電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

12件中、1ページ目 1〜12件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.001秒)

細胞の水の取り込みに関連するたんぱく質「アクアポリン」の4500倍の速度で水を透過できる。... 水分子一つが透過できる内径0・3ナノメートルの穴があり、高い水透過能と塩除去能を持つアクアポリンの45...

オルビス、オルビスユーシリーズを刷新 (2018/8/3 建設・エネルギー・生活1)

オルビスユーシリーズは、細胞の水の通り道であるたんぱく質のアクアポリンに着目し、ハリの低下やくすみ、乾燥などに対応するエイジングケア製品。

脂肪肝の胆石リスク、東北大が仕組み解明 (2017/2/8 科学技術・大学)

マウス実験の結果、肝臓が酸素不足になると「HIF―1α」と呼ばれる遺伝子が活発に働き、肝細胞から胆管への水の通り道となるたんぱく質「アクアポリン8」が減少。

薬と水の関わりに踏み込む前段階として、細胞における水分子の移動を制御する膜たんぱく質「アクアポリン(AQP)」の研究に取り組む。

その結果、水分子の通り道の役割を果たすたんぱく質の一種「アクアポリン(AQP)5」が細胞膜に移動し、涙液が分泌されやすくなることが分かった。

同処理水は水を透過する細胞膜中のたんぱく質の穴であるアクアポリンへの透過性が非処理水より47%高い。

研究グループは今回の研究に先立ち、視神経脊髄炎の患者から特異的に検出される抗体「抗アクアポリン4抗体」の産生にIL6が欠かせないことを発見。

NMOは抗アクアポリン4抗体が中枢神経系のアストロサイトを攻撃し、視神経や脊髄で炎症が起きる。抗アクアポリン4抗体を作る細胞をSA237が抑えた。

「抗アクアポリン4抗体」を測定項目として用いる視神経脊髄炎の診断補助など臨床検査法2件についても、保険適用を了承した。... 臨床検査法は2件ともコスミックコーポレーション(東京都文京区...

【大分】北川科学総合研究所(大分県日田市、北川良親代表、0973・28・5504)は19日、大分県日田市の地下水「日田天領水」が、細胞の主要膜たんぱく質であるアクアポリンを、通常の水よ...

▽SAT(茨城県土浦市)、インクジェットヘッドリフレッシュ装置▽青電舎(神奈川県相模原市)、超薄型回転式静電エンコーダの開発▽メディカルイオンテクノロジー(東京...

家族性腎性尿崩症は、抗利尿ホルモンのバソプレシン受容体か、水分子透過たんぱく質のアクアポリン2遺伝子の異常によって起こる。... アクアポリン2遺伝子を組み込んだベクターを作成し、ラットの一方の群の尿...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン