電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

142件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.002秒)

十字構造のスピロビピリジンという有機分子をイリジウム触媒の配位子に利用する。イリジウムに配位した芳香環とスピロビピリジンの水素の間に弱い相互作用が生じて触媒活性を高める。 ... ピ...

研究では、京大の北川宏教授らが開発した手法で、白金族の5元素(白金、パラジウム、ロジウム、イリジウム、ルテニウム)を原子レベルで均一に混ぜ合わせたHEAのナノ粒子を作製し、触媒に用いた...

具体的には、イリジウム(Ir)錯体触媒を用いて二酸化炭素(CO2)を活物質化した。... 充電時には、負極でイリジウム錯体触媒を介して二酸化炭素がギ酸塩へと還元され、正...

イリジウム錯体の光酸化還元触媒とコバルト触媒、コリジンハロゲン化水素酸を組み合わせてハロゲン化反応を実現した。 ... イリジウム錯体が光のエネルギーを吸収するとコバルト触媒に水素や...

一方、コスト負荷が大きい酸化イリジウムなど貴金属触媒の使用量低減も求められている。

ホンダ、大型2輪の一部カラー変更 銅色で高級感演出 (2024/1/30 自動車・モビリティー)

レブル1100と同DCTのカラーリングは「イリジウムグレーメタリック」とホイール色を銅色に変更した「ガンメタルブラックメタリック」の2色を設定した。

例えば、今のところ世界で最も高い磁化を持つ磁性合金(鉄・コバルト・イリジウム〈FeCoIr〉)は、この自律材料探索AIによって発見・合成された。

超格子中で元素比を制御し、反強磁性体であるイリジウム酸化物のイリジウムをチタンに置き換える「サイト希釈」を行った。

フルヤ金属は白金系のプラチナグループメタル(PGM)の中でもイリジウム、ルテニウムでさまざまな技術・製品を提供する。... 業界では後発だったため、先輩らがやっていないことをやろうとP...

東ガス、「eメタン」実証 グリーン水素、低コスト量産へ (2023/11/9 素材・建設・環境・エネルギー2)

並行して希少金属であるイリジウム使用の少量化も実現した。 さらに米H2Uテクノロジーズ(カリフォルニア州)と連携し、イリジウムを使わない新触媒材料の探索に着手した。....

ホンダ、大型スポーツツアラーに”深みの赤”追加 (2023/10/20 自動車・モビリティー)

継続色の「マットイリジウムグレーメタリック」と合わせて全2色の設定となる。

東芝は5日、フルヤ金属と希少金属であるイリジウムの安定的な供給網の構築に向け、事業提携を検討すると発表した。イリジウムは東芝の水素を製造する水電解装置に欠かせない中核部材に使われる。... 東芝は水を...

東京ガス、CO2フリー水素製造 低コスト装置を稼働 (2023/7/19 素材・建設・環境・エネルギー)

東京ガスはこれまでPEM方式を試験導入してきたが、高価で希少なイリジウムや白金などの貴金属を使う弱点があった。

東ソーなど、NEDOの共同事業に採択 グリーン水素製造研究で (2023/7/13 素材・建設・環境・エネルギー2)

触媒となるイリジウム含有マンガン酸化物の工業化可能な製造方法、水電解の最適な運転方法、電解装置の大型化に向けた技術開発に取り組む。... 東ソーはイリジウム含有マンガン酸化物の製造方法、日本カーリット...

可視光を吸収して光増感剤として働くイリジウム錯体触媒を2分子に分けた。マイナスイオンのイリジウム錯体が光を吸収してプラスイオンの錯体にエネルギーを受け渡して反応を進める。 ... イ...

希少金属イリジウムを含む材料使用量も抑制し調達面の課題解決も見込める。... フロスフィアはよりバンドギャップの大きい酸化イリジウムガリウムをp型半導体に用いることを検討。JSRと成膜材料を共同開発し...

東ガスとSCREEN、水電解装置を低コスト化 電解質膜を高速量産 (2023/3/16 建設・生活・環境・エネルギー1)

触媒インクとして塗布するイリジウム粉末とポリマーの混合比や溶媒を工夫することで、イリジウムの使用量を減らしロール状で薄く塗工することに成功した。 ... 東ガスは希少金属のイリジウム...

東ガス、米スタートアップと低コスト触媒開発 水電解装置向け (2023/3/10 建設・生活・環境・エネルギー)

革新技術としてプロトン交換膜を使用するPEM水電解方式に取り組んでいるが、電極にレアメタル(希少金属)の一種であるイリジウムを使うため、安価で安定調達ができる代替触媒の開発が急務。H2...

貴金属のイリジウムやルテニウム製品で世界トップクラスの同社が、非鉄金属などの商社と組んだ狙いを桑原秀樹取締役に聞いた。

まずイリジウム触媒が可視光を吸収して基質をラジカルとして活性化する。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン