3,329件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

スバルは海外唯一の生産拠点である米インディアナ州の完成車工場を17日まで停止。日本から北米向けにスポーツ多目的車(SUV)「フォレスター」や、同「XV」などを輸出するが、国内の完成車工場を4月11日か...

中古車事業の刷新、約13年ぶりとなる店舗デザイン変更、中古車のサブスクリプション(定額サービス)「ホンダマンスリーオーナー」の開始―。... 現在、ホンダ車の管理内台数は約620万台と全国のホンダ車の...

日立、「デジタルトラスト」事業化 サプライチェーン信頼性確保 (2020/4/1 電機・電子部品・情報・通信1)

欧州連合(EU)の個人情報を守る「GDPR」や米国の調達製品の厳格化を進める「NIST・SP800」、コネクテッドカー(つながる車)のサイバー攻撃に関するルールを規定する国際連合の「WP29」などがあ...

5G向けアンテナ、大日印が透明フィルム化 設置場所に自由度 (2020/3/31 電機・電子部品・情報・通信2)

車のガラス部分や製品の表面などのデザインを損なうことなくアンテナを設置できる。... 設置の自由度が高い透明アンテナフィルムは、5Gの利活用や利用できる範囲の拡大につながる。

対象を中古車とすることで料金を抑えた。 ... トヨタ車を対象にした「キントワン」、高級車ブランド「レクサス」を対象とした「キントフレックス」で、いずれも3年契約で展開する。 ...

NTT・ゼンリン、3次元デジタル地図開発で提携 IT都市基盤 (2020/3/27 電機・電子部品・情報・通信1)

例えば、スマートフォンやコネクテッドカー(つながる車)の正確な現在地情報を基に、将来の渋滞状況を高精度に予測することが可能。

約100平方メートルの仮設壁組み立てでクレーンを不要とし、高所作業車だけで構築できる。... 「軽いため高齢者や女性が作業でき、建設現場のダイバーシティー推進につながる」(同)。

「車内空間だけを考えていれば良かったが、インターネットがこれだけ発展すると車は外とつながっていく」と見据えるのは、タチエス社長の山本雄一郎さん。

コネクテッドカー(つながる車)や第5世代通信(5G)といった先端技術を軸に、次世代都市のプラットフォームづくりを目指す。... 人や車、住宅、インフラなどのデータをつなぎ、都市の効率化や付加価値を向上...

「車は社会構成要素の一つとなり、果たす役割も変わってくる。... トヨタとNTTは2017年にコネクテッドカー(つながる車)向けの共同研究開発で協業し、18年12月から実証実験を進めてきた。... こ...

国立情報学研究所の石川冬樹准教授らは、マツダの研究用モデルを基に、自動運転の経路計画から衝突事故などにつながる危険動作を自動検出する人工知能(AI)技術を開発した。... 自車の動作の修正で衝突を避け...

加盟が実現すれば、自動車・同関連産業の集積地であるタイとメキシコが初めて自由貿易協定(FTA)でつながる。両国に進出している日系完成車・部品メーカーは多く、自動車生産で新たなサプライチェーン(供給網)...

先行する競合車と差別化を図り満を持しての投入となる。... 新型車は両社の力が融合した力作と言える。 ボリュームが大きい超背高軽市場で規模のメリットを生かし、ユーザーに新しい体験を提...

磐越自動車道の小野インターチェンジ(IC)に近く、車でのアクセスが良い。... 本社をベースに福島の人材育成にも力を入れており、高橋社長は「次につながるタネも持っている」と福島での再挑戦に意欲を持つ。...

「タイヤは車で唯一、地面に接する重要部品だ。... 車に情報を送って安全確保の精度を高められ、事故の予防につながる。

大容量化で水素供給設備の配管が簡素になり、ステーションの省スペース化にもつながる。... 省スペース化などの要請から、乗用車タイプの燃料電池車(FCV)が使う水素ステーションには、容量300リットルの...

キムラユニティーの社用車管理システムに、東海理化が開発したデジタルキーの認証・配信技術を組み込む。対面でのキーの受け渡しが不要になり、社用車の稼働率向上につながる。... 実験はキムラユニティーの社用...

同組織で19年中に中古車情報の共有など二つの実証を実施済み。... 21年中に静岡県で着工し、あらゆるモノやサービスがつながる実証都市「Woven City(ウーブン・シティー)」での活用も視野に入れ...

国も「気候変動×防災」の方針を打ち出し、平常時はCO2削減、災害時は被害の軽減につながる設備導入を後押しする。 ... また「日本特有かもしれないが、災害時の電源車としての...

車・5G関連で顧客開拓 ―2021年3月期に力を入れる市場は。 ... 高級車向けでの引き合いがある。... これを生かして将来につながる開発や投資で前進する、ぶれ...

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる