950件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

CRISPR/Cas9などのゲノム編集は、従来の遺伝子操作技術と比べ、DNAの特定部位を操作できる正確さ、さまざまな生物種の細胞を操作できる汎用性、学部学生レベルでも操作できる簡便さなどの優れた特徴を...

産業春秋/頑張る女性研究者 (2020/10/23 総合1)

東京工業大学准教授の星野歩子(あゆこ)さんは、がん細胞の転移機構の研究でJST理事長賞を受賞した。転移前に、がん細胞が放出する微粒子エクソソームが特定臓器に転移しやすい土壌を形成するのを突き止めた。&...

見つけにくいがんに特徴的なたんぱく質「FGFR2」を発現するがん細胞が血液中に存在するか調べる。... 血液中にFGFR2のあるがん細胞が存在した患者は、がん組織も同たんぱく質があった。... 血液中...

開発製品「Ez―Plant(イージープラント)=写真」は、がん治療薬開発でマウスに対して切開や麻酔を使わずに注射器でがん細胞を移植する装置。がん細胞などの移植片を注入する装填口を設けた移植針と、注射器...

製造販売承認を取得したがん治療薬について、同社の三木谷浩史会長は「頭頸部(とうけいぶ)がんが治療対象だが、最終目標として膵臓がんの克服に取り組んでいきたい」と説明した。 ... 光免...

製造販売承認を取得したがん治療薬について、同社の三木谷浩史会長は「頭頸部(とうけいぶ)がんが治療対象だが、最終目標として膵臓がんの克服に取り組んでいきたい」と説明した。 ... 光免...

がん細胞周辺の血管から分子が抜けやすい性質により、大きな分子の化合物ががん細胞に集積する「EPR効果」を解明。抗がん剤をがん組織のみに作用させる薬物送達システム(DDS)の基になる発見として薬学分野で...

抗体が、がん細胞に発現している標的因子に結合して薬物をがん細胞へ直接届けることでがん細胞への攻撃力を高める。 大腸がんは世界で3番目に多いがんで、切除不能ながん患者の5年生存率は14...

VB―111は、ウイルスベクターの中に血管を新生する内皮細胞を選択的に細胞死させる遺伝子を組み込んだ医薬品。がん細胞に栄養がいかなくなり、死滅させられる。 VB―111が引き起こした...

輝け!スタートアップ(47)メドリッジ (2020/9/17 中小・ベンチャー・中小政策)

力を入れるのは、血液1ミリリットルに含まれる約60億個の細胞のうち10個程度しか含まれないという血中循環がん細胞(CTC)を分離・採取する自動細胞分取装置(セルソーター)の実用化だ。 ...

がん細胞の消滅などに有効な働きをするデオキシリボ核酸(DNA)をがん細胞に運ぶ。... がん細胞内にはDNAとRNAの2本鎖を認識し、選択的にRNAを切断する酵素がある。... がんの原因となるたんぱ...

ゲノム医療導入推進 国立がん研究センター中央病院は8日、アジア地域で臨床研究・治験実施体制の整備を目的とした「アジアがん臨床試験ネットワーク構築に関する事業(アトラスプロジェクト)」...

がん細胞に発現する受容体へ特異的に結合し、体内から病巣に放射線を照射する治療法「放射性リガンド療法」に用いる。 神経内分泌腫瘍はホルモンやペプチドを分泌する神経内分泌細胞により生じ、...

肺がん患者の血液の中に含まれる微量のがん細胞由来のデオキシリボ核酸(DNA)分子を検出する遺伝子検査に対応。... 1万個の正常なDNAに対して10―100個のがん細胞由来のDNAをチューブ状の容器に...

EGFR遺伝子変異がある進行・転移性の非小細胞肺がん患者を対象に、U3―1402とアストラゼネカの抗がん剤「タグリッソ」(一般名オシメルチニブ)を併用する。... 抗体が、がん細胞に発現している標的因...

東京工科大、がん幹細胞をAIで識別 (2020/8/10 科学技術・大学)

東京工科大学の杉山友康教授や亀田弘之教授らは、がん細胞の元となる「がん幹細胞」とそれ以外の細胞を見分けられる人工知能(AI)技術を開発した。マウス由来のがん幹細胞を撮影し、画像に含まれるがん幹細胞の形...

炎症関連の物質を複数分泌しているがん細胞株が、がんの微小環境を再現していると着目。化学物質を添加しマウスのiPS細胞を培養、iPS細胞ががん幹細胞へ誘導される時間を調べた。 ... ...

抗体が、がん細胞に発現している標的因子に結合して薬物をがん細胞へ直接届けることでがん細胞への攻撃力を高める。... アストラゼネカと共同開発するDS―1062は、がん細胞に発現する分子「TROP2」に...

英センタスバイオ、バイオ後続品がEMA承認勧告 (2020/7/31 素材・医療・ヘルスケア)

結腸がんや直腸がん、非小細胞肺がんなどが適応となる。 ベバシズマブは血管内皮細胞増殖因子「VEGF―A」を阻害し、がん細胞の血管新生を抑制する抗VEGFヒト化モノクローナル抗体の医薬...

ソレイジア、ジーンケア研究所との独占交渉権を取得 (2020/7/30 素材・医療・ヘルスケア)

消化器がんや卵巣がんにおける腹膜への転移およびそれに伴う腹水貯留などに適応する医薬品になる可能性がある。... がん細胞内の複製においては、酵素「RECQL1」がこの損傷を修復する。

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる