電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

136件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

PFU、帳票認識精度を向上 AI活用OCR機能強化 (2024/6/13 電機・電子部品・情報・通信1)

インボイス制度(適格請求書等保存方式)や電子帳簿保存法の必要項目にも対応する。

インボイス制度(適格請求書等保存方式)対応や会員制交流サイト(SNS)運用ノウハウなどのセミナーを開き、起業意識の醸成を図っている。

21年の確定申告から青色申告特別控除が65万円から55万円に減額されたが、インターネットで電子申告するなら65万円の控除が適用される制度が継続。加えて、23年10月から開始されたインボイス制度(...

キヤノンIT、デジタルインボイス対応 財務システムに新機能 (2024/4/24 電機・電子部品・情報・通信2)

キヤノンITソリューションズ(東京都港区、金沢明社長)は、財務会計と人事給与分野に特化したシステム「スーパーストリーム―NX」に、インボイス制度に対応したデジタルインボイスの発行や受け...

また、中小や小規模事業者では資金繰りや事業承継、インボイス制度(適格請求書等保存方式)対応などを課題ととらえる企業の割合が大企業よりも大きく、企業規模で課題に差がある実態が明らかとなっ...

調査によると、インボイス制度について、「対応できている」と答えた企業の割合は88%、「対応できていない」は5%だった。 インボイス制度導入の課題を尋ねたところ、「業務...

インボイス制度(適格請求書等保存方式)に伴う請求書類、24年始動の新NISA(少額投資非課税制度)関連のパンフレット用は伸びたが「紙全体を押し上げる勢いではなかった」&...

インボイス制度(適格請求書等保存方式)対応も業績に寄与しそうだ。「自社請求書のデジタル・インボイス化を進め、蓄積したノウハウを顧客に提供する」と意欲を見せる。

インボイス制度やデジタル化への対策、海外展開や多角経営へのヒントなど会員企業が事業発展を目指せる教育事業などにも力を入れる」 【記者の目/値上げへの判断いかに】 &...

23年10月に導入されたインボイス制度(適格請求書等保存方式)は、2―3月の確定申告時期に混乱が予想される。

11月の中小景況感、小幅改善 非製造業で回復 中央会まとめ (2023/12/29 中小・ベンチャー・中小政策)

さらに幅広い業界でインボイス制度(適格請求書等保存方式)に伴う事務処理増加に苦慮する声があった。

同社はインボイス制度(適格請求書等保存方式)や電子帳簿保存法(電帳法)への対応を終えた企業が24年春頃から約束手形の撤廃に向けて動き出すとみて、こうした需要の取り込みを...

【番外編】インボイス制度始まる 10月、インボイス制度(適格請求書等保存方式)が始まった。同制度の導入は、消費税が複数税率下にある中で、正確な消費税額などを把握するの...

適正価格での取引重要に 10月からインボイス制度(適格請求書等保存方式)がスタートした。

経済産業省は、電力会社がインボイス制度(適格請求書等保存方式)に対応していない再生可能エネルギー発電事業者から電力を購入した場合の税負担支援について、2025年度以降に太陽光や風力など...

10月に開始したインボイス制度(適格請求書等保存方式)に対応する。... インボイス制度が開始された10月は導入社数が前月比3倍程度に増えた。

インボイス開始で7割が「負担増加」 ラクス調べ (2023/12/19 中小・ベンチャー・中小政策)

ラクスは企業の経理担当者を対象にしたインボイス制度(適格請求書等保存方式)開始後の業務実態の変化に関する調査をまとめた。インボイス制度の施行により企業の72・9%が「業務負担が...

インボイス制度(適格請求書等保存方式)や電子帳簿保存法の改正への対応で、中小のERPにかかわるニーズが高まっているためだ。

インボイス制度(適格請求書等保存方式)の導入や最低賃金の引き上げなどの相談にも対応できるよう、よろず支援拠点の専門家を2024年以降に増員。... インボイス制度など相談内容に応じた支...

情報システムの入れ替えやクラウドサービスの導入が寄与したのに加え、インボイス制度(適格請求書等保存方式)など法改正への対応が進んだ。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン