電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

321件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

英アストラゼネカ、30年売上高800億ドル がん治療薬柱に (2024/5/24 生活インフラ・医療・くらし2)

医薬品大手の英アストラゼネカは、2030年までに売上高を800億ドル(約12兆5000億円)へとほぼ倍増させることを目指す。... 23年の売上高が458億ドルだっ...

第一三共の通期見通し、増収営業増益 主力の抗がん剤好調 (2024/4/26 生活インフラ・医療・くらし)

エンハーツの売り上げ拡大に伴い、同薬の販売で提携する英アストラゼネカへの支払いやがん領域への投資が増える見通しだが、主力製品の増収によりコア営業利益も増加する見込み。

第一三共、欧米強化 がん新薬の年内承認見据え (2024/3/5 生活インフラ・医療・くらし)

欧米でのがん事業に強みを持つ英アストラゼネカと提携し、開発や販売を行い、同薬は23年度の欧米での売上高が3000億円以上を見込む大型薬に成長した。 ... 第一三共はアストラゼネカと...

JR東海・西、4月にCO2ゼロ乗車券 新幹線で法人向け (2024/2/16 生活インフラ・医療・くらし1)

サービス内容の検討に当たり、医薬大手のアストラゼネカと連携した。

京都大学iPS細胞研究所(CiRA)はリジェネフロ(京都市左京区)、英アストラゼネカと共同で、ヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)を活用し、血管内皮細胞を...

第一三共など、肺がん向け「エンハーツ」 欧で一部変更承認 (2023/10/25 生活インフラ・医療・くらし1)

第一三共と英アストラゼネカは抗体薬物複合体(ADC)の抗がん剤「エンハーツ」について、がん組織でHER2遺伝子に変異がある進行性非小細胞肺がんの2次治療を対象とし、欧州連合(E...

ニュース拡大鏡/第一三共、メルクと提携 抗がん剤開発加速 (2023/10/23 生活インフラ・医療・くらし)

一方で、第一三共はこれまでエンハーツなどの開発については英アストラゼネカと進めてきた。

杉田氏は21年のアステラス入社以前は、英アストラゼネカや日本マイクロソフトで人事部門に携わっており、グローバル組織へと改革を進めるアステラスの土台作りに欠かせない人物だ。

アストラゼネカ、卵巣がん啓発セミを来月開催 (2023/8/16 生活インフラ・医療・くらし)

アストラゼネカ(大阪市北区)は一般女性を対象とした卵巣がん疾患啓発イベント「正しく知って備えよう、卵巣がん啓発セミナー」を9月8日19時半から開催する。

小野薬、がん薬特許訴訟でアストラゼネカと和解 (2023/7/26 生活インフラ・医療・くらし1)

小野薬品工業は25日、肺がん治療向け免疫チェックポイント阻害薬「抗PD―L1抗体」の特許訴訟で英アストラゼネカと全世界で全面的に和解したと発表した。小野薬品はアストラゼネカや英メディミューンから約1億...

製薬大手の英アストラゼネカの日本法人は営業車に850台の電気自動車(EV)を導入した。... アストラゼネカとの雇用関係を証明するためだ。... 世界ではアストラゼネカを含む121社が...

アストラゼネカ、がん治療薬の併用療法で米から優先審査指定 (2023/6/23 生活インフラ・医療・くらし1)

英製薬企業のアストラゼネカは、がん治療薬として開発を進める「カピバセルチブ」と乳がん治療薬「フェソロデックス」の併用療法について、米国食品医薬品局(FDA)から優先審査指定を取得した。...

第一三共の通期予想、増収増益 (2023/4/28 生活インフラ・医療・くらし1)

エンハーツの売り上げ拡大に伴い、同薬の販売で提携する英アストラゼネカへの支払いやがん領域への投資が増える見通しだが、主力製品の増収によりコア営業利益も増加する見込み。

JCLP、脱炭素移行へ国会議員に連携要請 都内で交流会 (2023/3/21 建設・生活・環境・エネルギー)

アストラゼネカの堀井貴史社長も「気候変動に効くワクチンはない。

アストラゼネカからの資金提供・治験薬の無償提供により実施。

脱炭素社会への目標や道筋について他国や他社の声を聞き、日本にフィードバックするのが役割と思う」 【解説/環境先進国復権へ連携】 英アストラゼネカや英蘭ユニ...

英アストラゼネカが開発した新型コロナウイルス感染症治療薬「エバシェルド筋注セット」が30日、厚生労働省より特例承認された。

第一三共と英アストラゼネカは抗がん剤「エンハーツ」について、米食品医薬品局(FDA)より「転移再発で化学療法を受けたHER2低発現の手術不能または転移性乳がん」を適応として一...

第一三共と英アストラゼネカは共同で開発する抗がん剤「エンハーツ」について、欧州連合(EU)における「抗HER2療法を受けた手術不能、または転移性のHER2陽性乳がん」を適応として、一部...

英製薬大手アストラゼネカの日本法人は9日、新型コロナウイルスの予防・治療薬AZD7442(海外名エブシェルド)について、厚生労働省に製造販売承認を申請したと発表した。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン