310件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.002秒)

進化したものをお見せしたい」 ―アバター(分身)技術もパビリオンに取り入れる計画ですね。 「世界中の人がバーチャル(仮想空間)でパビ...

同社はアバター(分身)で海外生活を疑似体験しながら、世界中の英語学習者と実践的な英会話を楽しめるメタバースを提供している。

第1弾として新納啓介社長のアバター(写真)を制作し、早ければ7月から社内イベントや代理店向け説明会でアバターで登壇・交流する。... 仮想オフィスを開設し、社員がアバター出勤したり、新...

アバターのデザインや個人間で資金を貸すピア・ツー・ピア(P2P)レンディングなど、初対面同士のマッチングに応用できる。 ... アバターの設計では似た顔を作ると信頼度...

アバター(分身)ロボットによるバーチャル観光や、人流データを使って運行制御する自動運転バスを県が導入する。

大分県は「アバター(分身)や宇宙港、カーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)など先進的な取り組みをされていて大分県経済のポテンシャルが高いと感じた。

(大城麻木乃) 日本生命は、職域の客先の食堂前にタブレットを設置し、「アバター職員、花ちゃん」という名称のバーチャル保険販売員が登場する実証実験を今春、実施した。通り...

名古屋工業大学の李晃伸教授と大阪大学の石黒浩教授らは、汎用性を重視した中性的なアバターを作成した。... コンピューターグラフィックス(CG)で3Dアバタ...

VR空間では自身の身体に加えて2本のロボットアームが生えたアバターを操作する。

凸版、“メタバース”美術館開発 色・質感を忠実に (2022/6/22 電機・電子部品・情報・通信2)

日本語や英語で学芸員監修の作品解説が聞けるほか、アバター(分身)を介して、友人や学芸員とのコミュニケーションも可能。

NECとiU、仮想空間での授業実証 集中度・興味を可視化 (2022/6/7 電機・電子部品・情報・通信2)

教員と学生が仮想現実(VR)ゴーグルとウエアラブル(装着型)端末を身に付けて仮想空間にアバター(分身)として参加し、授業を行った。

来場者はアバター(分身)になって会場を自由に歩き回り、音声で会話や商談ができる。

ANA系、仮想空間で保険開発 損保ジャパンと実証 (2022/5/16 建設・生活・環境・エネルギー)

利用者はアバター(分身)を通じて京都市など世界中の旅先で仮想旅行やショッピングを体験できる(イメージ)。

現在、開発中の仮想空間サービスでは、利用者がアバター(分身)を使って、京都の観光施設や商業施設などを体験できる構想だ。

(葭本隆太) 若手社員が操作するアバターが上司のアバターに近づいて声をかけ、仕事の進め方を相談する。... オヴィスは2次元の仮想空間に社員が“出社”し、アバターを介...

顔認証技術を活用した決済システムや、個人に合わせた駅案内表示、アバターの活用などが計画されている。

AIは社会を変えるか? 求められる説明可能性 (2022/5/2 科学技術・大学)

仮想空間にある物や状態、アバターの動作をすべて記述する。

ニュース拡大鏡/ICT大手、メタバースで商機模索 (2022/4/26 電機・電子部品・情報・通信)

XRワールドでは、アバター(分身)を通して、利用者同士が相互にコミュニケーションを取りながら多様なコンテンツを楽しむ。

2021年10月には、コロナ禍の社員同士のコミュニケーション促進に向け、米テミのアバター(分身)ロボット「テミ」を導入。

例えば「片足で立つ」というリスク行動はアバターができないため抽出できなかった。

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン