電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

140件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

大きさに差のある陽イオンと陰イオンを含むイオン伝導性の高分子膜を電極で挟み電圧をかけると、イオンが移動して大きい方のイオンが集まった側が伸びる。... この両立できない関係性を打破するため、NIMSの...

バルクイオン伝導度は1センチメートル当たり7・0ミリジーメンスで全イオン伝導度は同3・9ミリジーメンスだった。... 酸化フッ化物の新しいタイプのイオン伝導材料になる。 ... 酸化...

大阪ソーダ、研究棟新設 全固体電池の材料開発急ぐ (2024/3/13 素材・建設・環境・エネルギー1)

全固体電池の負極に用いる材料「超高イオン導電性ポリマー」を開発する。... 大阪ソーダは22年に新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)のグリーンイノベーション基金に採択され、ポ...

東レ、空気電池用ポリマー膜開発 イオン伝導度10倍 (2024/3/12 素材・建設・環境・エネルギー1)

東レは11日、イオン伝導度を従来開発品比10倍に向上した次世代電池用イオン伝導ポリマー膜を創出したと発表した。リチウムイオンがサイト間を飛び移りながら移動する、ホッピング伝導型のポリマー膜としては最高...

硫化物系は酸化物系と比べてイオン伝導性が高いほか、柔らかい材料のため電解質の粒と粒の界面が密着しやすく成形性が良い特徴がある。 ... 硫化物系電解質のイオン伝導性を、室温下において...

東京工業大学の作田祐一大学院生と八島正知教授らは、酸素イオンとプロトンの両方が流れるデュアルイオン伝導体を開発した。イオン伝導度は既知物質の16倍に向上した。... 伝導イオンを制御したセンサーや触媒...

その性能のカギを握るのが、電解質のイオン伝導だ。... このような現象をイオン伝導という。 ... こうしてリチウムイオンの伝導しやすさと伝導経路が可視化され、イオン伝導のカギとなる...

三菱マテリアル、xEVの全固体電池向け固体電解質の量産で技術 (2023/12/25 素材・建設・環境・エネルギー)

硫化物系固体電解質は、全固体電池に用いる固体電解質の中でもイオン伝導率が高い。

東京工業大学の斉藤馨大学院生と八島正知教授は、中低温で高いプロトン(水素イオン)伝導性を示す酸化物を開発した。結晶中の酸素が抜けた空孔と元素置換でプラス電荷を増やしてプロトンの伝導性を...

【紫綬/大阪公立大学学長/辰巳砂昌弘(たつみさご・まさひろ)氏】 現在学長を務める大阪公立大学の前身の一つ、大阪府立...

AGC、車載電池向け材料で生産新技術 独自の溶融法確立 (2023/9/7 素材・建設・環境・エネルギー1)

同手法では、リチウムイオン電池(LiB)からリサイクルされた原料の利用も容易になるとみる。 硫化物固体電解質はイオン伝導率が高く、自動車の航続距離延長や充電時間の短縮...

従来のリチウムイオン電池(LiB)の最高値に匹敵する高さを実現した。... イオン伝導体として固体電解質を使う全固体電池は、有機溶媒の電解液を使うLiBに比べて安全性が高いほか、広い温...

そこで量子科学技術研究開発機構(QST)では、世界初の超高純度リチウム回収技術であるイオン伝導体リチウム分離法(LiSMIC)の基本原理を確立した。 ...

固体電解質としてリチウム・ゲルマニウム・リン硫化物の一部元素をケイ素や臭素、酸素に置換したイオン伝導体を開発した。イオン伝導率は1センチメートル当たり32ミリジーメンスと、置換前の2・3―3・8倍の伝...

九大、酸化物系固体電解質の低温焼結法開発 (2023/7/6 科学技術・大学2)

イオン伝導率は1センチメートル当たり1000分の1・2ジーメンスと高温焼結材料に匹敵する。

エネルギーの源となるリチウムイオンの動きを阻む「イオン伝導性の低さ」は、全固体電池の実用化に向けた最大の障壁。... そのカギとなるのがイオン伝導性の向上だ。 高いイオン伝導性の達成...

安藤研究所(東京都渋谷区、安藤明博理事長)は、エレクトロニクス分野の若手研究者を対象とした「第36回安藤博記念学術奨励賞」に、飯村壮史物質・材料研究機構主任研究員の「水素の陰イオンを用...

「不規則性の中の規則性がイオン伝導性や磁性などの物性を決める」と語るのは、東京工業大学教授の八島正知さん。... 例えばイオン伝導体は原子の位置や占有割合が不規則にゆらぐ。ゆらぎで...

イオン伝導体の結晶構造を調べ、不規則性の中に規則性を見いだした。元素配置の不規則性はイオン伝導を引き起こす。

花王芸術・科学財団、来年度助成先112件決定 (2023/3/27 素材・医療・ヘルスケア)

【化学・物理分野】 ▽下林俊典京都大学准教授/非膜型オルガネラ界面の揺らぎダイナミクス▽野村優貴ファインセラミックスセンター上級研究員/Liイオン内部の界面イオン...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン