1,192件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

【ソウル=時事】韓国半導体大手SKハイニックスは20日、米同業のインテルからスマートフォンなどでデータの保存に使われるNAND型フラッシュメモリーの事業を買収すると発表した。

米エヌビディア、IOWNに参加 半導体開発加速 (2020/10/5 電機・電子部品・情報・通信)

IOWNGFはNTTとソニー、米インテルが主導し、1月に米国で設立された。

それが人工知能(AI)の機械学習や自動車の自動運転などでGPU需要が急速に高まり、今やパソコン時代の盟主だった米インテルを時価総額で抜いて業界の新たな顔に躍り出た。

心臓部に米インテルのプロセッサー「コアi5」を採用、240ギガバイト(ギガは10億)のSSD(ソリッド・ステート・ドライブ)などを搭載。

中央演算処理装置(CPU)に「第10世代インテルコアプロセッサー」を搭載し、処理能力を約27%高めた。

現在、同フォーラムには、アクセンチュア、BP、シェブロン、コグナイト、エクイノール、ハリバートン、インフォシス、インテル、マイクロソフト、シュルンベルジェ、シェル、オスロ大学、ウィプロなどが参加してい...

同グループには米インテルのほか、台湾のメディアテックも参加している。

日本から見た米国の産業というとITやサービス業のイメージが強く、製造業は衰退しているのではとの見方もあるが、実際にはアップル、インテル、ボーイング、テスラ、製薬・化学などで世界に冠たるメーカーがひしめ...

森林破壊ゼロ、潮流なるか 味の素など4社宣言 JBIB調査 (2020/7/28 建設・生活・環境・エネルギー2)

一方、世界全体では米アップル、米ウォルマート、米インテルなど約500社が掲載されており、日本企業には出遅れ感がある。

スタートアップ大国イスラエルはサイバー・セキュリティー分野で有名だが、先進運転支援システムのモービルアイが2017年にインテルに153億ドルで買収された後は、第2のモービルアイを目指す起業家が自動車関...

米グーグル、印リライアンスに出資 (2020/7/17 電機・電子部品・情報・通信)

半導体大手インテルやクアルコムも出資を発表しており、巨大市場インドのデジタル化を見据えた米企業による投資が活発化している。

NEC、石坂産業と協業 プラントにローカル5G (2020/7/15 電機・電子部品・情報・通信1)

インテル(東京都千代田区)も参画して異業種間連携を進め、各社のノウハウや技術を結集する。

WILLER(大阪市北区、村瀨茂高社長、06・6123・7251、ウィラー)は8日、米インテル子会社のモービルアイ(イスラエル)と無人自動運転タクシー「ロボタクシー」の事業化を狙い、協業すると発表した...

NEC、処理性能10%向上 大型汎用機を強化 (2020/7/7 電機・電子部品・情報・通信2)

i―PX7300RXは米インテル製の「ジーオン」プロセッサーの最新版の搭載により、前機種に比べて処理性能を最大10%高めた。

NTTは1月、ソニーや米インテルと共同で「IOWNグローバルフォーラム」を設立した。

アップル、マックに自社半導体 インテルから転換 (2020/6/24 電機・電子部品・情報・通信)

年末までに自社製品を搭載したマックの出荷を始め、今後2年程度かけて米インテル製からの切り替えを進める。

NTT、米インテルと光技術研究 (2020/5/15 電機・電子部品・情報・通信)

NTTは14日、米半導体大手インテルと共同研究契約を結んだと発表した。... NTTとインテルは、IOWNの具現化を目指すフォーラムを米国で設立したといった協業関係がある。

通信関連の研究開発費では韓国サムスングループが19年に173億ドルを投資し、続いてファーウェイが153億ドル、米インテルが134億ドルを計上した。

アクセンチュアやインテル、ジョンソン・エンド・ジョンソンなど約100社のサプライヤーダイバーシティーに取り組む企業がスポンサーとなり、非営利で活動を行う。

インテルやマイクロン・テクノロジー、ウエスタンデジタルなどの米国勢だけでなく、キオクシア(旧東芝メモリ)など日本勢も恩恵を受けそうだ。

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる