45件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

米国を中心とした「アルテミス計画」に代表されるように、月への関心が強まっていることが念頭にある。... 人工衛星を複数連携させた「衛星コンステレーション」の構築を促進させるほか、国際宇宙探査計画「アル...

(飯田真美子) 米主導の「アルテミス」  現在、各国が新たなフロンティアとして進める月探索の中核となるのは、米国が主導する国際探査計画で日本も参...

宇宙の生活に「日本食」を (2021/9/20 深層断面)

品質・安全性アピールは利点  ただ、審査途中で日本人宇宙飛行士がISSに長期滞在する計画が発表された場合、特例としてJAXAから「プレ宇宙日本食」として承認が検討される。... 今後...

文科省は米国主導の国際宇宙探査計画「アルテミス計画」に向けた研究開発などに約380億円を盛り込む。24年に探査機を打ち上げる予定の火星衛星探査計画「MMX」や、新型宇宙ステーション補給機「HTV―X」...

NASAは4月、有人月飛行の「アルテミス計画」で、宇宙飛行士を月面に運ぶ宇宙船の建造をイーロン・マスク氏のスペースXに委託すると発表した。

「米国は国際宇宙探査計画『アルテミス計画』を主導し、中国は多くの探査機を打ち上げている。

ヘリで地表撮影、実証進む 米国主導の国際宇宙探査計画「アルテミス計画」の達成に向け、月・火星への探査が進んでいる。... 日本では2024年に探査機の打ち上げを目指す「火星衛星探査計...

政府の宇宙政策委員会は26日、国の宇宙開発計画実施方針「宇宙基本計画工程表」の改訂に向けた重要事項をまとめた。... 惑星探査は、火星衛星探査計画「MMX」の促進や、月面活動を視野に入れながら国際宇宙...

野口さんが取り付けた架台に、星出さんが新型太陽電池を設置する計画だ。 ... 現在はこうのとりの後継機「HTV―X」の開発を進め、月や火星に有人着陸を目指す米国の国際宇宙探査計画「ア...

「はやぶさ2」帰還3カ月 計画順調、試料分析も着々 小惑星探査機「はやぶさ2」が6年ぶりに地球に帰還してから3カ月がたった。... はやぶさ2が達成した惑星間往復航行は、深宇宙探査や...

「24年に宇宙飛行士の月面着陸を目指す米国主導の『アルテミス計画』は、トランプ氏が再選を前提に目玉政策にしていた。... (飯田真美子) 政府の総合科学技術・イノベーション会議(CS...

月面探査、新局面 (2021/1/11 科学技術・大学)

国際競争は激化し、米国は月や火星の資源探査を本格化させるアルテミス計画を展開。... 日本も昨年、宇宙基本計画を改定し、宇宙ビジネスの拡大をもくろむ。 ... 一方、国の計画も財政悪...

「日本では小惑星探査機『はやぶさ2』による探査が進み、国際的にもアルテミス計画に向けた活動が進んでいる」と強調する。

アルテミス計画の実施に向けた第一歩となる。井上信治科学技術担当相は「この覚書を踏まえつつアルテミス計画に向けて取り組みたい」と語った。

(総合1参照) 予算の目玉となる世界レベルの研究基盤を構築するための10兆円規模の大学ファンドの創設費は、21年度財政投融資当初計画額4兆円と20年度第3次補正予算額5000億円の計...

そこで米国の国際宇宙探査計画「アルテミス計画」での日本人宇宙飛行士が活躍する機会の確保に向け、13年ぶり6回目の新規募集を行う。

このうち、世界レベルの研究基盤を構築するための10兆円規模の「大学ファンド」の創設費に5000億円、米国が主導する有人宇宙探査計画「アルテミス計画」などの宇宙開発費に573億円を充てる。

2024年にも月面に宇宙飛行士を送る米国の国際宇宙探査計画「アルテミス計画」に日本が参加を決めてから1年がたつ。... 特に文部科学省は2809億円を要求し、アルテミス計画関連に810億円を充てた。....

新型宇宙船の開発・運用は2024年の月面への有人着陸を目指す米国主導の「アルテミス計画」につながる。... 今回の募集から宇宙飛行士の選抜や訓練方法などに企業のノウハウやアイデアを活用する計画だ。

愛知で育つ「副業起業家」 (2020/11/16 中日本)

大企業では実現困難な事業計画も自分の会社では挑戦できる。... 折しも2024年に宇宙飛行士の月面着陸を目指す米国の「アルテミス計画」が進むなど月面探査が脚光を浴びている。

おすすめコンテンツ

原子力年鑑2022

原子力年鑑2022

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい乾燥技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい乾燥技術の本

調達・購買の教科書
第2版

調達・購買の教科書 第2版

図解!本気の製造業「DX推進のお金の流れと原価管理」

図解!本気の製造業「DX推進のお金の流れと原価管理」

眼科119番 第3版
一家に一冊・・・目の薬箱

眼科119番 第3版 一家に一冊・・・目の薬箱

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる