電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

493件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

高齢化社会でがんや生活習慣病といった領域の治療が増加するほか、近年は感染症への対応など、検査需要の変化は大きい。... 「がんの検査は今後も世界的に需要は大きいと見込むほか、生活習慣病関連の引き合いも...

ED治療薬、認知症に効果 英大学調査 (2024/2/15 科学技術・大学1)

【ロンドン=時事】「バイアグラ」などの男性機能不全(ED)治療薬を服用する男性は、アルツハイマー病を発症するリスクが18%低いとする調査結果が、学術誌「ニューロロジー」...

展望2024/島津製作所社長・山本靖則氏 米に認知症検査用PET (2024/1/24 機械・ロボット・航空機1)

規制が強化されている欧米や日本を中心に自治体や企業でPFAS測定が必要になり、当社の質量分析計などが活躍できる」 ―アルツハイマー病(AD)への取り組みを進めています...

富士レビオHD、インド検査薬会社と提携 (2024/1/24 生活インフラ・医療・くらし2)

アルツハイマー病などの神経疾患関連領域も対象としており、試薬ラインアップを拡充していく。

認知症薬「レカネマブ」、国内投与開始 患者負担少ない診断体制へ (2024/1/17 生活インフラ・医療・くらし2)

エーザイなど、血液検査確立目指す アルツハイマー病(AD)治療薬「レカネマブ」の国内投与が始まったのに伴い、疾患の診断体制の整備が活発化してきた。... こうした動き...

展望2024/テルモ社長・佐藤慎次郎氏 心臓血管事業、米で攻勢 (2024/1/12 生活インフラ・医療・くらし2)

「エーザイのアルツハイマー病治療薬『レカネマブ』の投与デバイスを共同開発しており、医薬品の開発に合わせ実用化する段階にきた。

エーザイは9日、米バイオ医薬品大手バイオジェンと共同開発したアルツハイマー病(AD)治療薬「レケンビ」(一般名レカネマブ)について、中国国家薬品監督管理局(NM...

2024TOP年頭語録/ANAHD・芝田浩二社長ほか (2024/1/8 生活インフラ・医療・くらし)

エーザイ・内藤晴夫最高経営責任者(CEO) 意義ある仕事 パイオニア的な努力でアルツハイマー病の早期診断・治療のパスウェイ整備に...

シスメックス、欧にアルツハイマー血液検査試薬 来月投入 (2023/12/28 生活インフラ・医療・くらし)

【神戸】シスメックスは血液からアルツハイマー病の兆候を検査する試薬を2024年1月に欧州で発売する。... 同試薬はアルツハイマー病の原因とされるアミロイドβの脳内の蓄積状態の把握を補助する。 ...

経営ひと言/エーザイ・内藤晴夫CEO「責任果たせる」 (2023/12/19 生活インフラ・医療・くらし)

悲願だったアルツハイマー病(AD)治療薬「レカネマブ」を国内で発売する。

厚生労働省は13日の中央社会保険医療協議会(厚労相の諮問機関)で、エーザイと米バイオジェンが開発したアルツハイマー病(AD)治療薬「レカネマブ」の保...

検証2023年/レカネマブ実用化 認知症の進行抑制 (2023/12/7 生活インフラ・医療・くらし)

動き出す市場、課題は価格 エーザイのアルツハイマー病(AD)治療薬「レカネマブ」が実用化した。

シスメックスなど、試薬開発に神経変性疾患を追加 (2023/12/4 生活インフラ・医療・くらし)

【神戸】シスメックスと富士レビオ・ホールディングス(HD、東京都港区)はシスメックスの検査試薬の開発項目に、アルツハイマー病をはじめとする神経変性疾患関連領域を追加することで合意した。

認知症治療、利用しやすく エーザイ、タイ当局と協働 (2023/12/1 生活インフラ・医療・くらし1)

エーザイは30日、タイ販売子会社エーザイ・タイランドが、タイ保健省医療サービス局(タイ保健省)とアルツハイマー病(AD)など認知症の治療に対するアクセス改善に向けた協働...

ファンペップはアルツハイマー病ワクチンの研究を開始した。抗体誘導ペプチド技術(ペプチド治療ワクチン)を用いた医薬品開発の知見に基づき、タウ伝播を抑制する抗リン酸化タウ抗体誘導ペプチドの...

低分子のRNAである「siRNA」を使った核酸医薬は肝疾患などの生活習慣病や感染症の一部に適用した治療薬が開発されている。... がんだけでなく、遺伝性疾患やアルツハイマー病などの神経系疾患などへの応...

東北大学発のベンチャー企業のサウンドウェーブイノベーション(東京都中央区、加藤肇社長)は、超音波を脳に当てることでアルツハイマー病の進行を抑える効果を検証する臨床試...

経営ひと言/エーザイ・内藤晴夫CEO「認知症薬拡大へ」 (2023/11/17 生活インフラ・医療・くらし2)

アルツハイマー病治療薬「レカネマブ」の成長に取り組む。

「例えばヘルスケアやバイオテックはアルツハイマー病やがんといった疾病を予防・治療するのに役立つ。

これはほぼすべての安静時fMRI研究において組み合わせ可能な要素技術であるため、アルツハイマー病の進行度を評価したり、新規薬剤の効果を確かめるなど、さまざまな臨床応用が期待される。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン