834件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

電力だけでなく熱源の議論も必要で「ブルー水素・アンモニア」も有力だ。... また、海外で製造した水素・アンモニアを輸入するなどの国際協調も必要になる。

宇部興産は21年1月にアンモニア工場が一時停止した影響でCPLを十分に出荷できず、2月価格は若干下がったが、3月価格は同1900ドルまではね上がった。

2030年代以降、化石燃料からバイオマスや水素、アンモニアなど新エネルギーへの転換が全世界で進んでいく。

第一生命、脱炭素債に投資 (2021/7/27 金融)

投資資金は液化天然ガス(LNG)船舶への入れ替えやアンモニア・水素などを燃料とするゼロエミッション船の研究開発など、温室効果ガス排出量削減に向けた各種投資に用いられる。

今回の素案で唯一評価できるのは、水素・アンモニアの活用を1%程度盛り込んだことだ。

事業化調査の第2段階に入っている「アンモニアバリューチェーン」では、炭化水素などを含む天然ガスからアンモニアをプラントで生成する検討を始めた。... 石炭火力発電にアンモニアの20%混焼を実施すると、...

海運、脱炭素へ積極投資 地球環境に優しい輸送提供 (2021/7/23 建設・生活・環境・エネルギー)

30年代以降にアンモニアや水素燃料の利用が拡大すると見込む。... これとは別に、35年までに合成メタンやアンモニア、水素燃料を用いてCO2を排出しないネットゼロ・エミッション外航船を約110隻規模ま...

今回の基本計画には水素・アンモニアの政策対応が明記された。

アンモニア混焼火力で脱炭素提供 中外炉工業は強みの燃焼技術で脱炭素への貢献を目指している。... 「19年度から大阪大学とアンモニア関連の研究に取り組んできた。....

長期的には、アンモニアのほか、水素とCO2で合成されるカーボンリサイクルメタンなどゼロエミッション舶用燃料の実用化に向けて検討を進めていく。

事業化調査は豪州でのアンモニアの製造、日本への輸送、受け入れまでの一貫したプロジェクトを検討する。天然ガスからアンモニアを製造する過程で排出される二酸化炭素(CO2)を、CO2の回収・貯留(CCS)や...

実現すれば小名浜港は、海外から水素、燃料アンモニアを受け入れ、水素ステーションはもとより、工場や石炭火力発電へ供給する水素の拠点港に脱皮する。

大ガスと豊田織、アンモニア燃料小型エンジンの技術開発着手 (2021/7/20 建設・生活・環境・エネルギー1)

大阪ガスと豊田自動織機はアンモニア燃料用小型エンジンシステムの技術開発と実証を始めた。環境省の委託事業によって、アンモニア燃料単体で利用できる小型エンジンシステムの要素技術の確立や実機による運転実証に...

アンモニアの直接燃焼も国のプロジェクトを通じて科学的な理解が深まったことで注目されている。

石炭代替のバイオマス燃料や水系コーティング用樹脂は増産を検討している」 ―火力発電で混焼してCO2排出を減らす燃料としてアンモニアが注目されています。 「現在、国内...

船舶の燃料をめぐっては環境対応で重油からLNGやアンモニアなどに転換する動きが広がる。

アンモニアは燃焼時に二酸化炭素(CO2)を排出しないため、脱炭素化に貢献するクリーンエネルギーとして注目を集める。 共同調査では、アラブ首長国連邦(UAE)のアブダビで天然ガスからア...

これとは別に35年までに合成メタンやアンモニア、水素燃料を用いて二酸化炭素(CO2)を排出しないネット・ゼロエミッション外航船を約110隻規模まで拡大する。

伊藤忠商事は東シベリア・日本間のアンモニアバリューチェーン構築に向けた事業化調査の第2段階に着手した。ロシア石油大手の東シベリア油田で産出される天然ガスから水素やアンモニアを製造し、日本へ輸送するため...

国内生産が終了したR22冷媒設備や老朽化したアンモニア設備の入れ替え需要が高まっている。

おすすめコンテンツ

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

プラスチック製品設計者1年目の教科書

プラスチック製品設計者1年目の教科書

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる