403件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

スペースBDは18年から、国際宇宙ステーション(ISS)の日本実験棟「きぼう」から地球周回軌道上への超小型衛星の放出事業を皮切りに、衛星相乗り打ち上げなどのサービス支援を手がけている。

野口さんは、10年ぶりにISSの日本実験棟「きぼう」でミッションを始めた。

ISSの日本実験棟「きぼう」にある固体燃焼実験装置を使い、燃焼しやすいアクリル、ポリエチレンや宇宙船内で使われる難燃性材料など、さまざまな材質・形状の材料を燃焼する。... ヒト由来の肝臓の基となるi...

ギタイ・ジャパンはISSでの運用やメンテナンス、科学実験作業などの自律化や自動化を目指し、自社でISSの日本実験棟「きぼう」の模擬フィールドを作り開発や検証を進めてきた。

ISSの日本実験棟「きぼう」でストレス防御に関わる遺伝子「Nrf2」を欠損させたマウスと野生型マウスの計12匹を約30日間の軌道上で滞在させた。

大林組など、2回目のケーブル材耐久性実験 宇宙エレベーター構想 (2020/6/18 建設・生活・環境・エネルギー2)

実験は宇宙空間にある国際宇宙ステーション(ISS)「きぼう」の日本実験棟の船外実験プラットフォームを利用し、ケーブル材料となるカーボンナノチューブ(CNT)材の耐久性を確認するのが狙い。 &#...

また宇宙空間で活用する遠隔操作ロボットをISSの日本実験棟「きぼう」に設置し実証実験をする。... 植松センター長は「開発から20年近く培ってきたこうのとりの技術を伝承しつつ発展してほしい」と話した。...

宇宙アバターをこうのとり9号機に搭載し、ISSの日本実験棟「きぼう」に設置する。

ANAHD、国際宇宙ステーションでアバター実証 (2020/5/20 建設・生活・環境・エネルギー)

JAXAの有償利用制度を使い、日本実験棟「きぼう」に宇宙アバター「スペースアバター」を設置。... (科技に関連記事) 宇宙アバターはISS補給機「こうのとり9号機」で運び、きぼうの...

小型衛星や国際宇宙ステーション(ISS)の日本実験棟「きぼう」に搭載可能な複数機体制により、夜間も含めた1日1回以上の撮影体制で稼働状況の変化を把握する。

スペースBDは18年から、国際宇宙ステーション(ISS)の日本実験棟「きぼう」から地球周回軌道上へ超小型衛星を放出する機会を提供する事業者として事業を開始。

日米欧で運用するISSの日本実験棟「きぼう」を開発した宇宙航空研究開発機構(JAXA)も民間企業を含めて同様の実験を行っているが、「内容の審査や期間の制約が多く、早く結果がほしい企業のニーズと離れてい...

会見の冒頭でブライデンスタイン長官は「国際宇宙ステーション(ISS)の日本実験棟『きぼう』での運用などで日本の貢献度は大きい。ISSで培ってきた取り組みを月や火星での探査に生かせる」とした上で、「月に...

今回はJAXAとソニーが共同で開発した光通信システムの機器をISSに運び、ISS日本実験棟「きぼう」と地上との間で同システムの通信実験を行う。

国際宇宙ステーション(ISS)の日本実験棟「きぼう」での設置に向け12月ごろに打ち上がる。

12月ごろに打ち上げ、国際宇宙ステーション(ISS)の日本実験棟「きぼう」の船外実験プラットフォームに設置。

JAXAはISS日本実験棟「きぼう」と地上との間で同システムの通信実験を行い、月や火星の探査に必要な通信技術を確立する計画だった。

同カメラは「きぼう」日本実験棟の船外実験プラットフォームから静止画と動画を撮影する。... 同日会見したリコーの山下良則社長(写真右から2人目)は「きぼうに載せるリコーシータにリコー社員全員の希望を乗...

三井物産は宇宙航空研究開発機構(JAXA)のISS日本実験棟「きぼう」からの超小型衛星の放出に関する事業者に選ばれており、衛星放出事業は今年度から本格化させる考えだ。

農業・港湾の状況把握など、顧客に合わせ提供 宇宙ビジネスへの期待が高まる中、大手商社の動きも本格化してきた。... 宇宙航空研究開発機構(JAXA)による国際宇宙...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる