1,156件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

今後、燃焼時にCO2を排出しないアンモニアを燃料として利用するための技術開発を始める計画だ。

水素や燃料アンモニアなど次世代エネルギーの大量・安定・安価な輸入や貯蔵などを可能にする環境の整備などを行う。

再エネ、水素、アンモニアなどの活用による供給側の脱炭素化だけでなく、エネルギー多消費産業など需要側の脱炭素化を支援する。

中長期ではエチレン生産設備に使う燃料へのアンモニア利用技術を開発する。

政策立案側の念頭にあるのは、水素やアンモニアといった新たなエネルギーの早期普及だが、有識者である税調メンバーからは政策手法のひとつである税制がいきなり提示されたことへの違和感や、国の戦略との整合性を指...

米国メキシコ湾で年間100万トン規模でクリーンアンモニアを生産するもので、総投資額は20億ドル規模になる見通しだ。... 三井物産はアンモニア事業で約50年間の取り扱い実績があり、日本への輸入でトップ...

アンモニアの活用や、二酸化炭素(CO2)の回収・貯留・利用(CCUS)をテーマにした会議のほか、液化天然ガス(LNG)の生産・消費国が一堂に会する「LN...

伊藤忠商事は、韓国ロッテケミカルと脱炭素社会の実現を目指し、水素・アンモニア分野で協業に関する覚書(MOU)を締結した。今後、アンモニアの取引や日本と韓国市場を対象としたアンモニアイン...

日本はアンモニアや水素の混焼から専焼に持って行く低炭素技術で移行する考え。

欧州勢は一気に脱炭素化を推進する考えが強く、現状の石油燃料からアンモニアや水素、バッテリー船へ一足飛びに移行するべきだと主張している。... 脱炭素化を実現する代替燃料としてはアンモニアが有力候補とな...

オンサイトアンモニア合成のプロセス開発や触媒の量産化などを進める。再生可能エネルギーを利用したアンモニア製造は脱炭素化や、化学肥料確保による食料安全保障につながる。 ... 再生可能...

アンモニア利用進展に対応 ―注力する分野は。 ... 「(水素運搬手段としての)アンモニアの利活用が急速に進展している。当社は以前からアン...

環境負荷の低いアンモニア合成につながる。 窒素と水素を反応させてアンモニアを合成する。... 380度C、51気圧では平衡濃度に近い15%のアンモニアが得...

例えばバイオ燃料やアンモニア、水素などのテーマごとでチームを組み、実証実験することなどを想定。

「水素やアンモニアなどを国内で生産できる技術開発や、既存のコンビナートの円滑な脱炭素化への仕組みづくりに協力したい。

超臨界状態にしたアンモニアにGaN多結晶を溶かし、単結晶を再析出させる。東北大学と日本製鋼所と共同でアンモニアに添加する硬化剤を工夫し、従来方法より低圧で大量に溶けるようにした。

三井E&SHDは国内首位の船舶用エンジンメーカーであり、水素やアンモニア、メタノールなどさまざまな次世代燃料技術を磨く。

政府も「アンモニア社会」の実現に向け、20年に「燃料アンモニア導入官民協議会」を立ち上げるなどし旗を振る。 ... 国内の電力大手の全ての石炭火力発電所でアンモニアを20%混...

「内燃機関は化石燃料から水素やアンモニア、メタノールへと移っていく。

アンモニア焚きでは、中小型ガスタービンでアンモニア100%直接燃焼を25年に実用化する構え。... 大型ガスタービンはアンモニア分解方式で30年以降に実用化を見込む。... 水素パークから高効...

おすすめコンテンツ

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン