2,381件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

しかし経済的ダメージという観点からは、最大の被害者は新興国であるかもしれない。 ... 金利が上がり通貨が下がれば、特に外貨建て債務を抱えている新興国の負担がダブルで増える。... ...

途上国と中小企業の橋渡しを増やし、関西を世界とつなぐアジアのゲートウエーとする経済界の成長戦略も、側面から推し進める。... 関経連は関西をアジアのゲートウエーとするため、アジアとのネットワークを重視...

日独企業で強み持ち寄れ 日本とドイツは、今でも国内総生産(GDP)に占める製造業の割合がそれぞれ21%、20%と大きなシェアを持つ唯一の先進国である。... 【変...

南アジアの白物家電市場、日系参入に高い壁 JEMAまとめ (2020/2/28 電機・電子部品・情報・通信1)

中・韓すでに市場形成 日本電機工業会(JEMA)は27日、バングラデシュやパキスタン、スリランカの南アジア地域における白物家電市場について、地場や中国・韓国メーカーが席巻しており日系...

【新興国は需要増】 印刷インクは種類や地域によって、好不調がはっきり分かれている。... 新興国の需要増が先進国での減少を補えなかった。 ... アジアや南米などの...

■海外深耕 【TOTO 新興国で地産地消】 TOTOは4月1日付で清田徳明副社長が社長に昇格する。... 現在は日・欧・米のほか、中国とアジアを強化している。

アジアは厳しいが、タイは超高張力鋼板(超ハイテン)の引き合いがあり、対応できる設備も考えたい」 【記者の目/将来への準備怠らず】 エイチワンは個人投資家が大きく増え...

「自動車産業を育成している新興国などで事業展開する」と説明するのは、蝶理マシナリー(東京都港区)社長の速水淳さん。... 中南米、アジア、中東・アフリカで乗用車、バス、トラックなどを販売し、現地調達や...

ASEANでは、経常赤字で資金不足に悩む国が多いが、タイは経常黒字国である。... 他方で、第5世代通信(5G)などのデジタル技術の導入において、先進国と新興国の時間差はあまりなくなりつつある。......

毎年開催している『アジア・スマートシティ会議』は新興国の課題を官民で解決し、イノベーションを創出する場として認知されたのだろう。

石塚硝子と共同で牛乳パックなどの紙容器製造を始めるが、将来は海外でも事業を拡大したい」 ―海外では新興国の経済発展に伴う需要が増大しています。 「アジア・オセアニア...

栃木県の車関連メーカー、受注減克服の道筋を模索 (2020/1/21 中小企業・地域経済2)

湯原製作所 アジアで受注拡大 湯原製作所(同さくら市)の湯原正籍社長は「新興国市場でガソリン車やディーゼル車の需要はまだ伸びる」と見て、アジア地域での受注拡大を目指す。

インドネシアでLNG(液化天然ガス)を使った火力発電所の建設・運営に向けて取り組んでいるが、他のアジア各国からの関心も高まっている」 ―どういった変化を感じますか。 ...

アジアの新興国では加工機の性能の70%ほどしか使われていないことが多い。

テスト・ベッド支援策提供 アラブ首長国連邦(UAE)は、早くから大型空港や港湾などのインフラやフリーゾーンといった事業しやすい制度の整備を進め、ドバイを中心に中東・北アフリカ(MEN...

付加価値品への投資をより鮮明にする一方で、新興国と価格競争関係にある汎用品は縮小を検討し、投資も抑制するという。東レは米国やアジアなど海外の売上比率が50%を超えており、設備投資でも総額の60%程度は...

資金余剰の日本と、資金不足だが成長機会がある新興国をつなぐことを重視。... 同社は、投資家から集めた資金をさまざまな国の人や事業者に投資。... 現在はアジア、アフリカ、ラテンアメリカ、東ヨーロッパ...

ブランド力向上など、重点市場であるアジア・新興国での小型車戦略を強化する狙いがあるとみられる。 ... トヨタは同日付で、ダイハツ工業の松林淳会長を新興国小型車カンパニープレジデント...

石油輸出国機構(OPEC)の1月からの非加盟国との協調減産幅拡大でさらに油価が上昇すれば、元売り大手は業績改善が見込める。... 産業用途は新興国の安全意識の高まりでエアバッグの出荷増に期待がかかる。...

これまでも羽田が「再国際化」した2010年、欧州行きなど長距離路線の昼間便に門戸が開かれた14年と、国際線の一部を奪われたが、今回は長らくアジア最大規模を誇った米国便の大勢も羽田発着に移行する。......

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる