26件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

さらにSrc細胞が炎症に関わる物質「インターロイキン6(IL―6)」を分泌し、隣接のRas細胞で細胞外からの情報伝達経路を活性化。

炎症を引き起こす物質「インターロイキン―6(IL―6)」の作用を阻害する抗体医薬品で、現在110以上の国で承認を取得している。

新型コロナの重症化時は長時間の免疫反応に伴い、炎症に関わるたんぱく質インターロイキン6(IL―6)や活性酸素が発生するとみられている。... ラットでの動物実験ではシリコン製剤の投与で、特に毒性の強い...

炎症性サイトカイン(たんぱく質)の一種で自己免疫疾患など炎症の発症に深く関与するインターロイキン6(IL―6)が骨組織の向きを乱し、骨が弱くなる要因になることが分かった。... 炎症性疾患では免疫系の...

(安川結野) 中外製薬の「アクテムラ」は、炎症を引き起こす物質「インターロイキン―6(IL―6)」の作用を阻害する作用を持つ関節リウマチ治療薬で、新型コロナ感染症治療薬の有力候補だ。...

感染早期に血中で増加するたんぱく質「インターロイキン6(IL―6)」が血液凝固を促進する分子を放出して肺炎を重症化する。IL―6を抑える抗体医薬品「アクテムラ(一般名トシリズマブ)」が早期治療に有効と...

同ウイルス感染症の患者が国内で報告されてから16日で半年。... 病態や対策、明確化 日本政府は1月16日、新型コロナによる肺炎患者の発生を国内で初めて確認したと発表した。... ま...

量子科学技術研究開発機構の平野俊夫理事長は、北海道大学遺伝子病制御研究所の村上正晃教授と共同で、新型コロナウイルス感染症によって起こる致死的な急性呼吸器不全症候群は、免疫系の過剰な生体防御反応であるサ...

アクテムラは炎症を引き起こす物質「インターロイキン―6(IL―6)」の作用を阻害する抗体医薬品で、110以上の国で承認を得ている。 ... この制度では、臨床データなどを優先的に審査...

アクテムラは炎症を引き起こす物質「インターロイキン―6(IL―6)」の作用を阻害する抗体医薬品で110以上の国で承認を取得している。

同細胞が毒素を関知すると、炎症を引き起こすたんぱく質「インターロイキン6(IL―6)」を作り、敗血症を悪化させることをマウスの実験で突き止めた。 IL―6の働きを阻害する抗体をマウス...

それが国力に現れる」 ―発見した免疫反応に関わるたんぱく質因子「インターロイキン6」は関節リウマチの治療薬につながりました。

試薬を内包した樹脂製の専用チップ「レイファースト IL―6」に検体を注入し、チップを装置に入れて使う。... こうした疾患の患者は、免疫機構に深く関わるたんぱく質であるサイトカインの「インターロイキン...

炎症性サイトカインの一種「インターロイキン6」(IL6)の働きを阻害する薬剤に、神経の難病である「視神経脊髄炎」の症状を改善させる作用があることを裏付ける研究結果を、国立精神・神経医療研究センターの研...

SA237はインターロイキン6受容体(IL6R)に結合する抗体医薬品。同じく抗IL6R抗体である「アクテムラ」の後継品にあたる。... SA237はIL6Rに結合して細胞内に取り込まれると、IL6Rか...

初回は平野俊夫阪大総長が「この一瞬に挑む」と題し、「インターロイキン6」を発見した際の逸話や挑戦し続ける研究姿勢の重要性などについて講演した。

RI技術は06年に傘下入りした富士フイルムRIファーマ、抗体を選び出す技術は08年に子会社化したペルセウスプロテオミクスが持つ。... アクテムラの抗体は、標的となるインターロイキン6(IL6)受容体...

研究グループはこれまでに、免疫にかかわる細胞間の情報伝達物質「インターロイキン6(IL―6)」でTリンパ球を刺激するとAhrが特異的に誘導され、Ahrの遺伝子を欠損したマウスでは、自己免疫疾患の病態形...

このうち67年、北千里駅(大阪府吹田市)に誕生した世界初の自動改札には阪大と近畿日本鉄道、オムロン、阪急電鉄の4者がかかわった。一方、阪大の岸本忠三元総長らが発見した免疫にかかわる細胞間の情報伝達物質...

免疫系のたんぱく質で、関節リウマチなどの疾患に関わる、インターロイキン6を発見した。

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる