーベリックは、免疫細胞の一種「T細胞」でがん細胞を特異的に攻撃して治療する抗体医薬品の開発技術持つ。... がん治療薬は今後も世界的な市場拡大が見込まれる...

滋賀医科大学医学・看護学教育センターの向所(むかいしょ)賢一教授は、生体内での状態に近い3次元構造や機能を持つがん細胞を培養できる「組織模倣型細胞培養システム」を開発した。... がんの新薬開発は、2...

人間の体内にはさまざまな種類の糖鎖があり、がんや感染症に関わるため治療の標的となっているものがある。 ... 【開発、道半ば】 たんぱく質に対する抗体の産生に最適化...

おすすめコンテンツ

未来の科学者との対話19
第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話19 第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい新幹線技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい新幹線技術の本

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん!
幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん! 幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

日本ドローン年鑑 2021

日本ドローン年鑑 2021

必携 PLCを使ったシーケンス制御プログラム定石集
装置を動かすラダー図作成のテクニック

必携 PLCを使ったシーケンス制御プログラム定石集 装置を動かすラダー図作成のテクニック

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる