電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

304件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.002秒)

三菱ケミカル、広島のアクリロニトリル誘導品生産終了 (2024/2/29 素材・建設・環境・エネルギー1)

三菱ケミカルグループは三菱ケミカルの広島事業所(広島県大竹市)において、ACH法メチルメタクリレート(MMA)モノマー、アクリロニトリル、キレート剤やアセトニトリルなど...

ポリ乳酸(PLA)やアクリロニトリル・ブタジエン・スチレン(ABS)樹脂のほか、資本提携先の大塚化学(大阪市中央区)のチタン酸カリウム繊維強化樹脂「ポチ...

桜井製作所、500mm造形プリンター刷新 位置決め高精度 (2023/11/21 機械・ロボット・航空機2)

両機種は、出力できる材料はポリ乳酸(PLA)樹脂やアクリロニトリル・ブタジエン・スチレン(ABS)樹脂などで、木材を含む樹脂も使える。

三井化、アンモニア事業強化し脱炭素加速 (2023/11/14 素材・建設・環境・エネルギー2)

アクリロニトリルやカプロラクタムをはじめとする工業用途、肥料用などに幅広く供給している。

旭化成の通期、当期益850億円に下方修正 石化関連需要が減速 (2023/11/8 素材・建設・環境・エネルギー1)

石化関連では、主に基礎化学品やアクリロニトリル(AN)が振るわなかった。

キヤノン、燃えにくくポリカ並み強度のPET再生プラ開発 (2023/11/1 素材・建設・環境・エネルギー1)

複合機の外装には、難燃性や機械強度を確保するためPCにアクリロニトリル・ブタジエン・スチレン(ABS)を複合したエンジニアリングプラスチックが多く使われている。

同社は2021年、毎年数十億個製造するブロックに、原油由来のアクリロニトリル・ブタジエン・スチレン(ABS)ではなく、再生ペットボトルを使用した試作品を開発したと発表。

デンカ、卵殻配合プラ拡充 ABS樹脂複合材開発 (2023/9/15 素材・建設・環境・エネルギー)

ポリスチレンとの複合材に加え、アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン(ABS)樹脂と卵の殻を複合化した新材料を開発。

レゾナック、ケミカルリサイクル加速 廃プラからアンモニア生産 (2023/8/22 素材・建設・環境・エネルギー2)

川崎事業所で生産するアンモニア、水素、アクリロニトリル(AN)について「ISCC PLUS認証」を取得。

桜井製作所、3Dプリンターを刷新 ペレット造形対応 (2023/7/20 機械・ロボット・航空機1)

材料はポリ乳酸(PLA)樹脂やアクリロニトリル・ブタジエン・スチレン(ABS)樹脂、グリコール変性ポリエチレンテレフタレート(PETG)樹脂などで、木材...

デンカ、樹脂製品の第三者認証で不正 外部調査委員会を設置 (2023/5/30 素材・建設・環境・エネルギー1)

米国の第三者安全科学機関によるアンダーライターズ・ラボラトリーズ(UL)認証について、アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン(ABS)樹脂の一部グレードの委託先工場で本...

三井化学、エポキシ樹脂で「持続可能」認証取得、月内販売 (2023/5/23 素材・建設・環境・エネルギー1)

レゾナックは、川崎事業所(川崎市川崎区)で使用済みプラスチックを原料とする水素、アンモニア、アクリロニトリルで同認証を国内で初めて取得。

レゾナック、「使用済みプラ原料製品」国内初の国際認証取得 (2023/5/22 素材・建設・環境・エネルギー)

対象となるのは、川崎事業所(川崎市川崎区)で生産する水素、アンモニア、アクリロニトリルの3製品。... アンモニアはアクリロニトリルの原料として使用する。

レゾナック、レクサスEVにABS射出発泡成形品供給 (2023/5/1 素材・建設・環境・エネルギー)

バックドアにアクリロニトリル・ブタジエン・スチレン(ABS)樹脂の射出発泡成形品が採用されるなど、同社の製品を使用することで従来の樹脂部品と比較して3割以上の軽量化を実現したという。&...

三菱ケミカルグループは4月1日付で、アクリロニトリル(AN)事業を石化/炭素部門からアクリル樹脂原料のメタクリル酸メチル(MMA)を中心とするMMA部門に移管...

住化、アクリロニトリルで「ISCC PLUS認証」取得 (2023/2/21 素材・医療・ヘルスケア1)

住友化学は愛媛工場(愛媛県新居浜市)で生産するアクリロニトリル(AN)について、持続可能な製品の国際的な認証制度「ISCC PLUS認証」を取得した。

総合化学5社の通期、4社が下方修正 需要・市況低迷が長期化 (2023/2/9 素材・医療・ヘルスケア2)

アクリロニトリルなどが下振れ、マテリアル領域の営業利益は前回予想の半分強の412億円を見込む。

アクリル繊維原料のアクリロニトリルの生産への影響もあまりないという。

主原料にパルプ製造の副産物であるトール油由来のアクリロニトリルを使用した。製造プロセスでトール油をプロピレンに変換し、グリーン水素で大気中の窒素を還元し生成されたアンモニアと反応させてアクリロニトリル...

旭化成、ISCC PLUS認証を取得 (2022/11/16 素材・医療・ヘルスケア)

旭化成は15日、水島製造所(岡山県倉敷市)で生産するアクリロニトリルなど約10製品で持続可能な製品の国際的な認証制度のISCC PLUS認証を取得したと発表した。... 新たに...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン